2006年12月31日

冬コミ、ひたすら「すみません」、そして「ありがとうございました」、頑張ります。

とにもかくにも、2006年冬コミが終了しました。

本日、れあしすてむのスペースにお越しいただき、ソフトウェアをお手に取っていただいた皆様、へたくそな説明を熱心に聞いてくださった皆様、試プレイをしてくださった皆様、貴重なアドバイス・ヒントを下さった皆様、ホントにありがとうございました。
感謝とふがいない自分に対する「もっと頑張らなきゃ」と言う感情が入り混じっています。

今回のれあしすてむの出展物は、『THE GENOCIDEM@STER SS』のβ版でしたが、絵は書いているのに全ての絵をゲーム内に取り込めなかったという作業量の見誤り―全キャラの立ち絵の差し替え版が出来ているにも拘わらず、ゲーム内に入れられなかったり、シナリオ用の絵としては、春香、律子、雪歩シナリオのものが出来ているのにスクリプトが書けず―や、相方のリアル仕事の修羅場などもあり、思った通りに出来ない不甲斐なさを強く感じています。

あと、前回、『THE GENOCIDEM@STER』として、「一度世に出しているソフトウェアの後継として開発しているのに、再びβ版に戻っている」という状況に、以前他のイベントで前作をご覧になった、お手に取っていただいた方に混乱をきたす結果となってしまって、そのことに関しても再考せねばと思っております。

現状、二人サークルで両者ともに締め切りギリギリまで必死に作業しているという点にも問題があって、進捗をチェックできるヒトが必要なんだろうなぁ‥‥とも思っております。

何はともあれ、「頑張らなきゃ」という、思いを新たにした2006年の大晦日コミケ、久々に「閉会まで居る(そして、黙祷に参加する)」という当初の予定通り過ごすことが出来ました。
また、たくさんのヒトとコミュニケーションする機会を持つことが出来ました。

このコミケという場を提供することに心血を注いでくださった、米澤代表に改めて感謝の意を表して、今回のコミケのサークルレポートを終わりたいと思います。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧