2006年5月12日

第34話☆雪歩、石橋たたいてランクアップ

久々に雪歩のブーストメールが届いたので(最近、普通メールばかりだ)、今宵は雪歩専用俺(なんだ?それ)。

■ゆきぽに
―活動35週目―
流行:ダンス>ビジュアル>ボーカル
イメージレベル11
微調整を行い、流行通りにステータスを並べる。

さぁ、今回は第2の鬼門といえる、カラフルメモリーズ―『はる、ゆき。』減退期に挑戦して、ジェノ地獄にはまり敗北。結果的にトドメをさす形になった―なのだが‥‥誰も来ないよう祈っている(弱気)と後入りキターーーー。
H2、N2、C2‥‥ギギギ‥‥イメージレベル13のNPCもいるYO?
‥‥とにもかくにも久々の対ヒト特別。なんとしても、勝って笑ってランクアップしたい。緊張の中、オーディション開始。

‥‥1st、2nd順調にマークしていくものの、予想通りポロポロ帰る審査員たち。
3rd序盤で残りはボーカル審査員のみとなった。
ここからは歌唱力のガチンコ勝負。
力押しでトップをゲット!
そして、緊張の判定‥‥NPCを含めた3人が6ポイントで並ぶも、ゆきぽにのフレッシュ勝ち!

雪歩:はぁぅぅ~~~~ぅ。ドキドキしました。
すらP:そうだな。でも、全部抑えたら勝てると思ってたよ。
雪歩:なんでですかぁ?
すらP:いや、相手がイメージレベル同じでランクAだったから、多分減退状態じゃないかなぁ~~~って、思ってたんだ。
雪歩:ほぅ~、なるほどです。
すらP:まったく見当違いかも知れないけど、そう思えた分、緊張しなかったかも。

そして、アイドルランク発表。
ファンの人数、700,468
キターーーー(゚∀゚)ーーーっアイドルランクB!

すでに、2ndユニット『はる、ゆき。』でランクAまで行ってはいるが、雪歩単独は初。

―そう、今から遡ること5カ月前、'05初冬、涙涙で光の中に消えて行った、初代雪歩―あのとき、新人アイドルと見習いプロデューサーのふたりで果たせなかった夢が、ここに。

感慨深い。

笑顔の雪歩を見つつ、そんなことを考えていた‥‥。

どんネックレスゲット。

―活動36週目―
イメージレベル10
ランクアップ後なので一息ついて、レッスン週。
歌詞レッスン、グッド。
成長したなぁ‥‥。
ファンの人数、702,719人。

ビジュアル服・スコーピオンゲット!

―活動37週目―
イメージレベル10
オーディション挑戦。
地道に3万。

H2、N3、C1。
ランクA・HUMあり、悪徳NPCありのオーディション、如何に如何に。

パフェ狙いも1個落として28点。
これまたフレッシュ勝ち。
まだまだ、新鮮!
ファンの人数、737,487人。

すらP:ゆくぞ!銀河の果てまでも!
雪歩:はっはい~~~。
すらP:‥‥と思ったけど、目指せ!ランクAってことで。
雪歩:(ほ‥‥)

[Today's Tune:First Stage/萩原雪歩]

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧