2005年10月 4日

琢磨の来期が‥‥

『心配だ』と書いた途端、動きが出た。

Racing-Live.com - 琢磨、来季シートの可能性が濃厚に

ホンダF1記者会見で、『BARH Limited株式100%』取得と『他チームへのエンジン供給』に関しての広報発表があった。

ホンダはレーシングチームBARH Limitedの全株式取得が完了。
来期は38年ぶりにホンダワークスチームとして参戦するとのこと。

第3期参戦当初のごたごたもあったので、正直なところ、「ようやくか~。今まで何やってたんだろ?凄い回り道。」って感じも否めない。
ワークス参戦という意味では完全にトヨタに後れを取ってしまっている。

でも、参戦するからには、是非『レースのホンダ』の本領を発揮してもらいたいモノだ。
鈴鹿でも受け取るフラッグはホンダだから(去年の鈴鹿ではトヨタはかわいいお姉ちゃんが大挙してフラッグとビブスを配っていたが、それを無視。ちなみにホンダの旗を配るのはおっちゃん。そこが好き)。
ちなみにチーム本拠は英国のままであるため、ルールではホンダが優勝しても「日の丸」は揚がらず、「君が代」は流れない(トヨタも同じ)。

上記はすでに周知の事実なので、それほど気になる話ではないのだが、同じ会見の中で「来季、新たに参戦を果たすことが確実視されている新チームにエンジン供給する」という、琢磨の来期に関して、重要なアナウンスがあった。
琢磨は「同チームからドライバーとしてのオファー」を受けていて、来期はそこからF1参戦する可能性があるとのことだ(あくまでも『一つの可能性』というレベル)。

一体、どんなチームだ?
最近参戦が話題に上ったチームとしては、
マクラーレンの2ndチーム『チーム・ドバイ』‥‥でも、立ち消えっぽいなぁ。
このまえ、ミナルディの買収でレッドブルと競争して敗れた『エディ・アーバインとダラーラ』‥‥ダラーラとホンダは過去にRA099を共同で開発していたという過去もあるが‥‥アーバイン!?あのおっさん、チーム監督とか柄じゃないと思うのだが‥‥。
童夢?ルマンも日本のチーム郷が勝ったし、F1でも日本チームが席巻とか‥‥難しいかな。

どのチームが参加するにしても久々のチーム増(最近の完全な新規参戦チームは2002TOYOTAまで遡るが、このときはプロストチームの撤退でチーム数は増えなかった)。
F1に取っては良いことだ!!そして、日本にとっても。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧