2005年10月 5日

堀内丸沈没の日

史上初の80敗、惨めな事実だけが残った―。

ミスター時代を支えた選手がヒトリ、またヒトリ去り、衰える中、成り行きで監督をする羽目になった『青天の霹靂』監督・堀内氏。

『フロントが長年の間、積もらせた塵、ため込んだ膿』を背負って追い出されるという、貧乏くじを引かされてしまった感がして、今にして思えば、少しだけ気の毒。あらら、某ニュースでは『空白の2年』なんて言われてるし‥‥。
かわいそうに。

来期からの原監督にはのんびり生え抜き選手主体での球団再生を目指してもらいたい。
どうせ老朽化した投打全てにわたって立て直しが必要なんだから、老人達は焦らないように。
仮にあなた達が逝ってしまっても、球団の歴史は続くのだから‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧