2006年7月 6日

ベテラン同士の最後の戦い

ドイツ2006準決勝第2試合。
フランス-ポルトガル。

ジズーvsフィーゴ。元レアルのチームメイト同士の戦い。
ブラジル-フランスに続いて、応援しているチームのつぶし合いパート2。

ベテラン、若手のドリブラー、ワントップの得点力‥‥似たようなパーソナリティを持つチームの対戦は如何に。中盤の守備はフランスのフィジカルが上回るモノの、ボールキープ力はポルトガルの方が上か?

序盤、両チームの守備がよく機能していて、ある程度の見せ場を作るモノの互いに得点は無し。
32 切り返した瞬間、リカルドカルバーリョの足に上手く引っかかって、アンリPKを獲得。
33 蹴るのはもちろんジズー。
ポルトガルGKはイングランドとのPK合戦で3本を止めた名手リカルド。
蹴ったボールは向かって左端にズバッと突き刺さる。
リカルドも超反応を見せて触れるモノの、強いボールに手を弾かれる。

36 Cロナウド、PKか?リプレイでは跳び込んだっぽい。
ポルトガル怒濤の反撃。

前半は互角だったと思うが、ゴール前の攻防でのジャッジで明暗が分かれた。

後半開始早々、フランスの攻撃。
しかし、GKリカルドすばらしい守備で2本のシュートを阻む。

8  ポルトガル反撃、パウレタシュートがサイドネット。本日初めて目立つ。
17 ポルトガル・ミゲルoutフェレイラin、負傷交代は負けているチームにとって厳しい。
22 さらにパウレタout、シモンin

後半も半分経過。このまま行くのか?
24 フランス、マルーダout、そして守備的フォワード、ヴィルトールin
26 今日も駆けめぐった、リベリーout、ゴブーin。
ニッポンにもリベリーぐらい走って、ドリブルが上手い選手が欲しい。

28 ポルトガル、コスティーニャout、ポスティガin
ポルトガル、カードを使い切り、いよいよ、総攻撃体勢。

30 ポルトガル、フリーキックのチャンス
C.ロナウドドライブのかかったフリーキックに、バルテズ思わずバレーボール状態。
目の前のボールだが、フィーゴのヘッドはポストの上へ。頭を抱える。
ポルトガル、ゴール前でのシミュレーションっぽい動きが目立つ。

35 フィーゴ、フリーキックも、ビエラゴール前で跳ね返す。
39 フランス、サハ投入。アンリアウト。

残り5分。フランス、逃げ切り体勢。
ロスタイム4分。
さぁ、どうなる?
ポルトガルはGKリカルドが前に出て最後のアタック。
46 ポルトガル、メイラシュートも枠外。
47 フィーゴ最後のあっタック
48 リカルドも上がってきて2度のコーナー
フィーゴのクロスもバルテズキャッチ。
49 Cロナウド、オフサイド。

タイムアップ。フランス、遂に決勝進出!!

ジズーとフィーゴ、お互いの健闘をたたえ合った後、ユニホーム交換。
ちょっとホロリときた。
C.ロナウド泣きそう。でも、キミにはまだ将来がある。

遂に2チームだけとなった。決勝はイタリア-フランス。
ジズー最後の試合は最高の舞台を得た。
残る力の全てを出し切って欲しい。

追記

それにしても、ヴィエラ、マケレレ、ティラムらフランスのディフェンス陣は気力充実しているなぁ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧