2006年10月18日

[es]が速くなる日

W-OAMに対応したW-SIMの新バージョンが12月中旬に発売される!
‥‥って、普通のヒトには「なんのこっちゃ?」な言葉の羅列かも知れないが、自分にとっては大きな発表があった日だったのだ!


東京ビッグサイトにて『WPC EXPO』改め『WPC TOKYO 2006』開幕。
展示会あわせで色々新しいデバイスが発表されているようだ。

ウィルコマーなすらりんPにとって、何より気になるのはWILLCOMの新製品。

12月中旬にWILLCOM SIM STYLE対応機種の9番目の端末として「9(nine)」が新たに加わる。
ソリッドでおしゃれで大人っぽい新機種。
auのinfobarとDoCoMoのSH702iDを足して2で割ったようなソリッドでシンプルなスタイル。W-SIM端末はクセの強い端末が多いので、コレはコレで新しいユーザを引っ張ってこれるのではないだろうか?

そして、「9」と同梱で世に出るのが、W-SIMの新バージョンRX420AL
W-OAMとは、電波の安定している場所では従来の4xパケット通信で従来の128kbpsから最大204kbpsに通信速度がアップ。さらに電波が安定していない場所でも、速度を落とすことによって安定した通信を行うことが可能となる仕組みのこと。
具体的に書くと、8PSKとBPSKを自動的に切り替えることによって、1つの帯域を8つに区切って情報を多く届けたり、2つにわけて単純だが安定したデータのやりとりを行ったりするのだ。

RX420ALは「9」だけでなく、従来のW-SIM対応端末で使うことが出来、当然ながら、W-ZERO3および,[es]にも対応していて、差し替えるだけで、W-OAMの恩恵にあずかることが出来るということだ。


ん~~~~~~~~、楽しみ~~~~~~~~~~~~。

W-SIM
WILLCOMが2005年に発売を開始した、アンテナ+通信機能+電話帳を持った汎用モジュール。
W-SIM対応端末は、W-SIMを差し替えるだけで、電話番号や電話帳を持ったまま、他の端末に移ることが出来る。端末開発会社としては、難しい通信部分の開発を行わなくて良いため、端末の迅速な開発が可能となる。
FOMAカードのすごいヤツと思ってもらえればイイ?

‥‥ところで、事前申し込み来場者抽選会の賞品にあるTechnoteが異様に気になっているのだが、難度か同じようなデバイスを購入しようとして挫折した過去がある‥‥。
これは、本体にフラッシュメモリが付いていて、PCが無くてもその場でデータとして保存できるので面白いかも知れない。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧