2007年5月14日

アイドルプロジェクト3、お疲れ様でした、そして―

genoss_ss01.jpg
たくさんの方に、当サークルの制作物、『THE GENOCIDEM@STER SS』をお手に取っていただき、ホントに大感謝です。ありがとうございました。

以下、今日のイベントの事や、『GENOM@S SS』完成までの苦闘の記録を書き残したいと思います。

―本日(日付的には昨日)、1月に開催された『THE iDOLM@NIAX3』以来、久々のアイマスオールジャンルオンリーイベント(「アイマスオールジャンルオンリーイベント」って書き方も変かな?「キャラクターオンリーイベント」ッて意味ね)、『THE iDOL PROJECT3』が都産貿にて開催された。

れあしすてむとしては、冬コミ、そして、M@NIAXと2回続けて『GENOM@S SS』を完成させられなかったわけであり、「今回はなんとしても完成させないと」という、サークルの存在意義を掛けた、正念場を迎えていたのだった。

genoss_ss06.jpg相方が担当しているプログラムに関しては、割と早い段階で完成の目処が付いていたが、問題は自分が受け持つスクリプト部分。

genoss_ss03.jpg1キャラあたり6話分のシナリオスクリプト+データテキストから構成されるわけだけど、美希が増えて、総勢10人、全員のお話しを考えて、絵を描いて(そこまでは終わっていた)‥‥そして、最後のスクリプティング‥‥。
コレがホントに作っても作っても終わらなくて‥‥150を越えるテキストファイルを作って、すべての動作確認を終えたのは、今回も当日の未明‥‥(肝となるシステム部分はそれ以前に出来ていたので、今朝出来たのは、あくまでもショートストーリーのスクリプト部分だけですよ)。

genoss_ss04.jpgグラフィックの方も小鳥ちゃん、高木社長を入れて12人に‥‥。元々、「HSPで作る小品アプリ」として考えられていた仕様の都合上、「画像ファイルのデータが大きい」という問題点をずっと抱えていたわけだが、最終的に画像ファイルだけで984 MBという、とほほな状態に(画像ファイルは計199枚)。

今まで、「CDから起動可能なゲーム」として作っていたのが、今回、遂に圧縮ファイルをCD-Rに入れて頒布するという苦肉の策となった(おかげでCDから起動されて「重い」といわれることは無くなったと思うが、ノートPC等の場合、貴重なHDDを占拠してしまうというのは、ジレンマでもある、さらにCD-R荷役時間が大場に短縮されたというメリットもあったりする)。

実行ファイル化、アイコンの書き換え、ポップ・値札の出力、そしてCD焼き込みとパッケージング‥‥何とかすべての作業を完了して、会場に向けて出発したのが、9:20am‥‥またこれですよ。

genoss_ss05.jpg―上記のような苦闘を経て、去年のGWに開催された『アイプロ1』(大遅刻した)でカラーレーザー本『ゆきぽに』に添付されて世に出た、『元祖 GENOM@S』ですが、1年経って、鮭が生まれた川に戻ってくるように(?)、デビューイベントに区切りの姿で戻ってくることが出来ました。

この間、何度も同じソフトのβ版をお手にとってくださった方や、毎回のように応援してくださる方‥‥ほんとに嬉しかったです。感謝しております。

さて、この1年おつきあいいただいた当サークルの『THE GENOCIDEM@STER SS』ですが、とりあえず現状をもちまして、ウチのサークルの在庫アイテムとして凍結して、次のゲームに取りかかります。
形を変えて、「2」として作り直すという事はあるかも知れませんが、コレまでお手にとってくださった方のことを考えても、今の作品を引きずりながら次というのは止めにして、バグ改修程度にとどめたいと思います。誕生日イベント合わせのフリーDLによるシナリオ追加はあるかも(あくまでも「かも」)ですが。

次のイベントは、(当選すれば)夏コミです。『GENOM@S SS』の在庫と、新作の何らかの形をお見せできればと思います‥‥。

東館のアイマス島で、またお会いしましょう!!

[Today's Tune:やさしさに包まれたなら/音無小鳥]

追記

それから、今日の即売会ですが、お隣さんだった、PennyLaneさまのおかげで、非常に楽しいイベントを過ごすことが出来ました。
ありがとうございました~。雪歩本もシリアス&友情で素敵でした。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧