2006年4月 1日

F1 2006 Rd.3オーストラリアGP 予選

早くも、開幕第3戦。
例年、開幕戦のオーストラリアGP@アルバートパークだが、今年は現地で行われた他のスポーツイベントの影響で第3戦に移動して開催。

初日はデビッドソンが良いタイムを出していたが、2日目フリー走行は半乾き状態。
どうにもこうにも波乱含みで、バーレーンと同じく、「2日目セットアップが出来なかった」と言い訳をするドライバーが出てきそうだ。

そして迎えた、予選。

以下、夕方まで反転。またも変なリンクが残ってるけど、気にしない。(16:00、反転終了)
1stピリオド
散々コースアウトしてちょっと悲惨な状況の井出がスピンして、コース半分をふさぐようにストップ。
赤旗>そして、再開。
7分を残した1stだが‥‥うわっ、HONDAだせー。
最後までコースインしなかったバリチェロ、アタックラップで井出に引っかかり、17位で脱落。
マシン能力を考えると、ギリギリまで待たなくっても、そこそこのタイム出るだろうに。
ほんと、ノー戦略ね、このチーム。

2ndピリオド
ルノー、マクラーレン勢がさっさと好タイムを出す中、残り5分半でフェラーリ・マッサがコースアウト&クラッシュ>赤旗。
ココまでノータイムのHONDAバトン。
バリチェロの二の舞か?
新人・ロズベルグも苦戦中。

大渋滞の中、再開。
シューマッハ渋滞に阻まれ、タイムが出ない。

残り2分、なんと雨!!
ピットレーンのトラブルで、ちょっと出遅れてしまったバトン、もうダメか?
‥‥と思ったが、何とか通過。小雨だけに渋滞より雨の方がましだったか?

シューマッハ、ロズベルグが脱落。
フェラーリ全滅。

ひょっとして‥‥RとMは数分後に降る雨を読んでたのか‥‥いくら何でもンなわけないか。

3rdピリオド
予選ラストはまた雨も上がって、トゥルーリを除く全車、パレード状態。
最初にアロンソがタイムをだす。見どころ(?)フィジコとの小競り合い。

前戦、くるみと酷評(?)したバトンは相変わらず、画面に映らない。

残り5分半、最近元気のないモントーヤがアロンソより0.8秒前に。
コレを皮切りに各車ファイナルアタック開始!

残り1分半、アロンソ、フィジケラ‥‥あ、久々に一瞬だけ映ったバトンがアロンソを0.5秒引き離してトップ!‥‥性能良いのに、映らないのはやはりくるみ。
残り0秒!チェッカー後にドラマが‥‥無かった。

ポール、HONDA・ジェンソン・バトン(くるみ、ららる~♪)!!
喜んでますにゃ~(@チーム無線)。
HONDAは第1期、1968年以来のポールらしい。

2nd、復活、フィジコ(やったね)
3rd、アロンソ
以下、ライコネン、モントーヤ、ラルフ、ウェーバー
琢磨は前車モンテイロまで1.5秒差で指定席の21位。
井出は22位。重要なのは決勝だ!

HONDA・バトン、決勝で何とかトップを死守して欲しい。
いきなり、横と後ろのルノー勢に抜かれて、orzはヤメテよ~。
早くHONDAの勝利が見たい。
しかし、せっかくのスーパーラップなのにほとんど映っていないのって。

‥‥それにしても、1stで落っこちたバリチェロは‥‥チームもノー戦略だが、井出をすぱっと抜けない思い切りのなさも、バトンと比較するとしょぼく見えてしまう。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧