2007年8月25日

F1 2007 Rd.12 トルコ 予選■平穏無事な予選

3週間のサマーバカンスが終わって、久々にF1~。

イスタンブール・パーク・サーキットはストップ&ゴーばかりのティルケデザイン・コースとしてはなかなか面白いサーキットでドライバーにも評判がよい。
個人的には、坂を下って駆け上がる5~6~7コーナーがスキ。

フリー走行ではハミルトンとフェラーリ勢が速さを見せていたが、どんな予選になるのだろうか?
ちなみに4強以外の各車はソフトで走っても4強のハードダイヤのタイムを上回ることが出来なかった。格差は広がるばかり。

追記

■Q1
4強は1発クリア。
サコンヌ、スピン!!相変わらず、スピンが多いなぁ。
慣れないマシンとはいえ、去年からこういう事を繰り返している。

アンソニー、久々のナイスアタック!8番手に飛び込む。
それにひきかえ、フリー走行3でコースアウトしてしまい、予選シミュレーションの機会を失った琢磨は、アタック時点で18番手に沈み、またもQ1落ち‥‥自業自得‥‥決勝ペースは琢磨の方が良い事が多いから、あわせてヒトリになればいいのになぁ‥‥(無理)。

ラルフ、一体何やってるのか?金曜フリー走行の好調を再現できず、Q1落ち。
ホンダはバトン13番手、バリ16番手でナントカQ2進出。

■Q2
おそらく1発アタックと思われる上位陣はソフトでアタック。
キミがまず1分26秒台でトップ、続く、ハミルトン、マッサは僅差でこのタイムを破ることが出来ずに、2位、3位。最後にタイミングをずらしてアロンソがアタックしてトップタイム。

他のチームは別カテゴリー予選を展開中(BMWの2台はその中間カテゴリー?)。
さぁ、ラストアタック。
アンソニー、今回も頑張って、アタック時点で8番手。多分落ちると思うけれど、よく頑張った!結局、11番手。でも、10番手スタートよりはあらゆる意味で有利だぞ!初入賞なるか?

ホンダ勢は、14番手、15番手に沈む。
ニコが7番手に食い込んだ。やっぱり速いぞ。

■Q3
問題のQ3。またも骨肉の戦いが‥‥ないか。
上位陣、まず、キミからアタック。
‥‥その間に、トゥルーリ、コバライネンがアタックするも、キミのバーンナップランタイムを上回れず‥‥あら~。
で、そのキミは1コーナーでコースアウト、それでも2番手。
マッサがトップ、アロンソ、ハミルトンの順。

‥‥今回はピットで緊迫の瞬間もなく‥‥って、アロンソ、ギリギリでピットインだが、間に合うの?とばして走って、予選ラップの終わりまでソフトタイヤがもつのだろうか?

キミ、タイム更新できず‥‥orz‥‥。ハミルトンがトップタイムを更新するが、すかさずマッサが塗り替えて‥‥アロンソ‥‥あら?ハードタイヤ?なんで?そんな状況ではタイム更新できるわけもなく、そのまま4番手のタイム。

結局、マッサが初優勝の地トルコで2年連続のポール。
ハミルトン、キミ、アロンソの順。
有利と言われるフェラーリ勢が奇数列、マクラーレンが偶数列のグリッドになった。

明日はどうなるのか?

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧