2007年4月 7日

F1 2007 Rd.2マレーシア 予選■無風、波乱なし

直前のフリー走行を受けての予選。

フリー走行3で、唯一、ソフトタイヤをうまく使って大幅なタイムアップを果たしたハミルトンが先輩達にどう挑んでいくのか?
悲惨な状況のホンダは一体どうなるのか?
前戦、Q3まで進出した琢磨は今回も活躍できるのか?

フリー走行を見た感じでは、ソフトタイヤだと最終セクターまで保たずにタイムを落としてしまうチームが多かったが、予選ではどうなるのか?

さぁ、スタート。

以下、追記欄へ

追記

■Q1
まずは、マクラーレン、フェラーリ勢がタイムを出して、とっととガレージに引きこもる。

ホンダ・バトンは2回目のアタックから早々にソフトを持ち込んで、Q2生き残りへ必死のアタック。この時点で6番手。対するバリチェロはアタックを行わず、ピットに戻ってくる行為を2回続けた。

残り2分。各車、下位の各車、続々とコースイン。
‥‥バリチェロ、とんでもなく遅い!!19位‥‥またしても、Q1脱落決定‥‥orz‥‥。
ブルツギアトラブルで20位。
琢磨はギリギリ16位でQ2進出。アンソニーは残れなかった。残念。

落ちたのはいつものスパイカーと、バリチェロ、ブルツ、アンソニー、スピードの台。
トップは、アロンソ、ハミルトンのマクラーレン勢。

■Q2
好調に気をよくした?アロンソが、いきなりコースイン。
つられるように、各車コースに入る。天気が気になるのか?

‥‥やっぱり雨のようだ!波乱はあるのか?
1発でタイムを出せなかったドライバーが脱落する。

相変わらず、マクラーレン、フェラーリ勢がタイムを出して、その次にBMWが続くという展開。
1回目を終えた時点で琢磨は14位。バトンは16位。

残り5分。
ニコが2回目のアタック開始。
結局、雨は降らずに残り2分でその他の各車コースイン。

琢磨はそのまま14位。まぁ、妥当な位置だろう。
琢磨の次が本家・ホンダのバトン‥‥またも、SAF1に食われた。

ルノーの2台も11位、12位でQ2止まり‥‥急速に霞んでいく去年のチャンピオンチーム。

■Q3
残り1分、フェラーリ、マクラーレンの上位4台が同時タイムアタック。
まずは、キミ、アロンソのライバル対決、何台か挟んで、ハミルトン、マッサが続く。

続けざまにフィニッシュラインに飛び込んでくる各車。
キミをアロンソが抜き、最後にマッサ‥‥トップ!!

結局、マッサ、アロンソ、キミ、ハミルトンの順。フェラーリ、マクラーレン、フェラーリ、マクラーレンで交互に並んだ。結局、雨による波乱もなく、普通の予選で終わってしまったが、今シーズンが他の追随を許さぬ2強対決であるのは間違いなさそうだ。

5位はハイドフェルド、6位ニコは立派。TOYOTA2台もトップ10に食い込んだ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧