2006年6月28日

ジズー最後の旅は‥‥

ココはジズー中心なので、ラウールファンの方、あしからず。

フランスvsスペイン。
2006ドイツW杯8強を決める最後の戦い。

ワールドフットボールアンセムのあと、スペイン国歌、続いてフランス国歌。
去年から飽きるほど聴いたこの2国の国歌。

ラウール、カシーリャス、普段はレアルのチームメイト。若手がドンドン伸びてきている強敵の出現で、正直な所、年寄り所帯(失礼!)の今のフランスで勝てるかどうか不安だ‥‥っていうか、負ける可能性の方が高いのではとさえ思ってた。

試合開始!
序盤、スペインの攻撃を見事にコントロールしていたフランスのベテランディフェンス陣。
個々のプレイになんだか強い意志みたいなモノが感じられる。コレはスペインでもしばらくは点取れないだろうな‥‥と思っていた矢先、コーナーキック後の展開、ペナルティエリア内でよもやのファウル。
フランスはPKで1点を失ってしまう。

‥‥予選からずっと得点力不足を言われ続けてきたフランス。
今日は今大会初めてと言っていいほどの美しいサッカーを展開しているが、それもココまでか?
「前半のウチに何とかしてくれ」と思っていたところ、ビエラのスルーパスに若手のリベリーが怒濤の走りでゴールに流し込み、1-1に追いついて前半終了。
ホッとした。このまま、後半に入ってしまうと、悪い流れにハマりかねない。
心配だったジズーの動きもとぎれていない。
アンリはオフサイドの網にかかりまくっているが、ブラジル戦のラインズマンならば2、3回は抜けてるな。

後半、一進一退の攻防。
前のブラジル-ガーナ戦(ゴール前でのガーナの稚拙さばかりが目立ち、ブラジル、カウンター3発で楽勝。前半のウチに1本でも決めれば、ブラジルの本気が見られたかも知れないのに‥‥入らない遠目のシュートばかり打つ)の記憶が強かった分、足下でのパスカットや守備の読み合いなどスピーディーな展開に早朝にもかかわらず、目が冴える。

スペインはルイス・ガルシア、ホアキンを投入してフレッシュな力で徐々にサイドを支配するが、テュラム・サニョル・マケレレら守備陣が獅子奮迅の活躍でスペインのチャンスを潰す。

延長戦もちらつき始めた後半38分、ジズーがスペイン陣内でFK。
クロスがゴール前をよぎり、そこには頼もしい男、ビエラ!ヘッドでたたきつけたボールはスペインDFにあたりゴール!とうとうフランスがこの試合初めてリードした!狂喜乱舞するモノ約一名。

そして、この試合の最後にビッグプレゼント。
試合終了間際、ロスタイム。ジズー飛び出し、フェイントでプジョルをかわして、体をひねりながらカシーリャスのヨコを貫くダメ押しゴール。

テュラム、マケレレ、バルテズ、そしてビエラ、ジズー。鬼気迫る迫力でみんな頑張った。
それにしても、負けたスペインも含め、イイ試合だった。レフェリングもベストだったのでは?
(まぁ、スペインファンのヒトはそうは思えない人もいるかも知れないが。)

次は最強王国・ブラジル。
遂にエンジンのかかったモンスター・ロナウドンを止めることが出来るか?
これがホントにラストプレイ、ラストゴールかも知れないと思って、眠くても念を送ろうと思う。

ジズー最後の旅、イヤ、戦いは‥‥まだ、終わらない!!

追記

つ~か、ベスト8すごい陣容だ。

1ドイツ-アルゼンチン

2イタリア-ウクライナ

3イングランド-ポルトガル

4ブラジル-フランス

初で残ったウクライナはともかく、それ以外でサプライズは全くなく、無風。
ドコが優勝してもおかしくない。3位決定戦を含めて、残り僅か8試合。
ここからは紙一重の戦いが続く。

‥‥惜しくも散ったオランダ、スペインだが、個人的に言わせれば「いつもの如く」といった感じかな。
(ファンのヒト、ゴメン。)
ここ一番の強さとか、チームメイトとのつながりとか精神的な何かが欠如しているのでは?
スポーツは技術と体力だけで決まるものではないのだよ、ワトソン君。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧