2005年11月18日

PSP強化週間 2 そして、世界はロケーションフリー

「PSP強化週間その2」って事で、今回はロケーションフリー導入記~~。

ここに来る人は知っているとは思うが、Location Free・ロケーションフリー(LF-PK1)はソニーが作った、「ネットワークにTVとかDVDとかHDDの内容を配信することが可能なスグレモノまっすぃ~ン」の事。

ロケフリ(勝手に短縮)自体は、Location Free TVとして携帯型液晶モニター+ベースステーションという組み合わせで発売されていた(さらに遡るとエアボードという先祖にたどり着く)が、今回のLF-PK1は液晶モニターを外し、表示デバイスとして巷にあふれるノートPC(+再生ソフトウェア)を使う事によって、低価格化を実現したものである。

そして、世界で1000万台出ていると言われるPSPに対応することによって(って元から、そのつもりで作ったのだろうが)、爆発的(一部誇大表現)に売れ出した代物だ。

テレビ波を無線で飛ばして、PSPで見られるって事でどういう使用方法があるというと、もう、お風呂テレビ。これしかない(「外出先から視聴する」とか他にも使い道はあるのだが、個人的最優先事項度で考えると比較にならない)。

意外にも「お風呂大好き」のすらじ~は、入れるものならば何時間でも風呂に入っていたい。
でも、テレビも見たい。PSXに撮り溜まってしまったアニメも何とかしなくてはならない‥‥。
そこで、「ロケフリが活躍する」というわけだ。

CASIO お風呂テレビ DV-700W 7V型ワイドDVDプレーヤー内蔵
賢明な御仁ならば「普通のお風呂テレビでエエやん」と思われるかも知れないが、それは過去すでに試し、そして、敗北した―ずいぶん昔にカシオの「お風呂テレビ」を購入した(こんなDVD内蔵のハイスペック機は、当時、まだ無かった)のだが、東京の田舎であるウチの浴室では電波状態が最悪だったのだ‥‥そういえば、この一体デフォルトでCATVだモンなぁ‥‥かろうじて視認出来る電波状態でも、お湯を出すと砂嵐‥‥使えたものではなかった―(遠い目)。

‥‥というわけで、某ビックカメラにてロケフリベースステーションとロケフリ用PCソフトウェアを購入してきた(最初に買おうとしてから、手に入れるまで1W探したが)。

「いざ、接続!!」と勇んで箱を開封したが、ウチのTV周りはPSX、XBOX、ネットワークDVDプレイヤーがありすでに混線状態(ずいぶん片付けたつもりなのだが)。しかも、PSXはアンテナスルーがないと言う凶悪な仕様。その上、PSXもネットワークDVDプレイヤーもOUTが塞がれていて、満足な接続を実現するには手持ちのケーブルがあまりにも不足していた‥‥。

頭の中で配線を考え、翌日、再びビックカメラに出向いた。
アンテナ分波器に同軸アンテナケーブル、AV分岐ケーブル、Sケーブルを2本購入。
コレで準備が整った。

テレビの裏側に回り込み‥‥あ、元々付けてたアンテナ分波器って3分波可能なヤツだった‥‥orz‥‥いきなり無駄遣い発覚。気を取り直して、配線を続ける。
無駄遣い以外は失敗もなく、配線は終了。

次は、ロケフリをネットワークに接続する。
今までの無線LANアクセスポイントを外して、ケーブルをつなぎ変える。
ノートPCにロケフリソフトウェアをインストール。
WEB接続を試みる‥‥成功。
‥‥でも、画像荒いし、動きもカクカクしてるにゃぁ‥‥( ´・ω・)ショボーン。

だが、そんな落ち込みモードもPSPをつないで一掃された。
(PSPは内蔵ソフトウェアを2.5にアップグレードしておく必要があるが、接続は簡単。
ロケフリ背部の接続ボタンを押して、PSPのメニューからロケーションフリーを選択。
後はロケフリに貼り付けられているパスワードを入力するだけ。)

映った‥‥きれ~~~~~~い~~~~~。

PSPサイズならば十分満足出来る映像が表示された。
マルチ機能で動かないから、PCより効率良いのかなぁ?

なんにしても、お風呂お風呂~。
先日購入した、防水パックにPSPを入れて、お風呂にだっしゅ!

‥‥(゚д゚)ウマー。

その日から、我が家のお風呂はテレビ天国となった。

追記

まだ、外部アクセスは可能にしてないが、外からウチのPSX見られたら笑い。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧