2007年8月 5日

F1 2007 Rd.11 ハンガリー 決勝■抜けないよ、ココ。

ゴタゴタの結末はどうなるのか?
ハンガリーGP決勝、いよいよスタート。

追記

1コーナーへ向けて突進する各車。
キミはハイドフェルドをかわし、2位。
アロンソは攻めずに7位に順位を落とす。さらに次のラップでウェバーにも抜かれ8位に。
これ以上何かやったら、失格とか出場停止もあり得るしね。穏便に穏便に。

琢磨はジャンプアップ。マッサもかわして、15位。
5周目、サコンヌ、コースアウト、クラッシュ。あらま。

アロンソ、グリッドと同じ6番手まで巻き返すモノのラルフを抜きあぐねて10周が無為に過ぎた。
15周目現在、アロンソ未だラルフをかわせず。
トップとの差は20秒以上に開く。
ハミルトンはノーミスで2位キミとの差は4秒半。

17周目、アロンソin。
あれ?ロンの話では、アロンソのほうがガソリン積んでいるんじゃなかったっけ?
次のラップでラルフin。またもやアロンソの前に。

さらにハミルトン、キミそれぞれピットへ。
ハミルトンがキミより1秒長く給油して、かつ前にもどる。
とりあえず、ハミルトンは勝ちパターンだな。

25周目、ハミルトンとキミの差が無くなってきたが、でも、ハンガロリンクだしなぁ‥‥。

マッサ、35周まで引っ張った。
で、今度はショートストップで結局、2ストップではあるらしい。
‥‥1stスティントであんなに苦労した意味がわからない謎作戦。

37周目、話題にすらならなかった去年のウィナー、バトン、寂しくストップ。思い出をありがとう~。
42周目、アンソニー、コバフィジコに当てられスピン、リタイア。

46周目、キミ、in。
48周、アロンソようやくラルフ壁から解放される。
49周目ハミルトンin。ライコネンよりかなり前で戻って、コレで勝利決定。
直後にアロンソin。戻ってきたときにはラルフの前に。

残り13周、キミがハミルトンに近づいてきたぞ~(棒読み)。
そして、アロンソが3位ハイドフェルドの背後に(棒読み)。

‥‥そのまま終了。まぁハンガリーだしねぇ。
いや、ハミルトンはキミのプレッシャーを良く凌いだ‥‥とか書いても嘘くさいな。
このサーキットはずっと昔から抜けないと言われ続けているが、今年も同じだった。
昨日の段階で勝負は決まっていたのだ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧