2007年5月28日

恥だと思ったんだろうなぁ‥‥

死屍に鞭打つような話で悪いが、松岡大臣の話。

大臣就任当初から政治献金、ナントカ還元水(光熱費問題)、緑資源官製談合、政治圧力、地元関係者の自殺‥‥議会を何度となく空転させ、血税を無駄遣いしまくった、西のムネオこと、松岡農林水産大臣が自らの命を絶った。
ナントカ還元水の頃は、ふてぶてしい態度で国民をバカにしているような答弁を繰り返していたが、捜査の手が談合とそのうらに横たわる黒い部分に及ぶという報道がなされると、究明の手を逃れるかのようにあの世にすべてを持ち去った。

捜査に関しては、月刊FACTAが詳しい記事を公開している。

‥‥どこかの知事が、「彼も侍だった」とか言っているが、単にすべてが白日の下にさらけ出されることを畏れ、恥じ、国民への責任等、すべてを投げ出したとしか思えない。恥の文化は日本人を特徴付ける物なのかも知れないが、政治家という国民を代表する人間が、そうであってはあまりに情けない。

古いタイプの族議員で、小泉直後の安倍内閣に恩賞入閣したことで、安倍総理の無能さの象徴とも思えたし、任命権者、そして擁護者としての安倍総理の責任はあまりにも大きい。
総辞職して、選挙やり直した方が良くないですか?

ちょっとは仏様をかばうような言葉を‥‥せめて、恥を捨ててすべてを明らかにすれば、死ぬこともなかったろうに‥‥でも、結果的に最後まで国民を裏切り続けた。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧