2006年7月 2日

誕生?新・一人の愚か者

イングランド・散る。

ポルトガル0-0イングランド(PK3-1)

ルーニー退場の後、残されたメンバーは長い時間を守り通したが、PK戦で散った。
ベッカムもフィーゴも居ないフィールドで、1人多いポルトガルは、120分間白い壁を破れずに時間を無為に過ごしてしまい、結局PK戦になだれ込む。
ポルトガルGK・リカルドのセーブで始まるも、ポルトガルが外しまくって立場逆転‥‥と思いきや、イングランドもジェラードが止められ1-1。結果的にイングランドは次のギャラガーもリカルドに阻まれ、1ゴールしか奪えず、敗れ去った。リカルドは入れられた1本もボールには触れており、超アタリモードだった。

新たな『愚か者』が誕生して、ベッカム率いるイングランドは消えてしまった。
個人的にはフィーゴが残ったのは嬉しいのだが。

退場で負ける‥‥こういう負け方をした場合、エリクソン的には気楽だろうなぁ‥‥。
監督としての名声は一切傷つけられずに(ニンゲンとしての信用はおとり取材で地に落ちたが)、いい加減にイヤになっただろう、イギリスからおさらばできるのだから‥‥。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧