2006年7月25日

THE IDOLM@STER 1st Anniversary Live■PART2:幕は上がった

PART1ではライブ開始までたどり着けず、トホホな内容だったけど、PART2はがんばりまっせ!

※このサイトのレポでは出演者を「声優さん」でなく、「アイドルマスターの登場人物」として書いていくので、よろしく~(書き手の無能さから時々混同する事は目に見えているが)。

‥‥能書きはこれくらいにして、早速本編スタート!!

■17:15 遂に、ステージの幕が上がる―(幕はないけど)。

01:THE IDOLM@STER(Game Ver.)ALL

遂に9人揃った、アイドルマスター9/9!

赤羽では、各人、思い思いの「服装」(ちゃんと色合わせはしていた)だったが、今回はみんなのイメージカラーを再現した、「衣装」。
格好良かったり、綺麗だったり、可愛かったり、みんな華やかだ。

まずは、挨拶代わりにテーマソング、『THE IDOLM@STER』!
大勢のプロデューサー達はここぞとばかりに勢いよく跳ぶ!


1曲歌い終え、律子と伊織をMCにライブ開始!
どうやら、MC以外のメンバーが着替え>歌というフローらしいぞ。

02:太陽のジェラシー 春香、やよい、亜美
OPの次に来たのは、予想通りこの曲。
みんなで声を合わせて、「マーメイッ!

どうやら、『M@STER PIECE』を意識しないユニット構成のようだ。

03:FirstStage 雪歩、千早
『ラジオでアイマShow』で、息のあった(???)プレイを見せる2人による、『First Stage』。
個人的にはなんとなく、新鮮な組み合わせ。
今回のライブでは、トリオだけではなく、デュオもありなんだな。
‥‥ソロってあるのかなぁ‥‥あるとしたら、あの曲だろうな‥‥。

04:9:02pm あずさ、真
赤羽のステージを再現するかのように、王子様・真がお姫様・あずささんと優雅にダンス。
もし、女子校だったら、下級生の女子がハート目になって「すてき~~」なシチュエーション。

‥‥でも、『M@STER VERSION』だと、「好きっ」って言うセリフが入ってないんだよね~。
それが唯一の失点だと思うな~。ホントに勿体ないなぁ~。
あずささんの「好きっ」が聞きた~い。

■歌とお話のコーナー
次は歌にまつわる(というか、強引に話を歌に繋げる)ショートストーリーと歌のコーナー。
歌だけを期待しているヒトには?かも知れないが、この展開こそがアイマスだと思う。

ここで、場内、何故か「社長」コール。
社長を尊敬する気持ちはわかる(笑)が、その社長がステージに降臨するはずもなく、その代わり、ステージ初お目見えの小鳥ちゃん登場~~!赤羽で誰だ?と話題になって、中村さん2役?とか言う噂も出たが(後に公式で滝田樹里さんと判明)、初めて見た~。

MC:小鳥ちゃん&千早
ショートストーリーの軸は「プロデューサーが『765プロハリウッド進出計画』と銘打って書いたシナリオを小鳥ちゃんが事務所のアイドル達に評価してもらう」と言うもの。

05:おはよう!!朝ご飯 やよい、律子
まず最初に登場したのは千早だったが、彼女に物語を評価してもらうこと自体が無謀だったようで‥‥というか、『海洋冒険物』なハズのシナリオはバイキングだったり、焼き肉だったりで相変わらずのお笑い路線だったが、律っちゃんとやよいが好演。

MC:小鳥ちゃん&雪歩
千早はやはりお笑いには向いていなかった。
‥‥ということで、その穴を埋めて余りある、アイマス最強のお笑いキャラ(?)、ゆきぽ登場~。

06:Here we go!! 伊織、あずささん、春香
物語の登場人物は長女:伊織、次女:あずさ、三女:春香。
ツンデレ姫伊織の厳しい攻めとあずささんののんび~りしつつもツンツンな攻めで追い込まれる春香。
だが、中のヒトがSの本性を発揮して抵抗。
タイトルは3ツンによる『ツンデレラ』。
『デレ』成分が少し足りなかったが、伊織のツンツンッぷりが良かった。あずささんが「落とす」部分で笑い声がかなり被ってしまったため、後ろのヒトとか聞き取れたのかなぁ?

MC:引き続き小鳥ちゃん&雪歩
プロデューサーのシナリオでは埒があかないので、今度は雪歩がお話を考えることに。

07:エージェント夜を往く 真、亜美
雪歩の勘違いにより「リーゼントでツッパリハイスクール」な展開になりかけるも、小鳥が間違いを察知して方向転換、ちゃんと『エージェント夜を往く』が流れた。

ココでのプロデューサー達の期待は亜美の『とかちつくちて』に向けられる。
そして、期待通りの『とかちつくちて』に場内、萌え上がる。

その後‥‥雪歩がいじけて去ってしまったため、小鳥ちゃんの危ない妄想によるシナリオ案が展開される。内容は、少女漫画版・アイマス。今のアニメで言うと『ストロベリーパニック』が一番近いかな。

プロジェクターに映し出された絵は、美内すずえか、池田理代子の世界?
‥‥柴田亜美?イヤ、それは違う。


いよいよクライマックス!のPART3へ続く。

追記

(´Д`;)ヾ スミマセン。
「がんばりまっせ~」とかのたまった割には支離滅裂な内容。
その上、完結できずPART3に続いてしまって‥‥それが、すらじ~クォリティ‥‥。

その分、がんばりまっせ、今度こそ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧