2006年3月12日

F1 2006 Rd.1バーレーンGP 決勝 1-2-3-4、皆違う

F1'06開幕戦、バーレーン。

新ルールでの緒戦、勝者は新旧王者対決を制した新王者・アロンソ。
タイヤ交換を上手く利用、レースを支配して、今年も王道を行きそうだ。

2位はシューマッハ。ポールからのスタートで粘ったが、ピット作戦で僅かの差が出た。
ピットから出て来るアロンソとのあの一瞬、若い頃の彼だったら、突っ込んでいたかも知れない。

3位、最後尾から舞い戻ったライコネン。予選のトラブルがなければ、ひょっとしたかも?

以下、4位‥‥バトン。なんかパッとしなかった。スタートのミスとやはりチームが無策。正攻法と言えば聞こえは良いが‥‥ピットも3チームと比較するとかなり劣る。5位モントーヤ、6位ウェバー。そして7位が期待のルーキー、ニコ・ロズベルグ。ファステストラップを記録した。それにしてもニコは凄い。予選でスピン、決勝スタートでノーズ交換とルーキーらしいトラブルはあったモノの、初F1でこの堂々とした走りはなんか感じさせるモノがある。一昨日、ブルツと比較したが、あっという間に評価上昇。やはり「腐ってもウィリアムズ」か?

む~予選は面白かったが、決勝はやっぱりピット作戦で決着が付いてしまった。
レース自体面白くなくはなかったが‥‥む~~~って感じ。
コレを何とかするには、やっぱり給油ルールだよなぁ。でも、燃料満載は危険だしなぁ‥‥・。
まぁ、今日のアロンソの勝利はバトンのスタート大ミス(マシンのせいかもしれないが)とマッサのスピンが見えないアシストをした感もあるな。ルノーのスタートがいくら良いと言ってもアレはないだろ。

今日の結果でルノー、フェラーリ、マクラーレン、ホンダ。上位4台いずれも違うチームと言うことで、今年は混戦が予想されるが、やはりルノー+アロンソが1歩リードなのか?

それにしても、フィジケラにバリチェロにモントーヤ。
勝てないドライバーには何かあるのかなぁ‥‥。
トヨタ勢は、かなり厳しい状況だ。

そして、デビュー戦となった、スーパーアグリの2台。
琢磨は何度もピットインするハメになってしまったが、4周遅れで何とか完走。
井出一旦、ピットに収まってしまうモノの再スタート。でも、終盤力尽きた。

緒戦のSAFだが、井出がクルーがスタート15秒前にマシンから離れなかったと言うことでペナルティを食らったり、井出のトラブルで2台が同タイミングでピットに入って琢磨がピットスルーの無駄足食らってしまったり、チームは大忙しだったと思う。ただ、これは初レースだと言うことでは許されないミスだ。F1以外のカテゴリでも同じ事はあると思うぞ?
‥‥でも、まぁ、始まったばかりだ。一歩ずつ上昇して行って欲しい。

追記

でも、マクラーレンのあのカラーリングはむ~???である。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧