2006年1月 6日

第10話、ランクアップはビジュアルマスターで

――活動27週目――

すらP:新年一発目かぁ‥‥(年末年始はプレイせず)。
「一年の計はなんとやら」と言う諺もあることだし、ここはしっかりとランクアップしておきたいなぁ。



春香:プロデューサーさんっ、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。あ、これ田舎のおばあちゃんから‥‥。
すらP:おおっ、漬物かぁ‥‥一人暮らしには有難いよ~~。
春香:とぉっても美味しいってご近所さんにも大評判なんですよ~。いつも配って回ってるんです~。
すらP:ほ~~。それは楽しみだ。

雪歩:あ、あけましておめでとうございます~。なんだか、今年初めてって気がしないのは何故でしょう?
すらP:それは、僕の心の中にいつも君達がいるからなのさ~~ららら~~~。
春香:ぷ、プロデューサーさん‥‥どうしたんですか?まさか、まだ正月ボケ?
雪歩:??

すらP:‥‥冗談はこれぐらいにして、とにもかくにも、ランクアップしなきゃな。あと、1万人だ。とりあえず、人数的なハードルは高くないだろう‥‥ということで、今回は特別オーディションを受けてみようと思う。
春香:新年早々、ですか?
すらP:まぁ、新年早々だからこそでもある。
雪歩:‥‥はぁ~~。ドキドキしてきました‥‥。
春香:で、一体どのオーディションを?
すらP:まだ決めてない。


春香:な~~~~。しっかりしてください~~~。
すらP:いや、臨機応変に行こうと。
雪歩:<ぼそ>悪く言えば行き当たりばったり‥‥。</ぼそ>
すらP:‥‥雪歩まで?
雪歩:そそそんな、冗談ですぅぅ‥‥。

‥‥そんなこんだで、今回は特別オーディションにチャレンジ。
思えば、ランクDに上がったときのルーキーズ以来だ。

すらP:さて、どれにしようかな~♪
‥‥ってどのオーディションも高ランカーが居座ってるよう~。
春香と雪歩の手前、「やっぱ、やめま~す」じゃ、カッコ悪いしなぁ‥‥。
むむむ‥‥今の流行はボーカル。そしてうちのユニットはビジュアル‥‥つまり、アレだ!

春&雪:ビジュアルマスター!!

すらP:そう、それそれ!!‥‥って、どのあたりから聞いてた?
春香:もちろん、一字一区聞き逃さないようにしています!
すらP:‥‥orz‥‥。

幸いビジュアルマスターは自分以外にはHUMが一人だけ。
ランクは上だが、コッチはメールブーストでイメージレベル10。しかも相手はボーカルだ。
コレは負けるわけにはいかない。


絶対、取ると意気込んで望んだオーディション。
見事に合格!
すらP:よっしゃ~~!!
春&雪:わ~い!!

5万人オーディション合格で、ファンの数は一気に増えて、289504人>344,139人!

そして、アイドルランクはCに上昇!!
前回あれだけ苦労したのが嘘みたいだ。


――活動28週目――

機嫌がよいウチに間髪入れずオーディションへ。

ブーストも切れて通常モードなので、とりあえず、2万5千人の「発掘!アイドル大辞典」でも。
‥‥しっかり押さえて、トップ合格。

ファンの数はさらに増えて372,774人。

春香:プロデューサーさん!好調ですよ!ゼッコーチョー!!
雪歩:好調です~~。


――活動29週目――

次の週‥‥どうにもボーカルの習熟度が低いので、歌詞レッスン。
何度やっても上手くいかないし、前回はBADを出したが、ここらで一丁決めときたいところだ。
春香1:雪歩5の割合でわけてスタート。

結構な伸びを発揮して、残念ながらパーフェクトは出せなかったが、それでも過去最高。
ボーカルの基本能力がコレまでになく上昇~。
さらに久々のボーナスレッスンも発生して、ダンスレッスンも追加できた(ノーマルだったが)。

三人:♪るんるんるん~今日は、良いことばっかり~。

さらにその晩、メールが届いて、今年一発目は「パーフェクトプロデュース」な一日であった。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds