2006年7月 3日

F1GP 2006 Rd.10USAGP 決勝■混戦を尻目に‥‥。

スタート直後、2カ所の多重クラッシュでいきなり7台が消え、S.C.モード。

そのうち、前の集団で起きたの事故はマクラーレンの2台が追突して、煽りを食らったBMWニックが派手に空中回転しながらグラベルを横転。バトンも横腹にマクラーレンがぶつかりスピン。
後者は下位集団にありがちな事故で、地元スピード、SAF1モンタニー、ウェバー、クリエンがリタイヤ。撤去されたマシンが並ぶコース脇はさながらマシン墓場。
追突で他車を横転させたドライバー(モントーヤ)は井出と同じくライセンス剥奪ね。

混乱に乗じて、最後尾スタートのニコがなんと入賞圏内8位にジャンプアップ。運のイイヤツだ。
貰い事故のバトンもピットへ。どこか壊れている模様。2回目のピットはそのままガレージへ。
リスタートで、琢磨、やっちまった。そのままリタイア。
せっかくのチャンスを逃してしまった。落ち着けよ~。

アメリカ人はたくさんの車を見られない運命のようだ。
‥‥それにしても、残ったチーム、ラッキーだな。
琢磨に当たられたモンテイロも11週で止まった。

結果、完走残り9台。ノーポイントはたったの1台。
シューマッハ今季初の楽勝な展開で3勝目。2位は自己最上位のマッサ。3位はフィジコ。
4位はピットスタートから作戦勝ちのトゥルーリ。王者アロンソは5位止まり。久々に表彰台を逃して、去年のRd.14トルコから今年のカナダまで続いた連続表彰台の記録が15で止まり、シューマッハの19を破ることは叶わなかった。バリチェロが地味に6位に入った。
以下、7位DC。8位にリウッツィが入り、トロ・ロッソ初ポイント、おめでとうベルガー。
ノーポイントだが最後の完走はニコ。出だしラッキーだったが、どうにもリズムが合わず?

去年と対照的にフェラーリ勢は明るい表彰台となった。
む、久々にF1でドイツ-イタリア国歌が流れている。
W杯の方は、次、この対戦なんだよなぁ‥‥ちょっと面白い。

追記

結局、ミシュランは去年の汚名をそそぐことが出来なかった。
やっぱりタイヤの作り自体がコンサバだったんだろうなぁ。
‥‥ま、次のフランスからはまたミシュランが強いんだろうけど。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧