2006年6月20日

第47話☆運命のひと

―あずまこぴー、ついにラスト―。

自身通算3度目(ようやく)のラストコンサート。

前回(2月2日)から、既に4ヶ月半過ぎている。
ずいぶん久しぶりに聴く、クライマックスの曲。
長かったプロデュースの日々が思い浮かんでくる。

今回のヒロインはあずささん‥‥なのだが、残念ながら『9:02pm』を選ぶことが出来ない‥‥。
泣く泣くラスト曲は『THE IDOLM@STER』。
衣装はボーカル服。パーペチュアルチェック。
会場はドーム。失敗だらけだったこのユニット、最後は華々しく終えたいところだ。

あずささんと2人きりでコンサート直前の時間を過ごして、いざ最後の舞台へ。
思い出をつぎ込んで2人を応援。
そして、コンサートは大成功で幕を閉じた―。

初めてのトゥルーエンド。
azusa_face01.jpg

アイドルを引退するというあずささん。
これからは2人で長い時間が始まるのだが‥‥今回のプロデュースは6敗も喫しているので、正直なところ、イマイチ実感が沸かないなぁ。

いや、初トゥルーなんだし、素直に喜ぼう。

あずささんの運命の人になったので、あずささんについて。
いや~、やっぱりあずささんを一言で表すと「ぱよっぱよ」ですよね~。ぱよっぱよ。
すらじ~は、おぱ~い星人じゃないので、当初「あずささんはどうかなぁ‥‥」などと不届きなことを思ったりしてたけど、癒されました。ほんわかした人、いいなぁ‥‥。


―その頃のまこぴー。
makoto_faca01.jpg

:あずささん、おめでとう‥‥と素直に言ってもイイけど‥‥む~、ボクだってかわいいと思うんだけどなぁ‥‥。やっぱり、男っぽいと思われちゃったのかなぁ‥‥。

いや、決してそんな事はなく、だってかわいい。
前回、『はる、ゆき。』の時の雪歩は既に一度プロデュースを終えていて、最初から春香メインで行くと決めていたから、あえてその部分は気にしなかった。
今回は2人とも初めてだったから、やっぱり気になった。

クライマックスからラストへ至るその時に、ユニットについての描写の少なさは、カバーしきれないという点でどうしようもないものだとは思うが‥‥あ、だから勝手に補完すればいいのか。折角WEBサイト持ってんだし。

真はまた今度ちゃんとエンディングを見ないとね。

[Today's Tune:エージェント夜を往く~蒼い鳥~THE IDOLM@STER/あずまこぴー]

追記

3rd『やよい』よりも早く、4th『あずまこぴー』がラストを迎えた‥‥3rd、4thと言っても、同じ日にスタートしているから、どちらが先に終わっても別におかしくはないのだが。

総合評価 B
中堅プロデューサーにランクアップ

本文にも書いたが、6敗、特別はカラフル、TOPxTOPを取れず終いで何とかランクAにたどり着いた感じのへろへろな展開だった。最終的なファンの人数は120万人で、前の『はる、ゆき。』を超えることは出来たのだが‥‥正直、途中投げやりになった時期もあった。

それから、リプレイの書き方も途中から効率の関係でテンプレート化してしまって、書いている側としてもイマイチ面白くなかった。
攻略と思い入れ―プレイヤーによっては背反する2つの要素を個人的には消化できない状況なのかも知れない。
あずまこぴーのプロデュースを終えて、さらにプロデューサーランクが上がったので、念願のトリオの育成が出来るワケなのだが、以降のリプレイをどうしようか正直な所迷っている‥‥キャラクターとユニット名は既に決めてあるのだが‥‥話数をこのまま繋げていくのも考えられるが、一旦切って、昔のスタイルに戻すのも有りかなぁ。

ん~。あ、雪歩からメールだ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧