2006年8月26日

F1GP 2006 Rd.14 トルコGP 予選■

■Q1 ‥‥琢磨‥‥初トルコの左近に負けた‥‥orz‥‥。
琢磨、ニューマシン不発&アタックミスで、予選最下位。
期待を完全に裏切る結果になってしまった‥‥。
ニューマシンなので仕方ないとはいえ、昨日のモンタニーと比較すると‥‥ん?
明日は慣熟走行に努めた方が良いか?

MF1・アルバースがQ2に進んだ。でも、明日はエンジン交換で最後尾。
1-2はフェラーリ。圧倒的に速い。

■Q2 MS異次元タイム、2位以下に1秒差
2位開眼か?JB。対して、プロフェッショナル・バリチェロ14位‥‥ダメだ。
3位アロンソ、4位マッサ。

■Q3 ポール獲得経験者が一人増える。
前戦の勝利に気をよくしたJBがバーンアウトラップを牽引。
MS、マッサが頭一つ抜け出たラップタイムを刻む。
9分を切ったところで、ルノー勢、ライコネンがタイヤ交換。
次のラップで、MS、マッサ、JB、クビサ‥‥タイヤ交換、アタック開始。

まず、王者・アロンソが先陣を切ってタイムを出すも、28秒台‥‥フィジコがアロンソの前。
バトン、前の車につっかえタイム出ず。マッサが27秒台前半を出し、トップタイムを塗りかえる。
好調・MSはコースアウト。アタックミス。
さぁ、時間が無くなってきた!

MS最初のアタックを取りやめて、早めのラストアタック。
ミスでコンサバになったか?それとも、燃料が多いか?マッサをかろうじて上回る。

それもつかの間、最後の最後にマッサ逆転で初ポール。おめでとう~。嬉しそうだ。

アロンソは意地の3番グリッド、フィジコが続いて2列目を占める、3-4グリッド。
だが、フェラーリとのタイム差は大きい。
赤と水色の戦いはどうなる?
このレースでコンストラクターの逆転があるかも知れない。

JBは7位止まり‥‥。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧