2006年8月 6日

F1GP 2006 Rd.13ハンガリーGP 決勝■来た!見た!勝ったぁ!

今季初のレイン状態での決勝。

ハンガリーGPと言ったら、毎年暑いイメージがあるが、今回ばかりはそうではない。
さらに雨だと去年まではBSだったが、今年はどうだろう?

個人的にはレインでのキミのコントロールに期待。
‥‥おっと、フォーメーションラップでデ・ラ・ロサがスピン‥‥無事に戻れた。

以降、追記欄へ。

追記

さて、レインコンディションのレースは一体どうなる?
いざ、スタート。後方からMS、ロケットダッシュ。いきなり4位!
左近、コースアウト。2戦で1周‥‥。
アロンソは?こちらも6位にジャンプアップ!
フロントロウのマッサが全くダメ。琢磨は順位を上げて、16位。
クビカ(中継ではクビサになったか?)、スピンでドロップダウン。ウェバー早くもリタイア。

‥‥トップはキミ、バリが続く。
アロンソがMSをつつく。今の状況ではミシュランが良さそうだ。アロンソがアウトから抜いた。
至る所で、BS勢が苦戦している。
6週目、バリチェロ、ピットへ。エクストリームタイヤ作戦失敗。どう巻き返すか?

ウェットで苦戦するフェラーリ。マッサスピン。
ラップあたり4秒遅いMS、ドンドン落ちていく。
TOYOTAの2台も苦戦中。雨のBSは何処へ行った?

10周過ぎたところで、雨が強くなってきた。
画面上は水滴だらけ。

!あっ!MSがフィジコのタイヤにヒット、フロントウィングを壊す。
キミのピットインでアロンソがトップに立つ。ああ~~ん。天はアロンソの味方についたようだ。

!フィジコ、後ろ向きにコースアウト!
だが、無事に戻ったようだ。あちらこちらで、スピン発生、大混乱。
マッサが早くもアロンソにラップされる。
ニコ、クラッシュ!若手がそろいも揃って大苦戦。
そして、MS屈辱の周回遅れ~。

BS勢、手の打ちようがない状況。昨日までの状況で、誰がこの展開を予想できただろうか?

そして!!うわ~~~~~~~ん、キミ~~~~~~~~~(TДT)
リウィッツィが前のフェラーリを抜かせようとして失速。運悪くライコネンがそのタイミングで入ってきて、リアタイヤとフロントタイヤがぶつかり、マシンのフロント部分を激しく壊して、リタイア。

SC、IN。
SCラップの間、MSは周回遅れを取り戻す。
その間にどんどん乾いてくコース。コンディション変化が何をもたらすか?

SC、OUT。アロンソは楽々トップで再スタート。
MSとラルフが当たる、さらにMSスピンアウト。相変わらず、BS寄りの状況ではないようだ。

レースは中盤戦。
2位バトンが好タイムを連発!
残り30周、MSがアロンソより4秒速い。今度はBSが有利な状況。
バトンがアロンソに迫る。1.5秒差。
0.8秒。
0.4秒。ホンダ、第3期初勝利?ココで、バトンピットイン~。タイヤは替えず。
MSIN。こちらもタイヤは替えず。
この間にもどんどんコースは乾いていく。

‥‥そしてアロンソ、ピットイン&タイヤはドライへ!
バトン、ココで遂にトップ!!コースに戻ったアロンソ、なんかおかしいぞ?タイヤが合わない?
‥‥と思っていたら、アロンソ、クラッシュ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
これは?ホイールナットが飛んでいる。痛恨のピットミス!!!アロンソ、天国から地獄へ。

MS労せず、3位へ。
バトンを追うモノはいない。
残り、17周。バトン、3回目のピットでドライへ!
クルーの動きも良いぞ!トップでコースへ送り出す

琢磨はマシンのフロント部分の問題で大苦戦もドライタイヤへ変更。
最後の戦いだ。
ニックがピットで、2位MSはまだ、レイン。
バトンはどんどん有利な状況になっていく。
レインのままのタイヤが苦しいMS、残り12周をどう戦い抜くのか?
バーストなんかしたら、意味ないぞ。

残り、10周!
バトン、トップのまま、いよいよ、最終局面。

MSの真後ろに、デ・ラ・ロサ。どう考えても、ドライの方が速い。MSどうするのか?
安全策で3位でも良いと思うが、譲らない。ストレートはフェラーリの方が速い。
MS3位に落ちる。作戦ミスだ。争っているウチに直後にニックが来たぞ。

MSコントロール不能?ピットに戻り、マシンを止めた。
これで、1戦無駄に消費。後の祭りだ。

‥‥ランキング1位、2位が相次いで消えたレースも、遂にファイナルラップ!


バトン!
バトン!
バトン!

記念すべきゴールの瞬間!
来た!見た!勝った!
(↑初代監督、故中村良夫さんに捧ぐ。コレ、ずっとやりたかった~~~~~!!!!!)

バトン14位スタートから、114戦目の初勝利!

ホンダ、301戦目のリスタート、第3期7年目にして遂に初勝利。

第3期の活動に対しては、参戦の手順からはじまって、長いこと続いた苦戦に、散々文句も書いたが、ホント嬉しい‥‥ただただ良かった。
バリチェロは走りきって4位。コンストラクターズ4位の足場を固めた。
琢磨は14位、フロントのバランスが悪く、苦しい中、よく頑張った。

1位ジェンソン・バトン、2位ペドロ・デ・ラ・ロサ、3位ニック。ハイドフェルドの新鮮な表彰台。

英国国歌、そして、そして、君が代
‥‥感無量‥‥バトンの勝利がこんなに嬉しいとは思わなかった。
バトンに続いて、社長が優勝杯を受け取る。強運だ!
シャンパンを浴びる、バトンにホンダスタッフ。みんな笑顔。

コンストラクターとしては大昔、サーティース(1967)以来。
ホンダエンジンの勝利はベルガー(1992)以来。

―雨が呼んだ奇跡―。
チャンピオンシップ的には「停滞」かも知れないが、ホントに記念すべき1戦になった。

最後に冷静になって一言。
今回は多分に外的要素が味方してくれた面があった。
今後、上のチームに追いついて、もっと勝って欲しい。
頑張れ!ホンダ!

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧