2006年4月19日

第22話☆あずまこぴー撃沈‥‥

すらP:今日は飲みの約束があるから、さっさと、オーディションを片付けなきゃな~。
あずさ:あら、私も友達と晩ご飯です。
:‥‥ボクは暇です‥‥。

‥‥つーわけで、アキバのトライうっう~~~~タワーにて、レッツプレイ。
今日はギャラリー約1名(飲みの相手とは別人)を背負っているので、なんだかいつもと違う。
くすぐり攻撃を払いながらのプレイだ(TT)。

■あずまこぴー
―活動27週目―
流行:ダンス>ビジュアル>ボーカル
メールブーストでイメージレベル11
これならば、『TOP×TOP』を受けても大丈夫だろう。
ぽちっとな。
最初の審判、参戦メンバーを見る‥‥HUM1、NPC1、CPU4‥‥ほ。まずはひと安心?
‥‥とか何とか思っていると、ブルブルブル‥‥うわ~~~~電話じゃ~~~~~。
かけてきたのは飲みの相手。
待たせるのもどうかと思ったので、電話に出る。
が、最悪なことに電波状況が悪くて、話が伝わらない。
あ、オーディションはじまるぅぅ。
1st、5点。いや、だからゲーセンで‥‥あっ
2nd、5点。終わったら電話するから‥‥うわヤバっ!!
どうにもこうにも会話が成立しないので、強制的に電話を切る。
プチン。
3rd、巻き返して、なんとか10点。

合計20点‥‥む~~。
コレは、無理だなぁ‥‥予想通り、不合格‥‥。

あずさ:ぷ、プロデューサーさん‥‥。
:なんなんですか!?
すらP:す、すまん、ホントに悪かった。

ああ、こんなことなら電話、無視しとけば良かった。

ファンの人数、379,322人‥‥。

やよいに続いて、あずまこぴーも『TOP×TOP』で「チョンボ」のため負けた。
まぁ、やよいの場合はギリギリの調整ミスだからこういうこともあると割り切れるが、今回はまったくもって許されざる事だ。
ゲームの中の話とはいえ、これがリアルだったら‥‥ああ、想像するだけでも怖い。
彼女たちが今後どんなにファンを増やしても、最後まで「TOP×TOPで負けたあずまこぴー」というレッテルははがれない。そう、どんなに頑張っても。

三日月ヘアバンドゲット‥‥も、まったく虚しいばかりである。

そしてギャラリーからは笑われる始末‥‥orz‥‥。

―活動28週目―
敗北によって‥‥リアルテンション激下がり。
ダンスレッスン。ノーマル
あずささんの悲しい過去のお話。
あずさ:‥‥。
すらP:ううう‥‥もらい泣きしそうだ(過去に似た経験あり)。

ファンの人数、381,015人

このまま、あずまこぴーで続けても湿っぽいばかりなので、こんなときこそのうっう~~~やよいに登場してもらおう。

■やよい
―活動27週目―
すらP:あれ?事務所が‥‥すごくなってる‥‥。
やよい:うわ~~~~、なんかすごいかもです!
この前、Lv.3になったと思いきや、早くも事務所レベル4にアップ。
すらP:うわ~~~、豪勢だなぁ‥‥。
やよい:きっとお金がたくさん‥‥。


個人的にはずっとだるい家の上と言うのも風情があって、良いともうのだが(同人誌で出て来る事務所、ほとんどだるい家の上だと思うし)‥‥まぁ、コレも、成長の証と言うことで。

ダブルブーストでイメージレベル11。
と言うわけで30K『DancingBomb』。
NPCとCPUに囲まれて、余裕の30ポイント合格で~っす!

ファンの人数、438,946人!
40万人台に突入だ!!

[Today's Tune:魔法をかけて/高槻やよい]

追記

その日、最初は久々の「蔵」で飲もうと思っていたのだが、テンションが下がってしまったので、その日の飲みはガード下の焼鳥屋になってしまった。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧