2006年1月24日

ホリエモン式の結末

昨夜、ホリエモンが逮捕された。

時には羨望の対象であり、時には世代の代弁者の一人であり、そして大半は嫌悪の対象であった彼だが、「容疑者」という肩書になってしまった今となっては、これまで人を欺いて得た快楽に相当する痛みを味わっていることだろう。
犯してしまった罪を罪として裁かれるのは当然の報いで、自殺してしまった元部下を筆頭にたくさんの人生を壊してしまった彼は、それを償って生きていかなければならない。
昨年極めた栄耀栄華ははかなくも散り落ち、後に残るものは‥‥?

自分だったらどうだろうと考えてしまう。きっと恐怖に押しつぶされるだろう。
幸か不幸か、そんな大それたことをする意思も度胸も甲斐性も環境も無いが。

さて、ライブドアの今後についてだが、個人的には「ライブドアは虚業」という位置づけにしている。
ただし、それは本体の堀江が率いている買収企業ライブドアのことで、グループにはターボリナックスをはじめとして、「使える」企業はたくさんあると思う。
死んだ牛をハゲタカが解体していくかのごとく、使える子会社を外資が買っていくのか?
それとも、予想される負債のすべてを考慮しても、メリットがあると考え、丸ごと買い上げる企業が出て来るのか?
其処に勤めているヒトにとって、生き残りの戦いはこれからが本番だろう。
株で大損をしたヒトは‥‥訴訟次第なのか?う~む。

‥‥そんな大きなニュースがあったケド、昨日も今日も帰りにゲーセンでアイマスをしていた自分はせいぜいこの暮らしが脅かされない程度に日々を生きていたりする‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧