2006年9月10日

F1GP 2006 Rd.15イタリアGP 予選■訪れた決断の刻―。

アロンソ、予選タイム取り消し―(正確にはベスト3ラップ取り消し)。
10番グリッドからのスタートになった。

原因は昨日の予選で最終アタックに入るための決死のインラップ時、丁度アタック中だったマッサの前を塞いだため‥‥だとさ。アロンソのあのラップは全力走行だったから、マッサの邪魔になってはいないと思うんだが‥‥。

何なんだ?

ちなみに、琢磨はトラブルでピットスタートとなった‥‥。

以下、追記欄>

追記

運命の高速サーキット、モンツァ、スタート!

アロンソが1週目でペナルティを取り戻すための猛アタック!
2週目のストレートまでに6位浮上。

キミは無事にスタートして、MSと二人で後続との差を広げる。
予選が良かったニックは序盤で後退。
だが、チームメイトのクビサは3位に踏みとどまって、マッサを塞ぐ。
そんな感じで、序盤は落ち着いてきた。

キミとMSつかず離れずのランデヴー。

マッサは、未だクビサを抜けず。
アロンソは5位バトンの後塵を拝したまま、ただ周回を費やすばかり。
秘策は無いのか?

15周、キミ、in。
MSとの位置関係はどうなる?
17周目MSin。
あ~ん、キミの前だ~~~。

‥‥って、考えてみれば、クビサ、現在、トップ走行中!
すごい若者(‥‥21歳には見えないけれど)だ。

19周目、マッサ&アロンソin
次の週バトンin、アロンソ対バトン‥‥やられた‥‥あ~あ。
22週目、トップ周回中のクビサがin。

中盤、1ストップ勢がピットへ向かい始め、一旦後ろに下がった2ストップ勢が上がってくる。
3位クビサ以降、マッサ、アロンソと数珠繋ぎ状態。

MSに追随できるのはキミだけだ!頑張ってくれ!

‥‥残り15周、キミin!さくっとout。2位で戻る。
続いて、MSin。あっさりoutで、トップに戻る。盤石だ‥‥。

次はマッサin。8秒!長い、アロンソとの関係はどうなる?
クビサvsアロンソ同時ピットイン!アロンソ前!クビサ、残念!表彰台が遠ざかって行く。
マッサはアロンソの後ろでMSの援護にならず。

これで、アロンソは3位確保で8ポイント差のセーフティ・リードを保って、残り3戦かぁ‥‥。
鈴鹿が消化ゲームになる可能性がまた浮上してきた。

そして、残り10周。
!!
突然、ルノーエンジンが白煙を吐き出しブロー!
アロンソ、まさかのリタイア。
ココまで「負けない」アロンソだったが‥‥「安定」が売りだったルノーエンジンが悲鳴を上げた。
まだ、エキゾーストが鳴りやまないモンツァだが、大歓声がTVから聞こえてきた!

そして、残りのラップは粛々と削られ、MS、90勝目。
‥‥思えばとんでもない数を勝ってきたものだ‥‥。

一点を見つめて呆然と固まるブリアトーレ。
その差はわずか、2ポイント!
残り3戦、一体どうなる!?
フィジコが4位に入ったものの、コンストラクターズでは逆転を許してしまった。

琢磨はMF1より前、16位でフィニッシュ!!
これからも頑張れ!

狂喜乱舞するイタリア人。
長い長いパルクフェルメでの抱擁の後の表彰台。
一番上に立つのは見慣れたMS。
奇しくもおそらくその後を襲うであろう、キミが2位。
3位はルーキーのクビサ。
すごい若者が出てきたものだ。あの時の彼もそうだった。

‥‥この後の会見で彼の口から何が出て来るのか?
表彰台を見上げる、モンテツェモロ会長の潤んだ目。
それが全てを物語っているのかも知れない。

そして、TOP3会見の冒頭、ミハエル・シューマッハは、今期いっぱいでの引退を発表した―。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧