2007年3月 8日

さいこみゅ?

[WSJ] 脳でゲームを操作する技術、新興企業が披露

「脳でゲームをする」といっても、一世を風靡した『脳トレ』の類ではないらしい。

「長らく医療分野で利用されてきた、脳の電気的活動を測定するEEG(脳波)技術を活用。同社は、脳の信号を読み取って単純なコマンドを発行し、ゲームプレイを向上させることができる電極付きヘルメットをかぶったプレイヤーの姿を思い描いている。(抜粋)」

‥‥集中力の高いプレイヤーがゲームすると、顔の目の前で閃光が「ぴきゅぃぃぃん」って輝き、超人的な動きで弾幕を避けまくって、無尽蔵に出てくる敵を蹴散らすとか?

‥‥というのは早とちりで、「ジョイスティックに代わるモノではない」らしい。
残念~。

あ、でも、「あの力」だって、実際に操作しているのは操縦桿なワケでわけであって、集中力でコントロールを補佐して、瞬間的にすごい力を発揮すると‥‥技術が進歩するとそんなゲームも出てくるかも知れないね~。

「ニュータイプ」というより、「ファミコン○○」の世界?

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧