2006年6月24日

第49話☆託児所、始めました(6thユニット始動)

昨日、6月23日は秋月律子さんの誕生日。おめでと~。
‥‥というわけで、記念すべきこの日に律ちゃんをメインに新ユニットを結成してきたのだ~。

■新ユニット、始動―活動1週目―
社長:すらりん君、キミも中堅プロデューサーになったことだし、そろそろ新しいことをやってみてはどうかね?
すらP:ですよね~。実は、もう企画できてるんデスよ!
社長:ほう!行き当たりばったり人生のキミにしては珍しい‥‥どれどれ‥‥。

社長:‥‥すらりん君、きっ君はこの3人を選ぶつもりかね!?
すらP:‥‥は、はぁ、そうですが。
社長:君は知らんだろうが、あの3人の魔の手にかかって、寂しく事務所を辞めていったプロデューサーは二桁に迫る勢いなんだぞ。
すらP:へ?

社長:まず、いたずら大王、「コアクマン・亜美(真美)」。そのいたずらは留まることを知らず、事後処理の煩雑さに切れて退社したプロデューサーが3名。
すらP:‥‥うっ‥‥。
社長:次に、天下無敵の傍若無人、「唯我独尊じゃじゃ馬・伊織」。あまりのSッぷりにあっち方面に目覚めて事務所を去ったプロデューサーが3名‥‥。
すらP:‥‥ゴクリ‥‥。
社長:そして、恐怖の分析マシーン、「765プロの魔女・律子」。彼女に自身の無能さを思い知らされて業界から寂しく消えていったプロデューサーが3名‥‥。


すらP:‥‥((((;゜д゜)))ガクガクブルブル‥‥。

社長:わっはっは、まぁ、思う存分頑張ってくれたまえ!


すらP:‥‥((((;゜д゜)))ガクガクブルブル‥‥。

‥‥というわけで、新しくプロデュースを行う彼女たちと対面。
伊織:‥‥。
すらP:‥‥。
伊織:‥‥なによぉ、あんた!
すらP:あ、いえ、今日から君のプロデューサーになる‥‥
伊織:‥‥冴えないわねぇ‥‥。
すらP:うう‥‥。

亜美:真美で~~~~~~~す。
真美:亜美で~~~~~~~す。
すらP:へ?双子?ま、真美‥‥に亜美?
亜美:‥‥ざ~~~んねん!!
真美:私が真美でした~~~!
すらP:へ?
亜美:にいちゃんって、ちょっと抜けてるね!
真美:まぁ、楽しくやろうよ!
すらP:はうはうはうはう‥‥。

律子:あ~~~~っ!もう見てらんないわねぇ!!は~い、ソコソコ!!3人とも!プロデューサーをからかわない!
すらP:あ、アナタは‥‥。
律子:私がユニットを率いるからには無様な展開にはさせないわよ!
すらP:こ、神々しい‥‥律子様、今後もお知恵をお貸し下さい。
律子:(今回のPも単純そうね。ニヤリ。)

ritsuko_face01.jpg

すらP:じゃ、じゃぁ、ユニット名なんだけど‥‥あ、『秋月託児所』ってのは‥‥。
伊織・亜美・真美:え~~~~~~~~!!
伊織:それって、私たちが「児」って事?
亜美:亜美は大人だよ?
真美:アハヌフ~~~~~ン。
伊織:そりゃぁ、亜美と真美は小学生だから児童でいいけど、私はれっきとしたレディーよ!!失礼しちゃうわ!!!!!キーーーーーーーーッ!

すらP:いや、でも、もう登録しちゃったし‥‥(’・ω・`)
律子:まぁ、まぁ。面白そうな名前じゃない?
伊織:そりゃ、律子は自分の名前のユニット名だから‥‥ぶつぶつ
亜美・真美:亜(真)美たちは、にーちゃんに任せた!じゃ、そゆことで!
すらP:あ、これからレッスンだってばっ
亜美・真美:ちっ‥‥気付かれたか‥‥。

ユニット名:なし崩し的に『秋月託児所』に決定
初期衣装:スノーストロベリー
1stシングル:『ポジティブ!

亜美・真美:を、この曲大好きだよ(○ω○)?
伊織:衣装も、まぁ、こんな感じでいいんじゃない?

最初のレッスンは、歌詞レッスン。
グッドでイメージレベルが4に上がった。
すらP:ふお~~~、ゆきぽの時とは大違いだ‥‥。
雪歩@自宅:ひゃ‥‥くしゅんっ‥‥???

ファンの人数1人(俺)。

あ、幼稚園の名札ゲット!ほら、俺のユニット命名は間違えてない‥‥ハズ!

―活動2週目―

ダンスレッスン。
フラフラながらもグッドをキープ。
伊織:‥‥まぁ、ギリギリだけどね。

ファンの人数、90人。
『秋月託児所』。未だ「知る人ぞ知るアイドル」だが、静かに走り出した。

[Today's Tune:ポジティブ!/双海亜美/真美]

追記

‥‥こんなキャラ設定作ってしまって大丈夫か?いったいどうなる、このリプレイ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧