2007年5月23日

音♪劇場~夜の部~

さて、昼の部でおおよそのことは書いたので、夜の部はさらっと行くよ~。

昼の部が終了して、あっという間に夜の部の開場時間になったことは前回書いたとおり。
自販機でコーヒーを買って飲んでたら「あ、もう行かなきゃ」って感じだった。
夜の部は真ん中あたり。
見知った顔が前方に居並んでいる。

昼の部は最前列だったので、どうしても話している人を中心に見てしまいがちだったが、夜の部はステージ全体を見渡せる。今回は話していない人たちのことも見ながら、ストーリーを再度追いかける。
話していない人も目を背けたり、表情を変えたりちゃんと演技してるんだなぁ‥‥。

それから、「昼と夜とではお話しが違います。」という但し書きがサイトにあったので、どれぐらい違うのかなぁ‥‥と思っていたが、本筋ではなくウケを取る部分のネタが違った。ますます謎の石版ネタに系統していく桜子達(笑い)。あと、アイマスのメールネタがちょっとあって、場内が笑いに包まれた。
同じ話なのに2回目もぐっと来たが、千歳役・石毛佐和さんのクライマックス時の熱演が印象的だった。

‥‥さてさて、劇が終わって、ミニライブ。
今度はちょっとひいたところからだったので、心おきなく跳べ‥‥ません、ジャンプ禁止なので、手と上半身でリズムを取りながら、借り物の青リュームを振り振り‥‥「いつかゲストで直ちゃんが出るはずだ」とアイマスのイベントにはいつもミドリュームを持参していたのだが、こんな日に限って部屋の片隅‥‥orz‥‥最低だ、俺って‥‥。
‥‥まぁ、そんな馬鹿者は放っておいて、ミニライブは進むよ。
みんな、さっきとは違う選曲。麻里安ちゃんは『チャンス~トライアングルセッション~』のエンディング曲『Love Forever』を披露。そして、直ちゃんは「もう、コレしかないでしょ」の『魔法をかけて!』‥‥うはうはですよ~~~~(心の叫び)。今回も神ダンスを披露してくれた。
さらにその後に石毛佐和さんの『ハッピー☆マテリアル(3月版?)』で、場内ヒートアップ‥‥でも跳ばないので、殆ど疲れないけどナ~( ´ー`)y--(<たばこでなくてチョコレート)。

トークの後全員で『Bye Bye』を披露して、一旦、舞台袖に消えるも、速攻のアンコールで最後の曲『光の意味』―ホントにCD欲しいですよ。コレ。
ダブルアンコールでは、歌ではなく一本締めで終わった。
途中、直ちゃんも感極まってしゃべることが出来なかったり、うるうるなステージ(意味不明)だった。

ふぃ~、それにしても楽しかった。
『小鳥遊探偵倶楽部』、お話も配役もヨカッタので、シリーズ化して音♪劇場定番の演目にしてほしいなぁ、毎年1話ずつ新作作って‥‥あ、それだと他の3人の誰かがいつも犯人になるのかな?

CDドラマも良いけれど、やっぱりやり直しのきかないステージでのライブ感あふれる演技にはかなわない。さらに今回は、それこそキャストの皆さんの息づかいが聞こえるぐらいの位置でそれに触れることが出来たので、良い経験になった。

次回も是非行ってみたいなぁ~。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧