2006年12月31日

魂狩られオブジイヤー2006

今年の終わりは冬コミ修羅場が2ヶ月も続き、社会の状況に疎い年の暮れを迎えてしまいましたが、このサイトのアワードはそんな、社会の流れには左右されないので、全くもって問題なしです(?)、

‥‥というわけで、回顧趣味のこのサイト管理人は、今年も1年を振り返る恒例の企画を今年最後のエントリにすることにしてみた。

今年のアシスタントは‥‥
雪歩:去年に引き続き、私、萩原雪歩でお送りします。
新たにコメンテーターとして、
律子:わたし、秋月律子がバスバス切らせていただくわ。
千早:‥‥私、何を話せばいいのか‥‥。
春香:あけましておめでとうございま~す!
千早:あっ、春香!!
春香:‥‥ん?どしたの?
一同:ぽか~ん。

■スポーツ部門オブジイヤー(相変わらず「オブジイヤー」です。ぱにぽにの次のアニメはどうなってるのカナ?)
雪歩:き、気を取り直して‥‥今年もスポーツ部門からです~。

すらP:今年、スポーツで印象に残ったシーン‥‥トリノの日本を救った荒川静香のイナバウアー、野球の楽しさを再認識させてくれた王ジャパンのWBC、サッカーワールドカップでのジダンの活躍と末路、F1ホンダの第3期初勝利と鈴鹿ファイナルと、シューマッハの引退。

律子:どれも感動させてくれたわねぇ、ジダンは頭突き事件がなければ、ホントに史上最高の引退をすることが出来たのにねぇ。
千早:‥‥最後の最後に汚点を残す結果になってしまいましたね。最後まで輝き続けたと言えば、シューマッハですが‥‥。
すらP:それまでの過程で色々あったしねぇ‥‥。
春香:???

すらP:まぁ、今年のスポーツ部門オブジイヤーは、文句なしでWBC王ジャパンに送りたいと思う。
律子:決勝まで紆余曲折ありましたけど‥‥。
千早:まさに筋書きのないドラマと言うことを体現してみせてくれました。
春香:???

王監督、早期復帰と言われてますけど、ホント、お体大事にしてください。

あと、今回で一区切りとなった鈴鹿でのF1開催、すばらしいレースでした。
願わくば、早いところ鈴鹿に帰ってきて欲しいと強く願っております。

■音楽部門オブジイイヤー
律子:当然、『魔法をかけて!』に決まっているわよね。
千早:‥‥『蒼い鳥』‥‥。
春香:『THE IDOLM@STER』?
雪歩:あ、この部門はアイドルマスター関連の曲は除外だそうです~。それ以外の部門でも...みたいです。
律子・千早・春香:え~?

すらP:だって、入れたら、上位全部アイマス曲になるもん。
4人:‥‥ナルホド。

すらP:‥‥と言うわけで音楽部門だけど、アニソンに偏っているのは‥‥まぁ、このサイトだから当然の結果と言うことで‥‥。

雪歩:今年の曲は‥‥『冒険でしょでしょ?/平野綾』『ハレ晴レユカイ/野綾 茅原実里 後藤邑子』(涼宮ハルヒの憂鬱)、『パズル/ROUND TABLE featuring Nino』『踊る赤ちゃん人間/大槻ケンヂ』『もどかしい世界の上で/牧野由依』(N・H・Kにようこそ!)、『あいアツミサオリ/』(くじびきアンバランス)‥‥の6曲に絞ってみました。
律子:‥‥ホントに偏っているわねぇ。
春香:どれもイイ曲ばかりです。
千早:ハルヒは2曲だけでなく挿入歌も話題になりましたね。
すらP:そうそう、劇中歌『God knows』『Lost my music』『恋のミクル伝説』も印象的だったなぁ‥‥。

雪歩:あ、夜中、『踊る赤ちゃん人間』で引きこもり星人の踊りを踊ってましたよね...プロデューサー...
律子:‥‥
千早:‥‥
春香:‥‥
すらP:あはは、で、『踊る~』が『もどかしい世界の上で』に変わって、当初ショックを受けたのだけど、結局、こっちの曲が大好きになった。アイマス以外ではこの曲が今年最高の曲だったなぁ‥‥。

雪歩:音楽部門オブジイイヤーは『もどかしい世界の上で/牧野由依』に決定いたしました~。


■ゲーム部門オブジイヤー
雪歩:ゲーム部門オブジイヤーは主にコンシューマ機のゲームで良かったものですね。
すらP:アーケードはアイマスしからやらないもんなぁ‥‥で、該当作、無し。
律子:厳しいですねぇ。
すらP:‥‥だって、ハマったゲーム無いもん。あ、あったよ!
雪歩:?
すらP:『テトリスDS』!コレ一番やった!それから、『ハプニング☆ロケ(北海道)』
雪歩:私のですぅ~
千早:後者はアイマス関連ですが‥‥。
すらP:そうだった‥‥でテトリスだけどほとんど日課で1回クリアしてるなぁ‥‥修羅場の時には息抜きになった‥‥でも、1985年だもんなぁ、オリジナルは。

律子:む~。さすがにベストがテトリスって言うのも、厳しいですよね。オタクサイトとしては‥‥。
春香:サイトの記録を見てみましょう!
千早:!(春香が役に立つことを!)

すらP:そうだね~。
雪歩:『DOA4(05末購入)』『Rule of Rose』『脳トレ1』『ヴァルキリープロファイル-レナス-』『ランブルローズXX』『エヴァンゲリオン2 10周年限定パック』『怪盗ルソー』『ヴァルキリープロファイル-シルメリア-』『みんなのテニス』『テトリスDS』『ドラゴンボールZスパーキングNEO』‥‥『DOAX2』『転生學園 月光録』ですね。
律子:‥‥去年20オーバーと比較すると減ってますねぇ。で、最後までクリアしたのは?
すらP:ドラゴンボールZだけ。
春香:じゃ、それをゲーム部門オブジイヤーにすればいいじゃない!?
千早:わっ、春香。黒い中身がでてるっ!
雪歩:((((;゜д゜)))ガクガクブルブル

すらP:‥‥というわけで、今年はやっぱり該当作無しで決定と言うことにします。

すらP:来年の予言というか、決定事項を述べておくと、2007年ゲーム部門オブジイヤーは『Xbox360版アイドルマスター』です。
全員:もう決まってますよね~。
すらP:た~うぜんっ!


■アニメ部門オブジイヤー
雪歩:次はアニメ部門です。
すらP:今年は夏まで『ハルヒ』でウドボ(ふる~)だと思ったのだが、下半期強力なライバルが出てきた。
春香:なんですか?
千早:『N・H・K』ですよね。
律子:ダメ人間同士共感できるんですよね(笑)。
春香:プロデューサーさんって、ダメ人間だったんですか?
律子:何?今知ったの?‥‥しんじられな~い。
雪歩:...うぅぅ、ひどいですぅ...。
律子:ま、まぁ、冗談よ、冗談。

すらP:ははは、あと、『武装連金』も結構スキだし、『まじぽか』もみんな可愛かった。


雪歩:第1Q(<クォーター=四半期)から順に見ていきますと、『かしまし』去年からの続き物で『シャナ』、『ローゼンメイデン・トロインメント』...。
すらP:去年からはみ出した『ローゼン』、毎週「うわ~~~ん、ひな~~」「うわ~~~ん、すいせいせき~~~~」とか叫んでたなぁ‥‥で、この後、PSXがソニータイマーで壊れて、録画環境が無くなったんだよなぁ‥‥。
雪歩:それ以来、全く録画せずにアニメ見続けてるんですね‥‥。
律子:オタクとしてどうよ?それ?
千早:‥‥というか、生であれだけの深夜アニメ見続けるなんて、社会人としてどうかと思いますけど‥‥。
すらP:‥‥しゅみましぇん‥‥。

雪歩:2Q目‥‥
すらP:なんと言っても『ハルヒ』だったね、コレは文句なし。
千早:でも、『まじぽか』もスキなんですよね。
すらP:‥‥わはは。まじぽかは元々平田さんの絵がスキだからなぁ‥‥。2クールアニメでは、『ウィッチブレイド』。最後、悲しくて泣けた。当初、「見ないだろうなぁ‥‥と思っていた『エア・ギア』も最後までがんばった‥‥。あ、『ストロベリー・パニック』もこの時期スタートだなぁ。
律子:豊作でしたね。

雪歩:第3Qはミスターが渋い『コヨーテ・ラグタイムショー』、『ハチクロII』、『貧乏姉妹物語』‥‥私、これ見て泣いてましたぁ‥‥。
すらP:2クール続いた『N・H・K』と『ちょこッとSister』も3Qスタート。
律子:そいうえば、伊織と中のヒトが同じ『ゼロの使い魔』で、萌え死んでたわねぇ‥‥。
千早:『となグラ』では、「違うんだ、それは違うんだ」とか、つぶやいてましたが‥‥
黒春香:こわいよ、この人
すらP:ハチクロ良かったなぁ‥‥ハルヒとN・H・Kが無ければ、コレがベストだったかも‥‥ちょこSisは、最初、CD版の「野中ちょこ」と違う「斉藤ちょこ」にとまどったが、結局慣れて、最終的には問題なかった。丁度まじぽか・ゆうまの直後だったというのも当初の違和感に繋がったのかも。


すらP:第4Qは腐女子向けが多くてちょっと寂しかったが、まぁ、修羅場のことを考えると、結果的に見るものがあらかじめ絞れててよかったかも。
雪歩:3Qから続いた2作と冒頭で出た『武装連金』、それに『くじびきアンバランス』、『乙女はお姉様に恋してる』ぐらいですね。
すらP:みんな最後まで見て良かったと思える作品だった。


律子:で、どれがベストですか‥‥って、最初から『ハルヒ』と『N・H・K』に絞られてるけど。

すらP:『N・H・Kにようこそ!』が今年のベスト!やっぱり半年続いて全部見た作品と、もっと見たかったけど、3ヶ月しか見られなかった作品とでは思い入れが違うなぁ。声優さんとか他の要素が入り込めばひっくり返る可能性もあるが、この2作に関しては俺的にはそれに該当しないし。
すらP:岬ちゃんvsハルヒ+みくる+有希の戦いだったが‥‥これは、全員甲乙付けがたい。
律子:でも、ダメ人間的には岬ちゃんの壊れッぷりに惹かれる‥‥と。
すらP:そうそう‥‥え?

雪歩:‥‥というわけで、アニメ部門は『N・H・Kにようこそ!』でした。

すらP:HDRが無くなって取り溜め放置>削除しなくなって、却ってしっかり見るようになったかも。

■魂狩られオブジイヤー
すらP:さて、最後は2006年この1年、最も「魂狩られ」サイト運営者である俺を引きつけて放さなかった『魂狩られ オブ・ジ・イヤー(ジ<笑い)』だな‥‥。
雪歩:アイマス関連は除外ですからね。
すらP:‥‥いや~、やっぱりアイマス‥‥っていうか、中のヒトで言うとミンゴス。モモーイだけでリアルのヒトはやめようと思ったのだが、TGS2日目に最前列でミンゴス見てまさに『魂狩られ』たんだよなぁ‥‥まぁ、アイマス関連‥‥に該当する(のか?)なので、除外対象なのだが。
千早:‥‥ぽ。
春香:わたしは~?
すらP:あ、春香もえりりんも良かったよ、イベントではホントに感動させてもらった‥‥でもミンゴス派。
春香:あう~。

すらP:で、3つ上げるとすれば、アイマス、ミンゴス、[es]だな。

律子:お、来ましたね!唯一のメカもの!
すらP:元祖W-ZERO3に続いて、7月末に発売された、W-ZERO3[es]!コレは俺の生活に一番入り込んでいるデバイス。もはやコレ無しでは生活不能なところまで来ている。
律子:そういう機器、すごいですよね。
すらP:次に[es]の後継が出たら乗り換えるかも知れないけれど、今ある中では一番自分にフィットしている。

雪歩:...では、発表です、『魂狩られオブジイヤー2006』は!
全員:(ドラムロール)ダラダラダラダラダラダラダ‥‥ダン!

すらPW-ZERO3[es](WILLCOM/SHARP)に大決定!!
WILLCOM+SHARPという自分が好きな2メーカーがタッグを組んだこの生活必需品は'05.10の元祖発表以来、心をつかんで離さない。そして、もう1ステップ使いやすくしてくれた[es]は、自分の暮らしをいつも便利にしてくれる。

全員:おめでとうございま~す!


すらP:というわけで、おめでとうございますじゃなくて、これらに関わった全てのクリエイター、スタッフ、技術者の方にありがとうを言いたいな。来年も面白い作品やすごいもので楽しませて欲しい。
黒春香:優等生発言ですなぁ~。
すらP:笑い。


2006年は、アイマスとW-ZERO3[es](元祖W-ZERO3も半年使ったので含む)の1年だったと言っても差し支えない。

サークルのジャンルも「ゲーム」(小麦ちゃんゲー)>「アイドルマスター」に変わったし、オンリーイベントにも3回出たもんなぁ‥‥。
ライブなどの声優さんイベントもアイマスに絡まないものには行ってない(ハズ)だし‥‥。
あぁ、7月のアイマス1stAnniversaryLive‥‥良かったなぁ‥‥赤羽も良かったし‥‥。
やっぱり、アイマス抜きに2006年を語ることは全く持って不能なのである。
仮に、アイマスが無い2006年を考えてみると、フリーの時間の半分以上が空いてしまうかも知れない。
つ~わけで、アイマスに関わった全ての皆様に感謝して、2006年ラストのエントリを締めたい(‥‥って、もう明けちゃってるけど)

全員:さよなら‥‥2006年!
全員:こんにちは!2007年!

すらP:(ぼそり)来年は美希かも知れんなぁ‥‥
全員:何ですと!?

[Today's Tune:今年スキになったたくさんの音楽/それを作った人達]

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧