2005年10月22日

作画監督の暴走

ノエイン2回目‥‥。

‥‥「誰だ、おまいらは!?」と言うぐらい第1話から絵が違っている‥‥「どちらの絵が好きか?」と問われると、「う~む、どちらかと言うと2話だな」なのだが‥‥。

でも、ある意図を持って、「このキャラクターで行こう」って決めて、スタッフ一丸となって一つの作品を作りあげるわけだよね。確かに、作画監督による絵のタッチの微妙な違いは作品を見ていく上で、一つの楽しみ方を提供してくれるものだと思うが、作監が自分の個性(主張)を出し過ぎて、作品世界を崩すほどキャラが変わってしまうと、1本の作品として並べてみたときに見苦しく、それはその人間の横暴ではないかと思う。

同じようにこのレベルでキャラクターが違うって言うのは、去年の『シノブ』第9話Bパート(作画監督:倉嶋丈康)を思い出す。ただの萌え絵として見ると(;´Д`)ハァハァなのだが、アレはシノブでない。まぁ、あれはあれで良かった(?)のだが。

かつて『めぞん一刻』で鈴木俊二氏が描く独自性を出したキャラクターがどうしても好きになれず、最終回が中島敦子氏の絵であったことに、どれだけほっとしたことか。
(劇場版のもりやまゆうじ氏の絵は論外だった。個人的に。)まぁ、アニメ版のめぞんは話が(四谷氏とか朱美さん達メインの要らない回が入って)、ダメダメだったが。

参考:響子さんねっとめぞん一刻 作画監督比較

kyoko01.jpg‥‥というわけで、10ン年ぶりに響子さん。

ひと演説ぶった割には、似てネェなぁ‥‥(あとで、何とかしておこう)。

‥‥あれ、なんの話、してたんだ?

[Today's Tune:陽だまり/村下孝蔵]

追記

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧