2006年2月20日

いまさら、アイマスオンリーを振り返る その1

アイマスオンリーイベント「THE IDOLM@NIAX」から1週間経過―。

その間、新ユニット作成、体調不良、新ユニットからのメール地獄、徹カラ、ワンフェス‥‥とそれなりに「ある意味過酷な」1週間(自分で過酷にしてるんだろうが)を過ごして、ふと忘れてた事に気づく。
「あ、イベントの事書いてなかった‥‥」(当日晩、挨拶的なエントリだけ書いて寝てしまった)。

‥‥というわけで、1/12、都産貿にて行われた「第1回 IDOLM@NIAX」までと当日の活動記を書いてみることにした。

■本番までの過酷な道のり―またも修羅場モード―

‥‥あぁ、やっぱり学習能力がないのか、作業見積もりが出来ないのか‥‥。
フルカラー漫画をやってみた感想は‥‥死ぬ。

yukiponi01_p9.jpgフルカラーといっても左のようなレベル(本文9ページ目)なので、ほかのヒトにはたいしたこと無いんだろうけど、へたっぴいで且つ、作業がノロい自分にとっては「1ページに複数枚のカラー絵を描く」という作業を11ページ、計60コマ分行うワケであり‥‥死んだ。

17~18ページぐらいの話を考え、ネームを切って、ラフ描いて、下絵描いて、線画描いて、取り込んで、修正して、塗る‥‥が、描けども描けども終わりは見えない、特に線画修正がつらくて‥‥しかも雪歩の顔がページを追うごとに変わる。
幸い、印刷は友人宅のカラーレーザーなので、締め切りをギリギリまで延ばして、描けるところまでと言うことにした。

yukiponi01_spec.jpg途中、漫画用フォントが見つからず(ダイナフォントCD家捜しせねば)、色々探して、ツールを使って複数のフォントから漫画フォントを生成(タマキツッコム様、助かりました)したり、線画修正に嫌気がさして、ベクターで絵が描ける「Expresion3」を探したら、マニュアルが見つからず、インストールキーが出てこなかったり(コレも家捜しせねば)、慌てて「ComicStudio EX」(EX!?)を買いに走ってみたり(結局使わず)、印刷用に買っていたB4とA3のレーザー用コート紙(友人自分共に勘違いで、A3まで大丈夫だと思っていた)で印刷できず(事前テスト印刷で判明)、当初予定していた、コピー本の割には豪華本仕様(左図)が実現できなかったり‥‥。

結局、以下の仕様に落ち着く。
サイズ:A5
表紙:インクジェット+光沢紙
本文:カラーレーザー+コート紙1枚2ページ印刷

‥‥今思い返すと、ホントにとほほな紆余曲折を経て、何とか11ページ上げたのが、当日の朝4時頃(ページ数を考え、本文10ページ+フリートークページにしようと思ったが、どうしても話のキリが良くないので、ギリギリで本文11ページに変更)‥‥。

そして、友人宅に印刷に行くのだが、こちらもリアルジョブが火を噴いていて、無理言って対応してもらった‥‥(ココでも、プリンターとコート紙の相性か黒ベタページでインクが乗らないという問題が発生)。結局、印刷と各ページの挟み込み(ホッチキス止め残して)を終えたのが、9:20am‥‥。
‥‥(TДT)‥‥疲れた。

相方は現地へは行けないので、一人で全ての資材を持って浜松町へ向かったのであった‥‥。
オモイヨー。

その2へ続く~。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧