2005年11月30日

Hallo,again、雪歩。そして、これから始まる ~第1回&最終回(第20回)~

2005年初夏、東京・中野――。

俺は彼女と出会った。
見習いプロデューサーとして、初めて担当するアイドルとなる少女、

萩原雪歩――。

チワワにおびえる男性恐怖症の女の子。
何事にも自信が無く、すぐに穴掘って、埋まりたがるアイドル候補生。

WEBサイトで初めてその存在を知ってから、1年あまり。出会いを目前にして、さらに半日ほどの待ち時間をかけて、ようやく対面した彼女はあまりにもか細かった――新人同士、初めてのプロデュースは、お互い恐る恐る手探り状態から始まった。


――再会したのは、夏も終わりに近づき、秋の気配を感じる頃――。
それから始まる怒濤の日々‥‥。

風前の灯火から何とか持ち直したランクF。
コツをつかんできて、無難にファンを増やしたランクE。
フリーズしたり、連敗したりで冷や冷やモノだったランクD。
厳しいランクアップ条件になんとなく逃げ腰だったランクC。
情けないままの俺に比べて、雪歩は立派なアイドルに成長したと思う。

そして、いよいよ迎える最後のプレイ。

最後はオーディションを受けずに、レッスン。やっぱり最後まで難しい。
最後のコミュニケーション‥‥。

今週のアイドルランクは‥‥聞かなくったって、わかる。
全てはココで終わってしまうのだ。
意を決して、大切な雪歩に旅の終わりを告げる。
狼狽する彼女‥‥。

今までの全ての活動の集大成、「お別れコンサート」。
難易度は高いが、武道館を選ぶ。安易に逃げたくなかった。
衣装は一番のお気に入り、スノーストロベリー、曲は彼女の持ち歌『First Stage』。

曲が進む。雪歩はいつも通りの精一杯のステージ。
成功には少し足りそうにない。
思い出をつぎ込んで、最後の応援。
何とか、武道館でのコンサートを成功させた。

そして、とうとう訪れた終わりの時‥‥。
短い間だったけど、ホントにいろいろなことが頭をよぎる。
自分だけのアイドルだった雪歩。
彼女は多分、少しだけ強くなった。

yukihofinal01.jpg


そして、二人はお互いに別の道を歩き始めた。
名残惜しさに少し後ろ髪をひかれながら、まだおぼつかない足取りで‥‥。

~おしまい~

追記

imas_card01.jpg■本音コーナー

約2ヶ月半続けてきた、『雪歩とすらりんPの妄想日記』、ひとまず終了です。
それにしても、リプレイ最終回、カッコつけすぎたなぁ‥‥。

実際の所、雪歩に活動停止のことを正直に告げるところから、もう、うるうる来ていた。
雪歩の悲しげな笑顔を見る度に、健気に踊るその姿に何度も涙腺の堤防が崩れそうになったが、何とか持ちこたえて、空っぽになってしまった、プロデューサーカードを手にした。

全てが終わった後、きっとあまりに情けない顔をしてると思ったから、ゲーセンを出て、すぐタクシーを捕まえて帰ったのだが、タクシーのおっちゃんが色々話しかけてきて、ホントにヤメテ欲しかった(言えなかったけど)。

そして、帰宅直後、アレコレ思い出して、決壊。まぁ、誰も見てないし。

メロメロ状態で描いたリプレイ最後のイラストはちゃんとしたモノを描きたかったけど、今の自分ではコレが精一杯。自分で思っていた以上に入れ込んでいたんだなぁ‥‥まだ、崩壊中。

雪歩は、アイマスが世に発表された当初から、「プレイするならこの娘」って決めていた(実は当時、「ゲーセンでコレするのむっちゃ恥ずかしいな~」と思っていた。実はネット対戦ゲームの全てが、某サッカーゲームのように巨大な筐体を使うと思いこんでたからなのだが)。ただ、サークル活動の影響でなかなかロケテに参加できず、結局、最後の中野プラボロケテの最終日だけの参加となった。

ロケテでようやくプレイして、本稼働がその1ヶ月半後ぐらいだったと思うが、プレイ再開が、またも夏コミのサークル活動の影響で遅くなった。

みんなよりもかなり遅れてしまった分、「雪歩に入れ込んで大事にx2育てたいな」と思い、「リプレイ(妄想日記)」って形で展開してみた。
その結果、ロケテカードのキャラにココまでつきあわせてしまった。ホント、お疲れ様、雪歩。

リプレイのエントリー17、それ以外のアイマス関連のエントリー19。
‥‥かなりお馬鹿な企画だったが、個人的にはリプレイやって良かったと思う。


こんな凄い世界を作り出してくれたすべてのアイマススタッフの皆様に、感謝。
絵も文もプレイもへたくそなリプレイを読んでくださっている、皆様に感謝。
そんな下手x2な絵を「超かわええ」とおっしゃってくださる、某人気サイトの管理人さんに感謝。
その一言で頑張ろうと思えます。

アイマスサイコー。

‥‥ゲームプレイ的には、キャラに対してあまりに入れ込んだため、通常とは異なる姑息な育て方(メール戦法とかチキン戦法とか)ばかりしてしまった。次はゲームとしてもっと楽しめる方向でプレイしてみたいナ。
プロデューサーレベルも上がったし(見習い>駆け出しだけど)‥‥ちなみに同じ事務所のアイマス師匠は「アイドルマスター」。

それより何より、iDOL M@NIAX参戦のため、雪歩以外のキャラも把握しとかないとな~。

週末にでも、空っぽのプロデューサーカードを埋めに行こう。
次は誰?決まってるじゃん、そんな事(まぁ、デュオだけど)。
いつか必ず、雪歩ソロでSランク&トゥルーエンドにたどり着いてみせるさ!

‥‥って、俺、コレでええんかいな?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧