2006年8月20日

甲子園決勝

今年の夏の甲子園だが、ホームランの量産、終盤の大逆転、2番手以下の投手が打たれ、実力を出し切れずに去っていく有力投手など、劇的な展開で盛り上がった。
考えてみれば、昔と比べて全体的に打高投低で派手な感がある。
かつてのエース達のように「一人で全て抑える」と言う感じでもなく、序盤で点を取られても終盤、相手のリリーフを打ち崩して逆転したり、それこそ「投手を使い果たした」なんて言葉がTVから流れてくるぐらいだから、かつてよりエースへの依存度も下がっているんだなぁ‥‥と思う。
無論、それが全て悪いわけではなく、「高校野球で終わらせない」という配慮からだと聞いた。

そして、今日はその盛り上がった大会の決勝戦。
最初に述べたとおり、派手な打ち合いが目立つ今大会なのだが、それでも2人のエースの投げ合いはすごかった。

1-1。
延長15回を戦うも決着つかず、史上二回目の決勝戦での再試合までもつれ込んだ。

「いかに打線が強力でも、実力のある投手の前ではそんなに打てるものではない」という、野球のセオリーはココでも厳然と生きている。

―史上2校目の夏・3連覇を狙う駒大苫小牧vs初の夏の王者を目指す早稲田実業―。
いわゆる強豪、優勝候補が最後まで勝ち残った。
だが、それぞれの勝ち上がりには「ギリギリの逆転劇」だったり、「エースが打たれて予想外の苦戦」だったり、「実力差があっても一瞬の隙を突いてそれを覆す」高校野球の醍醐味に飲み込まれそうな瞬間もあった。
それでも勝ち残った両校。
昨年優勝後に部長の暴力沙汰、そして春に先輩の不祥事で出場辞退という不遇から見事にチームを立て直した駒沢の選手達、今の高校野球では2番手3番手の投手がいて当たり前なのに、(2番手以下と実力差がありすぎるため)ココまで、ほとんどのイニングを一人で投げ抜いてきた早実の斎藤。
両校とも深紅の大旗を手にするにふさわしい、すごい高校生達だとおもう。

惜しむらくはこの戦いの結末をリアルタイムでは観られない事だなぁ。
う~ん、残念。

[Today's Tune:栄冠は君に輝く/夏川りみ]

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧