2006年7月29日

F1GP 2006 Rd.12ドイツGP 予選■武器を奪われたルノーは如何に

さぁ、予選だ。

昨日・今日とイマイチ各チームの戦力差が把握しにくい状況の中、一応の指針が出る予選だ。
さぁ、どうなる?(結果は追記欄へ)

追記

■Q1 SA06はどうだ?
開始5分。スピード、第1コーナーを抜けたところでオーバーラン。
その後、体勢を立て直せず、ふらついたまま後ろ向きになり、リヤからウォールにクラッシュ。
マシンは大破もドライバーは無傷。多くがコースインしていたモノの、仕切り直し。

さて、気になるSAF1勢。琢磨はモンテイロを上回って19位。タイムは週末ベストの1分17秒185。
トップマッサが14秒412。2.7秒差だ。アルバースには0.1秒差で負けたが、未完の車&緒戦だと言うことを考えると、今後、MF1勢とは互角以上に戦えそうだ。今後が楽しみ~。
左近は旧車05では歯が立たない。ノータイムのスピードより前の21位。

‥‥と言うことで、Q1落ちは、リウィッツィ、アルバース、琢磨、モンテイロ、左近、スピード。
上位は、フェラーリが今回も圧倒的に速い。ドーピングしてネェか?(笑い)

■Q2 ホンダ復活?
ホンダ勢が久々に光る走りを見せて、Q3に残った。
ラスト5分で、ニュータイヤを履いて1発アタックをかけたMSが13秒台で悪魔のような速さ。
Q1でSAFとの差が小さかったのを喜んだが‥‥それって、ヌカ喜び?
それ以下は大混戦。アロンソですら、Q2落ちを気にして、再アタックにでる。

落ちたのは、11ウェバー、12クリエン、13トゥルーリ(エンジン交換)、14ジャック、15ニコ、16ニック。
マスダンパーと言う武器を奪われた、ルノー、フィジコ5位、アロンソ8位と大苦戦。

■Q3キミ、キタ。
ラルフ、愚かにも非タイムアタック中にデ・ラ・ロサに追突。
結局、マシンを壊し、ピットへ‥‥拳を振り上げていたが‥‥お前こそクルーに謝れ!

残り7分。アタックが始まった。

まずはマクラーレン勢。キミ、1分14秒フラット。ショートか?
MSもキミのタイムを上回れない。アロンソは大きく遅れる。フィジコ、バトン・バリチェロより下の7位。

残り3分。2回目のアタックもマクラーレン勢。
アロンソ、今度は頑張ってMSの前でピットを出る。
残り40秒。ライコネンコースアウト。グラベルへ。
アロンソ、MSタイムアップ出来ず、結局、そのまま予選順位は決した。

4位バトン、5位フィジコ、6位バリチェロ、。
アロンソ、ピットアウト競争では頑張ったが、走りは全く冴えず、7位に沈んだ。
8位はラルフ、エンジニアに感謝せよ。デ・ラ・ロサには勝って溜飲を下げたか?
9位デ・ラ・ロサ、所詮は3rd、終盤戦には居ないだろう。
10位は姿が見えなかったクルサード。作戦?

上位3台はフェラーリの2台とマクラーレン。
MS2位-マッサ3位。

‥‥そして、キミ、久々のポールキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(とりあえず、やってみた)
きっと、変則ピットだとは思うが‥‥頑張って欲しい。

MSとアロンソとの間にたくさん入った。コレで鈴鹿まで‥‥(願望:こればっか)。まぁ、決勝はアロンソ強いだろうし、ホンダ勢は落ちていくだろうから、結果はまさにキミ次第?(オヤジギャグ)

‥‥それにしても、キミ。相変わらず、ぶつぶつ喋るなぁ‥‥。

あと、ルノーはやはりマスダンパーを奪われた影響が大きいのか?
去年のB・A・RのようにFIAに食われてしまうのか?
疾風怒濤の決勝は明日!

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧