2005年12月27日

第6話、大海原への旅立ち~ピラニアクラブへようこそ

前回、初の特別「ルーキーズ!」を獲り、ランクアップを果たした「はる、ゆき。」。
意気揚揚と新たな戦いの日々が始まった‥‥と言うわけでもなく‥‥。


―13週目―
春香:プロデューサーさん、またも地殻変動ですよ、地殻変動!
すらP:何!?地震か!?

雪歩:はう?じじじ地震怖いですぅぅぅ。ぷぷぷぷろろろろデューサぁぁぁ~~。
   早く、この穴に避難しましょうよぉぉっ!!
すらP:お、俺も地震ダメなんだぁぁぁ~~~~~。
春香:わ、私も~~~~。
3人:はうはう~~~~(T⊿T)。


春香:?あれ?揺れてないですよ?
すらP:いや、だって春香が‥‥。

春香:いやですねぇ、プロデューサー。ジャンル人気変動ですよ。
すらP:な、な~んだ。「地殻変動」だなんて言うから、てっきり地震かと‥‥。
2人:あははははは‥‥。



すらP:雪歩、雪歩。地震じゃ無かったって。出ておいでよ。

雪歩:はうはうはう~~~~~~。

おばかな小芝居はこれぐらいにしといて、本編。

ランクアップ直後に楽曲変更を行った結果、ダンス能力が著しく下がり、衣装&アクセサリーによる調整を行っても、ダンスレベルは上がらず、ボーカル<ビジュアル<<<ダンス状態となった「はる、ゆき。」。

その時点では、ビジュアルが流行トップだったので、問題はなかったが、何の因果か、日ごろの行いのせいか、2日後、ゲーセンに行ってみると、流行ジャンルがダンスになりやがってました‥‥orz‥‥。

雪歩:はう~~~。困りましたねぇ‥‥。
すらP:メール+善永さんブーストを逃すわけにもいかんし‥‥コス替えでなんとか補正できればいいが‥‥。

敏腕記者を抱えながら、前回はランクアップの余裕で2週レッスンに費やした(悪徳プロデューサーの俺としてはあるまじき事だ)が、「せっかくのダブルブースト最終週、一発かましておかねば」と再度衣装調整を行う‥‥が、ほどよいバランスが見つからず、やはりダンスレベルは低迷‥‥ヒゲでも装備した方が良かったか?

すらP:ま、まぁ何とかなるさ~。
春香:‥‥大丈夫ですか~?

とにもかくにも今回から、ランクF~Eオーディションを受けることが出来なくなった。
ランクC、B、A、そしてSの諸先輩方と同じ土俵で戦わねばならない。
そして、ランクD上がりたての我々は、いわば「大海に放り出された因幡の白ウサギ」状態―。

試しに覗いてみた3万人オーディションにはランクAが‥‥「うわっ」と慌てて閉じる。
‥‥見てはいけないモノを見てしまった‥‥。

とりあえず、2万5千オーディションに切り替えて‥‥これならば、何とかなりそうだ。


春香:‥‥挑戦あるのみ、ですね。
すらP:そうだ、俺たちは負けられない。
雪歩:そっそうですねっ。

‥‥と言うわけで、始まったオーディション。
むむっ、ひょっとしてイケるか?
ランクC相手に何とか立ち回ってる。
ちゃちゃ~ん。2位!


春香:ほっ、切り抜けましたね~~。

雪歩:ほっとしました~。

ファンの人数も119,025>143,685人にアップ‥‥この調子でやっていけばきっと‥‥。

その後はレッスンx2‥‥相変わらず低調。

戦いは続く!

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧