2007年2月 6日

速いが壊れる車と遅いが安定した車は?

2月に入り、各チームのテストもたけなわだけど、現在の『冬』ランキングは、マクラーレン、ルノー&フェラーリ、トヨタ、BMW、レッドブル&ホンダ、ウィリアムズ、SAF1という感じか?(トロロッソ、スパイカーは除外)

王者アロンソ率いるマクラーレンは、今のところ冬の王者に君臨しているが、多少壊れることもあるようだ。去年、一昨年の信頼性の低さを打破できるのか?シーズン中はこんなに涼しいわけじゃないからなぁ‥‥とくに、開幕3連戦はハードかも。
ルノーはお尻に火がついたフィジコがどれだけ働くか?今のところ、コバライネンは抑えているようだが。
フェラーリ。昨シーズンが終わった段階では、今期最も期待されていたが、今のところ、イマイチ地味カモ。
トヨタ、例年通りに一番乗りで新車を発表して、破壊検査中。なかなかいいタイムを出している。

気になるのが、ホンダ。レギュラーの2人は口をそろえて好感触を述べているが、タイムが付いて来ていない。この前のバレンシアでは、最後まで浮上してこなかった。

昔から、この時期は速くて壊れる車はまだ見込みがあるが、遅い車を速くするのは至難の業だといわれているが、速くて壊れるマクラーレンと、トヨタ、それにひきかえホンダ‥‥。
悪いスパイラルにはまっていやしないだろうか?
ドライバー二人の感じている好感触という言葉は何を意味するのか?
「ホントはまだいけるけれど、抑えているんだよ~」という意味であることを期待するが、空元気だったり、緘口令が敷かれて居たりすると悲しいなぁ。
まだまだわからないことが多い、ホンダである。

あと、中嶋一貴君。ウィリアムズ+ヘッドの両頑固爺の評価も高く、期待できるんじゃなかろうか?
来期はヴルツに変わって‥‥なんてね~。
ホンダもバリが引退して、マルコ・アンドレッティとか‥‥夢の2世グランプリ。こればっかりだなぁ、俺。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧