2005年10月31日

亜久里?童夢?(゜Д゜= ゜Д゜)

いつも見ている1-800 F1Newsさんによると、「明日、鈴木亜久里氏が新チーム発表」とのこと。

おお~~~!亜久里~~~~!

チーム拠点は元TWRのファクトリーと言うから、当然F1参戦の話だと思われる。
だが、「来期の参戦は不明」、「童夢とのジョイントは2007年から」という、かなり気になる記述もあり、(゜Д゜= ゜Д゜) ど~しちゃうのよ、亜久里!?状態である。

autosport.com一番元の記事(会員登録は有料)

追記

え?ソフトバンク?(゜Д゜= ゜Д゜) ?(すぽるとより)

日本のAUTOSPORT WEBにも掲載されていた(こちらは登録無料)。

ちょいネタだっしゅ!

『ぱにぽにだっしゅ!』を見ていた。

いつものごとく、爆笑してエンディング‥‥くるくる回る文字の中にX68000xviの文字が‥‥。

夜中、ほくそ笑むオヤジヒトリ‥‥。
マホ~ン!

[Today's Tune:ルーレット☆ルーレット/桃月学園1年C組feat.一条さん&桃瀬くるみ]

通販生活のヒト。

アルカリイベントではるこちゃんが「マイブームはネット通販」と言っていたが、オレも負けない。
‥‥というわけで、最近、飛脚さん達やネコとかトリ(は無かったか?)が運んできたもの~。

1.購読しているF1雑誌
 あ、購読、更新せねば。
2.ナナオ24.1インチワイド液晶ディスプレイ
 今見ている画面
3.Amazon、めぞんのCD
 絵を描いていたら欲しくなった
4.六角大王Super5(アップグレード)
 さて、有効利用するぞ
5.電気式グリルパン
 今年の冬の新兵器
6.雑誌、漫画数冊
 雨の日に届いて欲しくないもんだ
7.郵便小包x1

‥‥宅配のヒトは「いつもいつも、コイツ何モノなんだ?」とか思ってるのかなぁ‥‥。
ちなみに、土日は宅配のヒトが起こしてくれるので、早起きできてうれしい。

2005年10月30日

Alice Quartet Live Concertoだってば。

アリカルイベント『Alice Quartet Live Concerto~アリスカルテット ライブコンチェルト~に行ってきた~。そして帰ってきた~。

17:00~19:20、新宿シアターアプル。

イベントはトークとライブの2部構成。間に30分の休憩有りで、実質2時間弱。

司会は男(名前失念)と飯塚雅弓さん。

どうやら川澄さんは遅刻でトーク途中からの登場らしい‥‥ってそれで良いのか?

軽く司会トーク&原作者登場のあと、はるこちゃん出番ですよ~。
飯塚さん共々、いかにもアリカルを意識した(飯塚雅弓はいつもあんな感じか)着飾った衣装。
服トークも飛び出したりで、出演者、みんなきっとそういう感じなんだろうな~‥‥と思っていたら、次に出てきた、斎賀みつき(男前)と島涼香(ちびっ子)は完全に普段着で、普段トーク。島涼香はテンパりキャラで、お金が大好き、こんにゃくに言い得ない過去があるらしい。斎賀さんはダイエーとかヨーカドーの人らしい。
遅れてきた川澄さん、全員トークで飛ばしまくり。

質問コーナーではるこちゃんに好きなアニメの話をさせようとしたようだが、こういう(共演者とか、売る人、作る人とか色々いる)場で、そのネタはやっぱり話しにくいよなぁ‥‥無難に「今日は」ナイン・みゆき・タッチだそうだ。
‥‥てな感じで、飯塚さんと川澄さんが引っ張ってトークはつつがなく終わった。

―30分の休憩―この間、グッズを買うかどうか迷うも、手を出さず。

そして、メイン(?)のLIVEコーナーは何とも中途半端な内容だったぞ。
飯塚さん>島涼香ちゃん>はるこちゃんx2>川澄さん?斎賀さんと思ったが二人ソロは無しで、全員での2曲の計6曲。曲名は‥‥知らん‥‥orz。
30分の休憩無しで、ゲームコーナーとかトークだけでも良かったような‥‥。
Live Concerto(‥‥どういう造語よ?)』と題している割には、音楽成分が少なめでちょっち消化不良気味~。
マホ~ン。

追記

■個人的にのコーナー
飯塚雅弓といえば、まこぴ~。
涙腺を見事に決壊してくれた思い出のキャラ。

斎賀みつきといえば、やっぱりソウルテイカー・伊達京介。
この作品無くして、はるこちゃんとの出会いもなかった。

島涼香といえば、アキハバラ電脳組・花小金井ひばりか?
G-onライダース・倉間ユウキか?『トキメイテ、G-on!』でユウキかな?

川澄綾子と言えば、文句なくまほろさん。

‥‥それぞれの声優さんにいろいろな思い出があったりするわけで、そんな人達が一堂に会している図を見られるだけでも、良かったと思う。思おう。

シアターアプル

これから、シアターアプルへアリカルイベントを見てくる~。
かなりのんびり出勤だが、全席指定だし。

事前知識はWEBサイトと、コンプエース掲載の漫画1回目のみ‥‥。
大丈夫かな?
かな?

雪歩さん、のんびり、のんびり。 ~第12&13回~

地獄の「アイドル番付7連制覇」(オーディション7連戦のことらしい)から生還して、何とか念願のアイドルランクCにたどり着いた、ゆきほとすらりんP(見習い)。

雪歩:‥‥はぁ~~。
   なんだか、事務所が違うんですが‥‥。
   わたし、もしかして道に迷いましたか?
   ‥‥ううう~~。

すらP:雪歩、お疲れ様。
    キミがランクCに上ったおかげで、
    大きな事務所になったんだ。るんらら~♪。

雪歩:へ?


すらP:それに、服も新しくなったし。

雪歩:え?
   あっ、ほ、ホントです~~。

すらP:これも、ランクアップ記念。

雪歩:こっ、これでジャージ生活脱出です。
   プロデューサー!ありがとうございます。

すらP:(あ、常時ジャージ、気にしてたのね~。)

すらP:ここしばらく、オーディションしか受けてなかったから、久々にレッスン漬けの日々も悪くないだろう。

雪歩:そうですね~。

すらP:あれ?あれ?あれ?
   ‥‥全部難しい‥‥。

雪歩:久々ですし~~。

雪歩:お疲れ様でした~。
   また、レッスンお願いします~。
   にこにこ~。

すらP:あ~。厳しかった日々が嘘みたいだなぁ‥‥。

‥‥というわけで、ランクCに上がって最初の3週間はレッスンのみで過ごした。
(まぁ、使い果たした思い出の補充のためのレッスン言うこともあるのだが‥‥。
さらに、「2回出勤で進捗3週」とドルアーガロケテがあったからプレイ数も少ない。)

一時の「切羽詰まった感」もなくなり、まったりモード‥‥果たして、コレでよいのか?
お~い!次のランクまで、まだ38万人も必要だぞ(現在、315,227人)!!

yukiho_surprise_l.jpg服、ホントはもっと下まで描いてあるのだが、アイコンバージョンだとカットされてしまう。
あと、表情も地道ながら増えていたりする。

‥‥というわけで、載せてみた。

[Today's Tune:蒼い鳥/萩原雪歩](<実は最初の曲だったりするのだが、この話は後日)

2005年10月29日

初ビッグサイト上層部

WPC05_08.JPG初めて、ビッグサイトの「あの部分」に登った。

WPCEXPO05の基調講演を聴きに行ったのだが、多分、会議室みたいな部屋があって、そこでぴょろりとやるんだろうなぁ‥‥とか思っていた。

WPC05_09.JPGそして、初体験のあの天国に登るエスカレーターをずんずん登っていく‥‥たっけぇなぁ。

ずんずん。
ずんずん。
ずんずん。

上の方に来たので、携帯カメラで窓の外を‥‥すぐ前にスカート短めのお姉ちゃんがいたので、あらぬ疑いを掛けられぬように大げさに‥‥撮ってみた。

WPC05_05.JPG6F。
窓の脇に見えるのが、見慣れたビッグサイトのあの部分。

でも、やっぱり、1枚しか撮れなかった~~(小心者)。
どうやら、6Fは会議室がいくつかあるみたい。


 
もう1フロア上に登って、7F。
目的地にようやく到着。
扉をくぐってみると、暗闇の中、少しひんやりとした空気とホールが広がっていた‥‥。

WPC05_06.JPGWPC05_07.JPG
‥‥知らなかった、今まで。

ビッグサイトには良く来ているのだが、こんな施設があるなんて。
びっくりさいとだ(うわっ)。
ちなみに、講演は眠かった‥‥。

SoulCalibur3新キャラ

11月23日発売のPS2『ソウルキャリバー3』の新キャラ。

エイミ‥‥。

何も言うまい、さすがナムコ!

それにしても、普通に遊ぶだけでもボリュームたっぷりのキャラクターなのに、さらにシナリオが分岐するらしいし、キャラクタークリエイションでMyキャラクターを作って参戦させることも出来る。

そして、過去のシリーズにもついていたオマケモードだが、もうオマケなんて出来じゃなさそう。
今回は「ロストクロニクルズモード」として驚きのボリュームで繰り広げられるらしい。
一つの格闘SRPGとして発売しても、大丈夫じゃないのか?
いや、前作以前のクエストモードもオマケというレベルのボリュームじゃなかったと思うが‥‥。

石像とだって戦えるぞ

さすがナムコ!!

発売が楽しみだが、11月23日発売のSoulを皮切りに、12/8『Rogue Galaxy』、12/10『Dead or Alive4』、12/10『Ridge Racer6』、12/15『Tales of the Abyss』と立て続けに発売される。
‥‥もう少し、ばらけてくれたらなぁ‥‥って言うか、アレの進行次第では、ゲームやってる時間があるかどうかすら不明だったりするのだが‥‥。

[Today's Tune:The Edge of Soul/NAMCO]
唯一、メインテーマだけは、未だ元祖であるこの曲を超えられないなぁ‥‥。

2005年10月28日

朝、アイマス本、ゲトーー。

件のアイマス本、『アイドルマスタープラチナアルバム』。ネット予約できず前日から本屋をさまよい探していたが、発売日の今朝、書店にてゲトーーーー⊂(゚Д゚⊂⌒`つできた。

普段は「普通本」しか買わない「普通の店」だが、気にしない。
まだ棚にすら乗っていないソレをさりげな~く手にとり、レジヘ。
無事、購入完了。
これで、人生の悩み事が一つ解消された(お安い人生だ)。

それにしても、絶対手に入れたいモノがあるとき、道行くヒトの全てが敵(ライバル)に見えてしまうのは、すらだけなのだろうか?

あ、PS2エウレカ、まだ、買ってなかった‥‥orz‥‥。 

追記

エウレカ、会社帰りに買ってきた~~~~。
これからやるかなぁ。

設置。

S2410W設置してみた。

‥‥懸念していたドット抜けも点きっぱなしも無し。
それにしても、でけえ。そして、ひろい。端から端まで見回してしまう。

なんだか、落ち着かないなぁ。
足の分だけ、モニター位置が高い。結果、見上げるような状態。
スライドさせて下に下ろしてみたが、上向いているからなんか違うなぁ。
高さ調整しなきゃ。

‥‥それから、発熱しなくなった分、室温が下がりそう。
夏はイイのだが、これから寒くなることを考えると‥‥((((;゜д゜)))ガクガクブルブル(用法誤り)。

2005年10月27日

320×1200ピクセルの福音

今日、ディスプレイが届いた。
ナナオの24.1インチワイド液晶ディスプレイ S2410WBlack

1920×1200ピクセル表示可能。コレまでよりも横のピクセル数が320も多い。
この384,000ピクセルがどんな幸せをもたらしてくれるのか?

―初めてパソコンを買って、はや19年。
ついにデスクトップマシンの画面も液晶ディスプレイになってしまった。何だか感慨深い。仕事ではココ数年ノートユーザーなので、液晶に見慣れていないわけでは無いが、この大きさはかつて無い(単純に大きさだけならば今のディスプレイEIZO FlexScanT966の方が巨大だが)。

X68時代、Epson486NAS時代、IBMアプティバ時代、IIYAMA時代‥‥個人的にディスプレイ運は悪い方って言うか、最悪だが今度のこいつはどんなネタを提供してくれるのだろうか?
このディスプレイ、コンシューマー用途だとかなり良い部類の物だと思うが、さて、お立ち会い。

‥‥って、この解像度、PC切り替え器に対応してなかった‥‥orz‥‥。
S2410W01.JPGS2410W02.JPG
※画面はハメ込み合成です。

カウンターぐるんぐるん。

魂狩られはすらじ~が勝手な事を書いて、勝手な絵を描いているサイトです‥‥というわけで、地味なアクセス数をずっと保ってきたわけだが、今朝、突然カウンターの数字がこのサイトとしてはびっくりな増え方をしていた。思わず、狼狽してしまいましたよ~(小心者)。

‥‥どうやら、有名サイト様のいくつかが、雪歩顔アイコンを記事にしてくださった模様。

ありがとうございます。

舞い上がったすらより感謝を込めて、コレまでの雪歩さん表情集、大公開
(大と言うほどのこともないが)。

左:普通
右:しゃべり
左:笑顔
右:頑張る!
左:困りました~
右:ううっ‥‥
左:ほえ?
右:はぁ‥‥。
左:チーン
右:チーン
くるくる~
の11パターン。
こうして並べると、如何に手抜きであるかがわかってしまうなぁ‥‥。
今度強化しよう。

服装は‥‥何故かジャージのみ。

※ホントはたまというサイトのマスコットキャラがいるんですが、雪歩さんがその座を完全に乗っ取ってしまいました。

[Now Tune:First Stage/萩原雪歩]

ギル、旅立つ。

DRUAGA ONLINE』ロケテの続き

~前回のあらすじ~
いつものゲーセンにアイマスをプレイしに来たすらPだったが、『DRUAGA ONLINE』のロケテに出会ってしまう。雪歩を放置して、ロケテに挑むすら。
何とかカードの購入をおえ、いよいよプレイ開始。

‥‥端末の前に、座る。
コインを投入すると、懐かしい音が‥‥画面に触れ、カードを挿入して、いざ、プレイ。

英雄王、ギルガメス。
―ドルアーガとの戦いを終え、王国を復興させ、王位につき、カイと結婚して8年。
ある夜、恐ろしい夢を見た。
ドルアーガが復活して、カイが串刺しにされる夢。不安を感じたギルは遺跡へ走る―。

神殿の中には女神イシターがいて、懐かしの勇気を力に変える金の鎧を与えられたギルは、別の地にて再びよみがえりつつあるドルアーガを討つための旅に出た。

‥‥ってな感じでゲームは始まる。
チュートリアルを経て、初めての冒険―「エピック」というストーリーを進めるためのものと、「クエスト」というキャラクターを成長させるためのものの2種類があり、最初は2つのエピックをクリアしなければ、クエストは出来ないことになっている―。

プチプチとおなじみのグリーンスライムやコレまでのゲームではもっと強敵だったローパー達を倒しながらダンジョンの中を進んでいくと、最深部にレッドスライムがいた。手下のグリーンスライム達に体力を削られながらもなんとか倒す。それにしてもボロボロにされた‥‥先行きが思いやられるなぁ。


次のエピックは、異世界、オーンの平原での冒険。
途中、ブルーナイトから逃げてきた女の子に「おじさん」って言われてしまった~。
ギルも、そんな風に言われる歳になったか~。年齢は20代半ばから上って頃かな。

さらに歩いていくと、これまた懐かしい羽根帽子の少女。ワルキューレだ。
男気を見せて、ブラックナイト達を倒す。
一瞬の出会いだったが、ワルちゃんがどのように物語に絡んでくるのか?楽しみ。

初回プレイはココで一旦終了。
500円+300円。結構、金かかるなぁ‥‥。

画面はクオータービューでリアルになったイシター+NODって感じ。
それにしても、懐かしい(最近もNODで聞いているが)音楽が流れるのはうれしいことだ。
う~ん。サントラほし~~~。

druaga06.JPGそうそう、ロケテ特典でくじ引きができた。

ミミックが出てきたので‥‥はずれかと思いきや、特製ドルアーガCDケースをもらった。

ありがとうございます。

雪歩:‥‥で、アイドルマスターはやったんですよね‥‥。

すらP:それは当然。ちゃんとやったよ。
   リプレイはまた今度。

雪歩:そうですか~。どうなったのかなぁ~。
   ドキドキ。

‥‥というわけで、アイマスをプレイしたあと、再び挑戦。

初めてのクエスト。
ストーリーを選択して‥‥って、なんだか、難易度を表す剣の本数がやたら多いなぁ。番少ないヤツでも4本かぁ、普通なら、1本か2本だよなぁ‥‥なんて思いながら、それを選択。

‥‥ううっ、つっ強い、ってか、自分が弱い。
多分CPだと思われるお助けカイたんに助けられながら、奥に進んでいく。
敵はカイが倒して、宝はギルが取る。

そんな感じで、あからさまに怪しい最深部へ‥‥あれ?カイ?カイさん?
‥‥ガ━━(゚Д゚;)━━ン!カイとはぐれてしまった~~~~~~。
巨大なネクロマンサーのようなボスと、そいつが生み出すスケルトンにタコ殴りにされ、あっけなく昇天してしまうギル‥‥ああああ‥‥。

あまりの惨敗に‥‥「最低だ、オレって」と、呪いの言葉を吐きつつ席を立つと、スタッフの方が話しかけてくれた。「今日、ロケテ最終日だから、難易度が高いクエストばかり入ってるんですよ~」「そっか~。オレが下手すぎるってわけじゃなかったんだ~~(;´_`;)」オレにとっては、その一言が救いだった。

こんな感じでロケテしてきたのだけど、感想。面白い。もっとプレイしたい。強くなりたい。
(ナムコ&ドルアーガ大好きなので、多少ポイント甘めかも)

‥‥あと、手が痛い。
ずるずる指で画面をなぞるからだよなぁ。
でも、目標をぱっと触ってぱっと離すって芸当が出来ない。
PCのマウスのような感覚でやればいいのだと思うが、何となく、ナメクジのようにずるずる。
上手くなる前に指が1cmぐらい削れてしまいそうだ。

む~。


そういえば、いつもどこのゲーセンに行っているか、バレバレだなぁ‥‥。

[Today's Tune:サキュバス(イシター)のテーマ/NAMCO]

2005年10月26日

お目千葉。

千葉ロッテマリーンズ、ロッテオリオンズ時代以来31年ぶりの日本一。

おめっとさん~。
まぁ、久々と言うことで、それは良いことだ。

でも、納得いかない阪神ファン、居るだろうなぁ‥‥。

シーズン最後にそういう思いを抱くヒトが出てしまうルールは娯楽として如何なものか。

種食玩と景表法と公取委

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - ペプシおまけのガンダムは「懸賞品」…公取委が注意

ペプシ「種フィギュア」、景品表示法(以下、景表法)違反で公取委から注意。

食品などに付いてくる景品の内容物ががわかないモノは懸賞品であり、商品価格の2%以下でなければならない‥‥。

150円x0.02=3円‥‥orz。

コレって、今後、「ブライドボックスの食玩」もダメってことかにゃぁ‥‥。

転売erとか無くなれば世のため良いかもしれないが。

雪歩:でも、転売erさんに救われることもありますし。

すらP:善し悪しについて、一概には言えないって事か。

雪歩:そうですねっ。

なんにせよ、レアアイテム集めを純粋に楽しんでるヒトには寂しいことだなぁ‥‥。

2005年10月25日

CDGウイング‥‥と新予選方式とタイヤ交換復活!

Racing-Live.com - FIA、CDGウイングを公開 2008年導入を目指す

昨日、F1の新しい空力制限案がFIAから発表された。

‥‥コレ‥‥CDGウイングという名前らしい。

Cシャシー
Dデザイナー
Gげんなり
ウイング?

リアウイングがシャシー後端部分には無く、2つに分かれて、リヤタイヤの上にのみある。
現在、前車が発生させる、乱流によって、スリップストリームに付くメリットが失われているが、このデザインにすることによって、後方への乱流が押さえられ、スリップストリーム効果が復活するらしい。

リンク先のデザイン画を見る限りそれほど気にならないのだが、実際の車になってみると、「うあ~~~~」、なんだろうなぁ。む~、オーバーテイクも重要だが、F1マシンはビジュアルも大事だと思う‥‥でも、どちらかと問われると、やっぱりオーバーテイクの方が大事かな。


それから、新しいノックアウト方式の予選が承認された。
最初の15分で20台>15台、次の15分で>10台。
それぞれ、タイムの悪かった5台ずつが脱落していく。
そして、最後の20分を残り10台で走って最終的なグリッドを決定する。
‥‥単純にマシンがたくさん走る。
刻々と迫るタイムリミット。各車、一斉にコースイン!誰がポールポジションを得るのか!!
白熱した予選になることを切に願う。

次は、タイヤ交換復活
今期何度も問題になったタイヤ交換無しルール。
無交換ルールで検索すると、でるわ、でるわ批判の山。
たった1年で撤回されることになった。
コレ(無交換ルール)を考えた、FIAスタッフは坊主ね。

さて、コレで、「タイヤに厳しい」とされるドライバーの復権はなるか?
「厳しい」と言っても、このレベル。
紙一重の差なわけだから、色々変わってくるかも知れない。

雪歩‥‥と思ったが、ドルアーガ。

いつも穴を掘っている少女、雪歩から「穴に埋まりたいメール」が届いた。

雪歩:私のこと忘れていませんよね。
   さびしくって涙が出てきちゃいますぅ‥‥うう‥‥。

すらP:い、いや、そのブーストを‥‥。

雪歩:うう‥‥穴に埋まってきますぅ~~。
すらP:す、すまん。


‥‥というわけで、夜も遅くなって出勤。

 
‥‥いつものゲーセンに行くと、『DRUAGA ONLINE』のロケテ中。


あ、わすれてた‥‥待ち時間15分かぁ‥‥よし!
‥‥いざ行かん!バビリム王国へ!

雪歩:うう~。私はどうなるんですか?

すらP:ロケテの影響で人が多くて
   (日曜の22時を回ってるのだが)、
   アイマス端末全部使用中だし‥‥。
   まず、ロケテからね。
雪歩:ううう~。
   私、穴に埋まってます~。
すらP:雪歩ぉ~すまん~。

 
ロケテ用ハードは「ステーション」(=プレイ端末)4台と、「コミュニケーションタワー」と言うICカードベンダーを兼ねたユーティリティ端末が1台の計5台構成。

ゲームをプレイするためには、キャラクターを保存するためのICカード(500円)を購入する必要があるのだが、その時、ちょっとしたトラブルがあった。
前の人がカードベンダーに間違えてコインを投入した模様。スタッフの方も困っていたので、100円を彼に渡して、コッチが400円入れて、カードを購入。

‥‥かく言う自身も稼働中のアイマスで経験した事だけど、最近の筐体はコイン排出ボタンが機能しないのだろうか?たしかに、コンティニューの割引システムなどが複雑化した昨今、そこまで考慮できないのかも知れないし、まだ、ロケテバージョンと言うこともあるだろうが‥‥。
修正されると良いなと思う。

それからカードの購入方法自体が、ちょっとわかりにくい。
カードベンダーを兼ねている「コミュニケーションタワー」の下の方のコイン投入口に100円×5枚投入すると、「にゅにゅにゅ」ってカードが出てくるのだが、画面のメニューから、カード購入、キャラクターメイクまで一連の作業が出来るともう少しわかりやすいかなぁと思った。

タワーの構造上、誰かがタワーを使っているときは、どの道、カード買えそうにないし。

======================

カード購入
   >キャラクター作成
   >キャラクターは作らない
※キャラクターはステーションでも作成可能です

======================
どちらかを選択後、イシターが出てきて、「銀の力を与えなさい」でコイン投入。

‥‥まぁ、慣れてる人に言わせたら、単にお金を入れた方が早いんだろうけど。

druaga04.JPGそんな事もあり、ようやく、念願のカード(まだキャラは入っていない)を手に入れた。

カードはアイマスの磁気カードと異なり、ICカードを採用。
ちょっと厚めで、財布がかさばる。
ちなみにJRには乗れないぞ。

druaga02.JPGマニュアルの小冊子をもらってそれをパラパラッと見て、コミュニケーションタワーでキャラメイク(ステーションでもOK)。

やっぱ漢ならカイたんかワルたんでしょ‥‥って事で、一旦カイを選択したものの、「上級者向け」という表示に思わずたじろぎ、そして、長いプレイをすることになるのを考え、やっぱ男はギルだよなぁ‥‥と、あっけなく方向転換してしまった。

だが、後で気づいたのだが、今回のカードはあくまでロケテでのみ使用可能。

そう、そのカードと「長いおつきあい」は出来ないのだった‥‥カイにしとけば良かった‥‥。

そして、ようやくプレイ‥‥なのだが、今日はここまで。
続く‥‥ハズ。

深夜。ぼけっとテレビを見ていると

‥‥日テレの『月曜映画・シネマサイレントナイト』という番組で‥‥着物を着た女の人が三味線を弾きながら、映画の説明をしてる‥‥ん?この声、どっかで聞いたことがあるような‥‥。

ハイジ?(<月詠のネコ式神)

‥‥検索検索‥‥ぴんぽ~ん。

月詠ハイジ役の山崎バニラさん(ハイジ役としては山崎雅美さん)でした~。

月詠DVD6巻の冊子で、「弁士もやっている」って書いてたけど、弁士の仕事も、あの声で演(ヤ)るのね~。
「おい、しもべ~~~」

それと、メソウサも彼女なのか~。
いや~、世の中、知らないことばかりだ。

2005年10月24日

アイマス本、難民決定!?とキャンペーン開催

‥‥すっかり予約を忘れていた、アイマス本、『アイドルマスター プラチナアルバム』。

今朝、「ああ、忘れてもうた~」と思いだし、ネット通販で探してみたが、AMAZON、楽天、7&Y、JBOOK、販売元のエンターブレイン‥‥どこに行っても予約できない。

‥‥プレミアムキット、CDに続いて、またも、難民か?
初回特典なんて付いてたっけ?
近所の本屋で探すのがベターかな?

雪歩:ううう、プロデューサー、困りましたね~。

アマゾン:アイドルマスタープラチナアルバム

追記

そうそう、今週、10月26日から、アイマスがタダで出来る
『アイドルマスター はじめようキャンペーン!』
開催~~~!

ゲームウォッチのサイトで詳細が紹介されている。

チュートリアルプレイがタダで出来るらしいぞ。
未プレイのヒトは是非!!
ライバルは増えるかも知れんが、プレイヤーが増える=ゲームの寿命が延びるだからね。

それから、ケータイサイトのアイドルマスターでも、300ポイントプレゼントのキャンペーンが!
ポイントでアーケードゲーム内で使える装備を買おう!

雪歩:私、忍者セットが欲しいです~。
   しゅたた~。
   それと、他の娘のプロデュース、しませんよね?

すらP:ぎくっ!

4万~。

ようやく4万。

いつもお越しいただきありがとうございます。
しがないサイトですが、今後とも遊びに来てやってください。

恒例の
現在のペースで10万アクセスまでかかる残り時間を計算してみようのコーナー

さて、3万(8月3日)>4万アクセスにかかった日数は、2ヶ月と21日。

前回より微妙に早かった。

10万アクセスまで、あと6万。
単純に掛けて、2ヶ月x6+21日x6=12ヶ月と126日。
‥‥126x30(日/月)=4あまり6。
たして、16ヶ月と6日。

あと1年4ヶ月ちょっと‥‥かな。

それにしても、いい加減な計算だ。

3万アクセスの時
2万アクセスの時
1万アクセスの時

2005年10月23日

響子さん好きじゃああぁぁぁぁ!

超久々の『魂狩られキャラ』。
ちなみに前回は2005年1月24日2月1日2月8日(完成)の#8マルチ。

この間、葉月とか将来それに含まれるであろうキャラの絵も描いているが、まぁ、『魂狩られ』自体がオールドキャラを懐古するという趣旨だから、そういうことで。

‥‥というわけで、魂狩られキャラ・第9回目は、音無響子さん。
高橋留美子先生の最高傑作(<オレ認定)『めぞん一刻』のヒロイン。

物語は浪人生五代裕作とアパートの管理人で未亡人の音無響子が6年の月日を経て、結ばれるというラブストーリーなのだが‥‥まぁ、超有名作なのでココで語るまでもないか。

原作の連載開始は1980年11月号だから25年前‥‥うあ~~~~~。
そして、1987年4月20日号の最終回まで6年半。
創刊から連載を開始したスピリッツはその間、月刊>隔週刊>週刊と成長していった。

無論、連載が青年誌の作品だったので、当時子供だったオレが開始時からリアルタイムで読んでいるわけもなく、この作品にハマったのは、物語もすでに後半にさしかかった1985年。
アニメ版が始まる少し前ぐらいではなかっただろうか?
『うる星やつら』には否定的だった親も『めぞん』は好きだったなぁ‥‥。
作中では、もう、モロに五代君に感情移入しまくりで、最終回は大感動だった。

響子さん(「さん」は絶対外せないキャラだ)は、美人で、面倒見が良いお姉さん。
でも、ヤキモチ焼きで強がりで‥‥そこがかわいい。
島本須美さんの声もイメージあってて良かったなぁ~。

一時期、本気で、「お姉さん派」に宗旨替えしようかと思ったが、残念ながら現実には、そんな「綺麗なお姉さん」が出現することは無かった。

kyoko01l.jpgで、今回の「魂狩られ絵」はこんな感じ。

線画は前回ちょろちょろって描いたときと同じモノを多少クリーンアップして、色調を全面的に見直してみた。

実際は、全面にかけた「色調補正」を外しただけなのだから、基本的にこちらの色の方が本来の色だったりするのだが。

‥‥自分なりに表現してみた響子さん。個人的にはお気に入り。
あ、ぴよぴよエプロンもちゃんと描けば良かったなぁ‥‥。

ちなみに背景は、いろんなモノからコラージュ&画面効果を適用してして作った一刻館もどき。

今の萌えキャラ量産の時代だからこそ、敢えて言おう、「響子さん好きじゃああぁぁぁぁ!」と。
ジーク、響子!
ジーク、響子!

[Today's Tune:悲しみよこんにちは(めぞん一刻 テーマソングベスト収録)/斉藤由貴]
※ちなみにアニメ版、序~中盤は脱線しすぎであまり好きじゃないヒト。ラストは好きだよ。
 でも、主題歌はどれもイイ。

追記

■自分用備忘録・『魂狩られキャラ』一覧

#1 2002.12.03 惣流・アスカ・ラングレー(新世紀エヴァンゲリオン 1995)
#2 2002.12.23 ヴァニラ・アッシュ(ギャラクシー・エンジェル 2001)
#3 2003.03.01 綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン 1995)
#4 2003.06.05 綾小路麗夢(ドリームハンター・麗夢 1985)
#5 2004.02.07 小川美紅(ウイングマン 1983)
#6 2004.06.15 ワンダーモモ(ワンダーモモ 1987)
#7 2004.09.09 安藤まほろ(まほろまてぃっく 1999)
#8 2005.02.08 HMX-12・マルチ(ToHeart 1997)
#9 2005.10.23 音無響子(めぞん一刻 原作:1980、アニメ版:1986)

‥‥ヒト(オタ)に歴史有り‥‥?
あ、ヴァニラさんだけリアルタイムキャラだなぁ‥‥。

超強え~~~~~~~!

普段は見ないけど、競馬。菊花賞。

ディープインパクト。3冠達成。無敗の3冠達成は21年ぶり。

激強。
2冠目、日本ダービーの時も強かったが、3冠目も強かった。
速いペースではなかったが、じっくり勝った。

単勝1倍だそうな。すでにギャンブルになっていないほどの強さ。
馬自身にとっては3冠のプレッシャーなんてきっと関係ないのだろうが、勝って当たり前のように思われている馬に乗る武豊のプレッシャーは相当なモノだったろう。

強者が筋書き通りにしっかり勝つ―それは美しい戦いの典型ではないだろうか―。

カラオケ中

只今、テツカラ中。

今週末は、夜しか時間ないので、日中辛いかもしれないが急遽参加。

とりあえず、『黄色いバカンス』歌えたので満足。
 

2005年10月22日

たまには仕事をしてみる‥‥

珍しく、仕事中。

そして、日本シリーズは阪神vsロッテ‥‥。
あれ?こっ、このシーンは一度見たことがある‥‥デジャビュ?

‥‥阪神vsロッテのシリーズなんて過去にないぞ。
‥‥疲れてるのかな?
あ~だり~。

[Now Tune:アイスキャンディー/MAKO]

作画監督の暴走

ノエイン2回目‥‥。

‥‥「誰だ、おまいらは!?」と言うぐらい第1話から絵が違っている‥‥「どちらの絵が好きか?」と問われると、「う~む、どちらかと言うと2話だな」なのだが‥‥。

でも、ある意図を持って、「このキャラクターで行こう」って決めて、スタッフ一丸となって一つの作品を作りあげるわけだよね。確かに、作画監督による絵のタッチの微妙な違いは作品を見ていく上で、一つの楽しみ方を提供してくれるものだと思うが、作監が自分の個性(主張)を出し過ぎて、作品世界を崩すほどキャラが変わってしまうと、1本の作品として並べてみたときに見苦しく、それはその人間の横暴ではないかと思う。

同じようにこのレベルでキャラクターが違うって言うのは、去年の『シノブ』第9話Bパート(作画監督:倉嶋丈康)を思い出す。ただの萌え絵として見ると(;´Д`)ハァハァなのだが、アレはシノブでない。まぁ、あれはあれで良かった(?)のだが。

かつて『めぞん一刻』で鈴木俊二氏が描く独自性を出したキャラクターがどうしても好きになれず、最終回が中島敦子氏の絵であったことに、どれだけほっとしたことか。
(劇場版のもりやまゆうじ氏の絵は論外だった。個人的に。)まぁ、アニメ版のめぞんは話が(四谷氏とか朱美さん達メインの要らない回が入って)、ダメダメだったが。

参考:響子さんねっとめぞん一刻 作画監督比較

kyoko01.jpg‥‥というわけで、10ン年ぶりに響子さん。

ひと演説ぶった割には、似てネェなぁ‥‥(あとで、何とかしておこう)。

‥‥あれ、なんの話、してたんだ?

[Today's Tune:陽だまり/村下孝蔵]

追記

2005年10月21日

天国?地獄?雪歩、決戦!ランクC ~第11回~

あと2週。
残り38,626人。

あ~、なんかドキドキしてきた。
一度でも負けたら、即アウト。何しろ、5万人のオーディションなんて、受けたこともないし、特別オーディションを見回しても、受かる要素がない。

またもメールブーストを利用して(<だから進みが遅いんじゃ)、しかも、終電後の深夜、人が減って(いるであろう)時間帯を使う『チキン戦法』を使い――ていうか、終電使ってゲーセンに行くオレって、一体――必勝を期す。

すらP:‥‥困った‥‥。
雪歩:どうしたんですか?

すらP:いや~~、前回のオーディション後、敏腕記者さんが付いてくれたおかげで、イメージレベルが10になっちゃってさ~。
雪歩:よかったですね~。

すらP:‥‥2万人クラスのオーディションが受けられなくなった‥‥。
雪歩:えっ、ええ~~~~。

敏腕記者‥‥そう、そのアイドルにとってイイ記事を書いてくれて、一時的にイメージレベルを上げてくれるお助けメカ‥‥だが、しかし今の目標は2週で4万増。
安全性を高めるために3人合格する2万人クラスのオーディションに2回受かれば良いのだ。
で、その2万のオーディションにはイメージレベル7以下でないと参加できない。
だが、一時的にイメージレベルが上がってしまったために、参加不能。
またしても予定変更せざるを得ない有様に陥ったのだった。

雪歩:はぁ~、思った通りに進みませんねぇ‥‥。
すらP:そうだな、人生、なかなか思うとおりには進まないものだな‥‥。

二人:ハァ~~~~‥‥(タメイキ)。

すらP:でも、イメージレベルも上がってるし、頑張って2万5千を突破してみよう。
雪歩:はい。

‥‥ていうか、ヒト対戦を避けるため、終電後に来たはずのゲーセン。
‥‥なのに何でこんなに席が埋まってるんだ?
(そして、唯一空いていた席は例のフリーズした端末)

しっしっ、どっか行け!おまえら、他にやることねーのかヨ!(<オマエモナー)
ただいまの時刻、午前0時半‥‥オーディションはHUMぞろい、CPUはヒトリだけ。
ネットの向こうもヒトだらけ、なんでやねん?
アイマス、恐るべし‥‥。

すらP:とっ、とにかく、ココを突破しなければ、俺たちに明日はない。
雪歩:ふっふええええ~~~ん。

すらP:ああああ、相手は強敵ばかりかも知れんが、
   イメージレベルを見る限りでは十分対抗できるはずだ。
   いや、っむむ、むしろ楽勝のハズじゃないか。
   ががが、頑張ろう。

雪歩:は、はいぃぃぃ‥‥。


勇んでオーディション会場に来てみたが、いざ、本番直前になると、二人とも緊張のあまり、がっちんがっちん。なんとしてもこの2連戦を突破せねば、全ては水泡に帰す。

「ゲーセンで」っていうか、「ゲームで」こんなに心臓がバクバクなった事は未だかつて無いぞ。

まず、第1中間審査、思い出1を消費して‥‥。
すらP:おっフルマーク!ひょっとして楽勝?

‥‥と言うことで、第2中間審査は思い出を使わない‥‥
雪歩:あわわ~、ノーポイントです~~~!!
すらP:うわわわわ~~~。

第3中間審査は、第2の分も含めて2個投入。
元々、イメージレベルは一番上なのだから、ふつうに戦っていれば何とかなる。

雪歩:フルマークです~~~。
すら:こ、これで多分大丈夫‥‥。

(;´Д`)ハァハァ(<表現が違うぞ)。
何とか2位でオーディション通過。一瞬たりとも気を抜くことが出来ない。
この緊張感が何とも言えない。合格の表示と共に思わず、端末上に突っ伏してため息。

はぁぁぁ~~~~~。
敏腕記者が居なくなったから、2万人オーディション受けられる~~~。

ファンの数、288,914人。
次のランクまで残り2万人を切った‥‥っていうか、思わぬ事態であと1万人ちょっとなのだが‥‥。

残り1週。どっちにしたって、オーディションに受からなければ意味はない。

雪歩との日々が続くかの終わるのか。
後悔しないようにもてる全てつぎ込もう。

メールブーストはかかっていないが、今の勢いで一気にケリをつける!!

雪歩:い、いよいよです。

すらP:泣いても笑っても、ランクD最後の戦いだ!!
雪歩:頑張ります!

参加者代表挨拶を含め、オーディション前の全ての選択がうまくいって、調子に乗る。

後悔はしたくない。残り3つしかない思い出を全てつぎ込み、全力で臨む。

雪歩:はっ、とうっ、えいっ(イヤ、ゲームが違う)
まず、第1中間審査。
フルマーク。

引き続き、第2中間審査。
ここも全て押さえた。コレは楽勝!?

そして、最後の第3中間審査――。
油断せずに、慎重に、且つタイミングを合わせて‥‥。

やった‥‥30ポイント全て取った‥‥。

すらP:‥‥つ、遂にやった‥‥。

雪歩:‥‥や、やりました、やり遂げました~~。

すらP:ゆきほ~~~~~~~!
雪歩:プロデューサ~~~~~~~!

ひしっ(脳内)

雪歩:コレで、まだまだアイドル続けられます~。

すらP:2連敗したときはどうなることかと思ったよ。
すらP:それも今になれば良い経験だったなぁ~。

雪歩:そうですね~。

二人、一時的に放心状態。

つ、疲れた。

――そして、夜。

社長:では、お待ちかねのアイドルランク報告だ!!

二人:ドキドキ‥‥。

じゃじゃ~ん!!
311,245人!!

おめでとう。
今日から、アイドルランクCだ!!

二人:‥‥‥‥じ~~~ん‥‥‥‥。

ついに到達した、念願のランクC。
1万人集めるのに四苦八苦していたあの頃や、10万人に到達して有頂天になっていた頃‥‥それまでの苦楽、いろいろな思いが走馬燈のように巡る‥‥ランクDだけの季節イベントも見られなかったが、今はランクアップだけで、もう、胸一杯‥‥。

さぁ、次回からはいよいよ、念願のランクCでの日々だ!!

[Today's Tune:First Stage/萩原雪歩]

2005年10月20日

WILLCOMのWindows電話は地下鉄通勤ブロガーを満たしてくれますか?

ITmedia D モバイル:ウィルコム、VGA液晶のWindows Mobile端末を投入──W-SIM対応の「W-ZERO3」

WILLCOMからW-SIM(*)を使ったWindowsPHS『W-ZERO3』が12月上旬に発売されるとのリリースが出た。開発はザウルスで孤高の世界を築いたシャープ。

新京ぽんとどちらを取るか、非常に迷うところだ‥‥どっちかって言うとWindowsPHSの方が人柱ッぷりが発揮できそうな気がするにゃぁ~。

WILLCOMの商品紹介
シャープのスペシャルページ
シャープの商品紹介

‥‥というわけで、スペックを見てみよう‥‥。

OS:Windows Mobile 5.0 for Pocket PC
表示:3.7インチ液晶 VGA(640x480)
通信:W-SIMによるPHS通信+無線LAN(IEEE802.11b)
インターネット:Internet Explorer Mobile(Flashコンテンツ閲覧可能)
マルチメディア:WindowsMediaPlayer10
デジタルカメラ:133万画素CMOS動画撮影可能
入力デバイス:十字ボタン、アプリケーションキー、QWERTY配列スライド式キーボード、スタイラスによる画面タップ入力(文字入力には対応しないらしい)
メール:WILLCOMメール、ライトメール、POP3/SMTPメール
データ入出力:miniSDカード、USB

内蔵ソフトウェア:Excel Mobile、Word Mobile、PowerPoint Mobile、その他

無論、通話可能(ちょっと恥ずかしい)。
VisualStudioでのソフト開発も出来るので、Windowsプログラム経験者ならばアプリを追加することも可能。
EXCEL/WORDは編集も可能。
QWERTY配列のキーボードが付いているので、メールとかブログとか書き物に力を発揮しそう。
‥‥でも、今みたく「PHSでこそっとブログ書き」は出来ないなぁ‥‥このサイズだと。

プレスリリース(WILLCOM)

‥‥やばい、デカい、超絶に欲しくなってきた~~~~~~~!
来週、WPC-EXPOに行ってくるが、コレが一番の目的になりそうだ。

(*)2005/07/13日のエントリ、WirelessJapan2005で見てきた

四体合体!B・A・R?

SUPER H2Oについてきたオマケ。

h2omodel01.JPGh2omodel02.JPG
h2omodel03.JPGh2omodel04.JPG

4種類のパッケージ‥‥つまり、4つのパーツに分かれている。

h2omodel05.JPGh2omodel06.JPG
h2omodel07.JPGh2omodel08.JPG

それぞれの中身。マシンのパーツと、小さいステッカー入り。

h2omodel09.JPG

超電磁合体!!

h2omodel10.JPGh2omodel11.JPG

参上!!B ・ A ・ R Honda 007~~~~~~!

‥‥バカだなぁ‥‥出費約600円‥‥。
仰々しい作りの割には、モデルの出来はあまり良くないなぁ。

2005年10月19日

雪歩、連敗からの再起? ~第10回~

残り、3週‥‥あと6万7千‥‥。
26万人に届いたと思った瞬間、二人を襲ったフリーズ。
その後の連敗‥‥。

雪歩:ぷ、ぷろでゅ~さ~。
   あと3週でお別れなんですか~?

すらP:うう、そ、そんな事はない~~ハズ(弱気)。

雪歩:で、でも、最近、次のユニットのこと‥‥とか、
   考えていませんか?
すらP:(ギクリ)そそそ、そんな事はない、断じてない!

雪歩:‥‥でも、あと3週で6万5千人なんて‥‥。
   この3週間で、3万人ぐらいしか増えてないんですけど‥‥。
すらP:うっ、いつになく、鋭いツッコミ‥‥。

実際の所、かなり、追い込まれている。
ゲームを始めたばかりの頃以来のオーディション失敗。それも2回連続。

意気消沈して、最近はラストコンサートとか、次のユニットとか、雪歩との別れのこととかが頭をよぎって電車の中でもそのことばかり(<ダメ人間)、仕事もまるで手に付かない(<完全ダメ人間)。
一体、どうなってしまうのか。

‥‥何はともあれ、オーディションを突破し続けるしかない。

残りの6万5千を割って、2万5千、2万、2万の3連戦。
実質、前回からオーディション7連戦となり、レッスンが全く出来ない上に、思い出の数が8個しか無く、非常に厳しい。
だが、今はこの方法でしか次のランクに到達できそうにない(思い出、18個あった筈なのにぃ)。

いざ!プレイ‥‥と思ったが、ココでさながらギャグマンガのような、愚かなミス‥‥。

すらP:‥‥雪歩、すまん‥‥。
雪歩:あ、あっあは‥‥人間、失敗はつきものですよ~。
   ファイト、ファイトですよ~。

すらP:な、なんで、このタイミングで
   『曲変更
   なんて触っちまったんだヨー、オレ!!

‥‥前回、「思い出を使いながら、バッド」を出してしまったため、「指慣らしの為」とか考え、画面端を「ぺぺぺぺぺぺ‥‥」とタッチしていたら、思わず‥‥。

雪歩:し、新曲で頑張ります!
   『First Stage』!
   この曲ならば、私、頑張れそうな気がします!

すらP:雪歩‥‥おまえってヤツは‥‥。

完全に想定外のミスで、アーティストイメージがボーカルからダンスに変わってしまった。
今まで積み重ねてきた戦い方が出来なくなってしまう。
この期に及んで本当に自分の愚かしさに情けなくなる。
曲変更自体はランクCに上がってから、すぐにでもやろうと思っていたのだが‥‥。

すらP:ゆ、雪歩、頑張ってくれ!
雪歩:はっ、ハイ!

失敗はあったが、例によってメールブーストがかかっているため、テンションは高い。

雪歩:頑張ります~。

失敗を取り返すかのように、♪攻め、攻め、攻めの攻めダルマ~。
ゲームでは慣れない曲ながら、CDはさんざん聴いていたので、リズム感は問題なし。
ダンスだけは他を圧倒して、何とか、2位を確保。

雪歩:頑張りました~。
すらP:ゆきほ~~~、ありがとう~~~。

すらP:おっ、敏腕記者さんが来た。
敏腕記者:よろしく。

すらP:なんとなく、勇気がわいてくる展開だな。

雪歩:そうですね~。


ファンの数、261,374人。
雪歩:次のランクまで38,626人、残り、あ、あと2週です~!

[Today's Tune:First Stage/萩原雪歩]

2005年10月18日

ワンダーモモーイ。

ワンダーモモーイシングル確保。無論イベントチケットも確保。

イベントが石丸ソフト1、ソフト2であるので、両方でCDを買わないといけないのかなぁと思って、初めてソフト2に行った。実際はソフト2で両方のイベントチケットがもらえたのだが‥‥。

夏の打ち水イベントは最初以外行けずじまいで、ツアーも残念ながら2公演のみ参加。
せめてこれぐらいは行っておかねば。

[Today's Tune:ワンダーモモーイ/桃井はるこ]

追記

momocard.JPG帰ってワンダーモモーイを聴いているが、CDジャケットはモモーイがワンダーモモのコスチュームを着ている。
(これはワンダーモモのコスプレでなくてワンダーモモーイ自身?)
それにしても、はるこちゃんがモモ‥‥こんなモン持っている身としては感慨深いものだ。

脱脱可能!!

いや、「着脱」だろ?このタイトルじゃ、「脱ぎ脱ぎ」だ。

昨日はラジアータだけでなく、『ニニンがシノブ伝』シチュエーションフィギュアも買ってきてた。
ワンフェスの時に目をつけてたんだよね~。

なにしろ!シノブと雅の衣装が着脱可能!!
いや、それほど声を大にして言うことではないと思うが‥‥。
面倒くさいので、まずは、着る前の状態から~。

shiobu05.JPG■くるくる~、しのぶで~す。

しっしのぶ~~触らせろ~~~(音速丸)。
‥‥ぱよっぱよな出来だな。
shiobu06.JPGshiobu09.JPG
あおりとおしり~。

shiobu22.JPGshiobu23.JPG
着せ着せ‥‥着衣バージョン。
デスクランプがちょっと暗くなってきたなぁ‥‥。

shiobu25.JPG■雅タンとエロ妖怪(?)音速丸。
shiobu29.JPGこら~~~!!
音速丸!何下から見てるのよ~~~~!!
shiobu02.JPGshiobu04.JPG
‥‥下から覗くのはめんどくさいので、音速丸忍法!!必殺・脱衣の術~~!!
‥‥ち、ぺったんこめ。
だ~れ~が~ぺったんこよ~~~!!ドカドカドカ!
ふ、色男はつらいぜ‥‥ガクリ。

shiobu18.JPGshiobu20.JPG
■‥‥楓さん、目が逝ってませんか?
しのぶちゃん、何言ってんのよ~~。
あ、かわいい下着ですね~。私も欲しいな~
shiobu12.JPGしのぶちゃんの水着姿も素敵よ。
shiobu14.JPGshiobu16.JPG

‥‥こほん。何故か途中からオレ口調でなくなってしまった‥‥取り乱してるな。
ちなみに、シノブと楓はクビから下がコンバーチブルになっているから取り替え可能。
だが、クビすげ替えはちょっと怖いぞ。

‥‥シークレットはこのサイトの趣旨に反するので、割愛。

[Today's Tune:シノブ参上!/くまのきよみ]

2005年10月17日

じゃ~んぴ~んぐちゃ~んす!!(まっちゃんの声で)

この問題に正解すると、なんと136試合が無効になります!

ハイ、ロッテさん!!
3‥‥かな?
はい!せいか~~~~~い!!

ロッテさんには5試合分の勝利をプレゼントします!
おめでとう!!

追記

‥‥いや、ロッテ、ホントは嫌いじゃない球団なのに、っていうか、ホークスの次に好き。
特にジョニーのファンだった。復帰戦には涙腺ゆるんだし。

それなのに、何でこんなに憎しみを抱くほど嫌悪しなくてはいけないのだろうか?
「糞バレンタイン」なんて思いたくないよ。
もし、140試合のシーズンでロッテがホークスに4.5ゲームの差をつけて優勝したら、
本気で31年ぶりのそれを祝福できたのに‥‥。
なんで、シーズン89勝もしてコレなの?

アイマスCD、限定版買えてラッキーだったんだなぁ

アイドルマスター マスターピース01通常盤、アキバ各店に並ぶ - アキバBlog

アキバBlogさんによると、「その「アイドルマスター マスターピース01」のカードの付いてない通常盤が、アキバの各店に並んでいた。」とのこと。

オレも、アニメイトで買おうとして危うく難民になりかけたからなぁ‥‥。
(ちなみにアニメイトでイベントのためにGETした2枚目は通常版だった)

あの日、自宅に帰って、速攻でネット通販したのは大正解だったというわけだ。

雪歩:プロデューサー、珍しくラッキーだったんですね。

すらP:「珍しく」と言う一言が引っかかるが、そうだな、入手できてラッキーだよ。

雪歩:ですよね~(ドキドキ、怒られるかと思いました~)。

すらP:で、このカード。やっぱり使うべきだよなぁ~。

雪歩:へ(・_・)?‥‥と言うことは、私のプロデュース、終了ですか~~?

すらP:いいい、いや、そんな事はない、筈だ。

雪歩:ううう、お願いします~。

‥‥というわけで、このカードを使う日はもう少し後になりそうである。
※ちなみに2枚目、3枚目はアニメイトで予約してきた。コレで安心。

[Today's Tune:THE iDOL M@STER(HYR VERSION)/天海春香、萩原雪歩、秋月律子]

リドリーが~~。

‥‥かわいくない‥‥。

スクエニの『RADIATA STORIES&STAR OCEAN TRADING ARTS』購入。
スターオーシャンは3(挫折)なので回避。
今年最初(そして、最後、唯一かも?)にクリアしたRPG、『ラジアータストーリーズ』から、リドリーとジャック‥‥なのだが‥‥。

radiata01.JPG‥‥誰だ、こいつらは。
人違いじゃありませんか?

服とか、装備とかの作り、色合いは文句ないのだが、肝心の顔が‥‥。

radiata03.JPGリドリー?ティンバーレイク?

身の丈に不相応な戦斧や短いスカート(やその中身)は再現されているのだが、肝心の御顔が~。


りどり~~~~~~(緒方賢一さんの声で)。
radiata04.JPGジャック?ラッセル?

なんか、妙に白い顔だ。
アメリカ人形?

‥‥ジャックの腕白さなんて微塵もでてないぞ、こりゃ。
radiata07.JPG懲りずにリドリー。

角度を変えて、顔の造形のトホホさをごまかしてみようとするモノの‥‥。

う~、金属部分の質感や、独特の衣装は上手く再現されていると思うのだが、人形の命とも言える顔が‥‥りどり~~~~~(緒方、以下略)。

夏前から発売を期待していた分、残念な出来になってしまった感が強い。

ラジアータのゲームバランスやシナリオについてアレコレ叩いたが、
■05/02/26 ラジアータ斬りっ?
■05/03/16 ラジアータ2ラップ目終了。
少なくとも、グラフィックは好きだったぞ。

ううう、りどり~~~~~(おが<しつこい!)。

暗くなって、アキバへ

F1を見たあと、ぴょろりとアキバへ‥‥到着したのが18時。
あたりはかなり暗くなっている。もう、秋だねぇ。

なんだか、久々な感じがするが、よく考えたら先週の木曜日に行ったか。その時は、アイマスCDの引き取りとゲーセンでアイマスしただけだから、記憶に残らなかったのか。いや、ゲームの結果が悲惨だったから、そっちの方に意識が全部行っただけかも。

‥‥というわけで、ラジ館へ。どうやら、10月2日以来、2週間ぶりらしい。

うろうろするが、K-BOOKSで漫画2冊を買ったのみ。

■交響詩篇エウレカセブン(2)
漫画版、エウレカ。

泣いたり、笑ったり、苦悩したり、いろいろなエウレカが見られる。
かわいい~。

‥‥っていうか、撮り溜まってしまっているビデオ&DVD見なくては。

■機動戦士ガンダムさん さいしょの巻

ガンダムさん。
シャアには笑いがよく似合う。

内表紙のララァがかわいい~‥‥ってコレばっかだな。
オリジナルモビルスーツ・ゾゴジュアッジュ(水陸両用)の立体化、求む。
‥‥嘘。


2005年10月16日

フライング・ジャパニーズとダメダメ・チャイニーズ

‥‥琢磨、何やってんだか‥‥。

スタートでフライング>ドライブスルーペナルティ
わずかに残った後方からの追い上げに対する期待をいきなりぶっ壊す展開‥‥。
その後、SCカーラップを利して、一瞬ポイント圏内に入るも、駆動系(?)のトラブルで力尽きた。

‥‥今年は稀に見るミス&審議の連続。来年は、頑張って欲しいものだ‥‥。

レース自体はポールスタートのアロンソが大リードを築くも、途中モントーヤが「何か」を踏んだタイミングで、SCが入り、全くわけのわからない展開。

‥‥「何か」ってなんだよ?‥‥え?側溝の蓋
こんなモン踏んで、2回ピット>リタイヤを強いられたモントーヤとマクラーレンになんの罪があるのだろう?それに今期のタイヤ交換ルールの愚かしさがまたも露呈。
最低なレース&コースオーガナイズの為、レース前半でコンストラクターズチャンピオンシップは決まってしまった。
100歩譲って、大事故にならなくて良かった。中国GPはもう止めだよ、アホか?
その後、カーティケヤンの大クラッシュで再度SC。ヘボヘボなマーシャルがたらたら片付けをしている様は前近代的‥‥牧歌的でイイ?‥‥なわけない。

‥‥それにしてもコースインラップのクラッシュにSCカーラップのスピン‥‥凡ミスオンパレードのシューマッハ、もう中国には行きたくないだろうね。

優勝はアロンソで、コンストラクターズとのダブルタイトルに花を添えた。
フィジケラウォールを巧みに利用して、2度のSCにもかかわらず、独走V!
戴冠前後から、しばらく勝ててなかったから、良かったのではないか?

ブリアトーレが嫌いだから、ルノーがダブル持って行ったのは気にくわないが。
初と言うことでおめでとう。

さぁ、今年のF1も終わった。
来年はどんなシーズンになるのかねぇ

ごもっともです。

Yahoo!スポーツ - ニュース - 落合監督がプレーオフ制を痛烈批判…セ導入の動きに大反対

オレ流、落合、プレーオフ批判。
ホント、そう思う。

それにしても、ひどいプロ野球ですね。パリーグは。
同じ条件で136試合戦って、順位が付いたチーム同士がもう一回って、一体?
3ゲーム以上差が付いたら、プレーオフ3タテしても、ゲーム差はひっくり返らないんだから、やるべきでない‥‥っていうか、元々やるべきでない。

同リーグで同じ数だけ戦って、順位付けされているんだから。
やるなら、せめて、パリーグ西地区、東地区って作って、各チームのレギュラーシーズンの試合数に差をつけるべきだが、そんな事出来ないだろ?
だったら、あり得ない制度なのだ。

プレーオフをどうしてもやりたかったら、エクスパンションするか、1リーグ化>地区分けするかだ。

ホークスファンの俺が言っても説得力無いけどね。

続・秋のアニメ、だいたい出揃ったかな。

さて、後半。

■木曜日
Paradise Kiss(フジTV)
ノイタミナ枠って事で、『ハチクロ』レベルを期待したのだが、いきなりどっちらけ~‥‥orz。

山田優!全ては彼女のせいだ(F1キャスターの山田優は嫌いじゃないのだが‥‥F1地上波放送、見てないからかも知れんが)。あと、嵐役の水谷俊介も聞いてらんない‥‥あ、ファンのヒト石投げないで~。やっぱり、メインキャラはある程度ちゃんと喋れる人を選んでよ~。

それに、「アーティスト=アートディレクター」だったり、変に『アンチアニメ』で、斜に構えている部分が鼻につく。いや、それが正しい方向で出来上がっているのなら、全く文句つける気はないが‥‥絵も『ハチクロ』に比べると、全く好きじゃないし(特にデフォルメキャラが厳しい)‥‥まぁ、『ハチクロ』が個人的にツボにハマリ過ぎただけかも知れないが。
脱落決定。

BLACK CAT(TBS)
きっと『今時の少年ジャンプ』の作品なんだろうなぁ‥‥最近読んでないけど‥‥。
アニメ化はGONZOなので、作画レベルは期待して良さそう。
原作版よりも絵は綺麗、あ、原作原理主義者の方、石はイヤ~~~。
絵柄的に腐女子向け作品?でも、女の子は漢ウケしそうだなぁ‥‥全方位オタ向け作品?
ネコとイヴがかわいい。

Solty Rei(テレ朝)
なんか、ロイってスナッチャーのギリアンを思い出す風貌だな。
ちなみにこちらもGONZO(とAIC)。
昔のGONZO(ゲートキーバーズ、ヴァンドレッドの頃)はまだ草創期のデジタルペイントっぽさが強すぎて、ちょっと目が痛かったけど、最近はどの作品を見ても安定しているなぁ。
方やAICと言えば、『天地無用』だが、『bps』はどうなったのだ?まうまう。
‥‥って、作品の事にぜんぜん触れていないなぁ‥‥。
ソルティ(すごい髪型)になつかれて疎むオヤジに萌え?

舞-乙HiME(テレ東)
舞HiME-乙かと思ったが、乙(オツ)では小麦ちゃんか‥‥。

舞-HiMEプロジェクト第2弾。
キャラクタースターシステム』ということで、まぁ、アレだ。小麦ちゃんが実現できなかったヤツだ‥‥というか、エネミーゼロのローラ?
‥‥って、作品に言及しろよ。

コレにあと『ローゼンメイデントロイメント』が来週から始まるんだよなぁ~。真紅さま~。
奇しくも昨秋のもう一本のお気に入り『魔法少女リリカルなのは』と同時期に続編が放送される。
コレも何かの縁?

‥‥それにしても、木曜深夜は大変だ。

■金曜日
ノエイン もうひとりの君へ
絵を見た瞬間、見るのやめようかと思ったが、第1話はそれなりに面白かった。
‥‥ていうか、予告で見た2話の絵、ぜんぜん違うんですが、キャラが‥‥。

はっぴぃセブン~ざ・テレビまんが~
子供キャラの央美さんと、犬の金朋。キャラではどじっこの亜麻乃かな。
‥‥それ以上、何を語れというのだ。

‥‥ふう。疲れた。ホントは日曜まで行きたかったのだが、疲れたので、今宵はコレまで。
まだ続く。

2005年10月15日

中国GP予選

F1Rd.19中国GP@上海、予選。

‥‥555カラーのB・A・R‥‥カッコわる~。
去年の3rdカー(デヴィッドソン)のようにフル555カラーと言うわけにはいかず、赤の部分が青、オリーブ色の部分が黄色と言うカラーリングなのだが‥‥うあ~ひどい。
それに各車、漢字のスポンサー名が入っていたりするのだが‥‥なんだかなぁ‥‥である。
向こう(欧州)のヒトにとっては、オリエンタルな感じで面白いのかも知れないけど。

さて、予選。

前戦、レースから除外となった琢磨が最初の出走。
燃料が多いか?コンサバに走りきる‥‥でもタイム、遅い。
次のJPMは琢磨より1.8秒速いぞ。マクラーレン恐るべし。
トヨタ、ウィリアムズ、フェラーリ―誰もJPMのタイムに迫ることすらなく、予選は後半戦―。
ちなみに、この時点で上位は、JPM、バリチェロ、トゥルーリの順。琢磨は7位。

14番手、シューマッハ。1コーナーでふくらんだが、耐えてJPMのうしろ付ける。
16番手出走のバトン、綺麗な走りでようやくJPMの壁を突破。約0.4秒差を付け、トップ。
ラスト3。アロンソ1~2コーナーを独楽のように回り、バトンになんと0.7秒差。
フィジケラも続いて、ルノー1-2。
そして、最終走者、ライコネン。
入れ込みすぎたか、細かいミスによるステアリング修正が多い。3番手に終わる。
これで、コンストラクターズトップのルノーが1-2、マクラーレンは3-5。
間にバトンを挟む結果になった。

燃料量が見えないが、フリー走行の状況から見るに、おそらく、マクラーレンはルノーよりかなり重いと思われるため、決勝はどのようになるのか?
序盤から飛ばして逃げを打つルノーVSじっくり追いかけてくるマクラーレン。
ルノーの1戦限りのスペシャルエンジンがどう機能するかも見物だ。

これで、各車の実力を計りかねる今年の(つまらない)予選が終わった。
来期はもう少しましなルール求む。

琢磨は‥‥17位。
今期のB・A・Rは重い状態からの追い上げが効かないように思えるが、いかがなものか?

何はともあれ、明日は最終戦。盛り上がるレースになることを祈る。

BBS外しますた‥‥。

左サイドバーにあったBBSを外したよ~。
‥‥コレで少し軽くなるかも‥‥。

なんか別のモノをおいてリベンジしてやる。
ぐすん。

追記

表示がかなり速くなったにゃ。

今期最終戦。

中国GP@上海。ついこの前、開幕したと思ったのだが、早くもラスト。

王者が決まった後の最終戦は結構のんびりしたムードで和やかな感じのレースが多い。
来期に向けての別れ―。

パートナーが変わるBMWとウィリアムズ、ミシュランとウィリアムズ、トヨタ。
去るチーム、ザウバー、名前だけだがジョーダン、そして長年楽しませてくれたミナルディ。
100%ホンダになったB・A・Rも含めて、来期は4つもチーム名が変わる。

それから、ドライバーの移籍、交代。来期、琢磨はどうなっているのか?

最後にラスト1戦のV10エンジン。
各車、最後まで走りきって欲しいものだ。

まるで手書き~~?

ソースネクストの『まるで手書き』を買ってきた~。

まず、サンプルを取るための、例文を印刷‥‥がー。
次に原稿用紙に例文を書き写す(自分の字で)。〆(°°)カキカキ..。
はぁ。終わった。
次に取り込み。きゅ~~~~~。取り込めた。

そして調整して、出力。
slafont01.jpg‥‥真面目に書いてしまったため、イマイチ面白くない結果が‥‥。

あるフォントに対して、自分が書いた文字を掛けあわせてフォントを生み出すのだが、う~む。
何とも言えない‥‥。

コレではネタにならんなぁ‥‥。
もう少し、試行錯誤してみるとするか。

2005年10月14日

雪歩、穴を掘る元気もなく‥‥。 ~第8回’&第9回~

‥‥というわけで、フリーズしたアイマス筐体はリブートされ、先ほどまでそこで起きていた事など全く関係無いかのごとく稼働を始めた。

(まだ現実世界の住人)ま、まぁ、カードに表示されている通り、1回分だけだよね。消えたの。
店員さんにも「1回でイイですよ~」と言っている。

‥‥が、儚い願いも虚しく、プレイデータは几帳面にも3週間前に巻き戻されていた。
ファンの数、200,668人。
社長:残り6週間だ!

「うああ~ん。オレの3百円返せ~。」な心境だったが、
ぐっと堪えて、「再プレイの方が良い結果が出る可能性もあるさ」と心を落ち着かせた。

雪歩:どうしましたか?
すらP:お、雪歩。何も覚えてない?
雪歩:ん~。なんだか頭の調子がおかしいです。
  なんとなく、私が「はかせー!」って、叫んでいるような?
  あ、なるほど、これは寸劇ですね?

すらP:‥‥そうか、何も覚えてないんだね。
雪歩:?

‥‥まぁ、先ほどまでの好調は持続していて、3万人オーディションも無難に突破。

雪歩:何が起きたのか良くわかりませんが、
   何となく頑張りました~。
すらP:よくやった!雪歩。

雪歩:はい~。

ファンの数は234,645人に増えた。
フリーズ前より増加数が多いので、少し安心して、その日はそこでプレイを打ち切って帰宅。

そして、1週間御後、鈴鹿から帰ってきて‥‥

すらりんP、発熱状態、体調は最悪

雪歩:‥‥だいじょうぶ、ですか?プロデューサー?
   なんだか、ふらついているみたいなんですが。

すらP:は、はは‥‥大丈夫、大丈夫‥‥。
   メールブーストが効いている時やんないと損だしな。

雪歩:ううう、ヘンなときにメール送ってすみません‥‥。
雪歩:ぷっ、プロデューサー!!
  オーディション始まってます、指示してください~。

すらP:あ、す、スマン。

雪歩:頑張りますから~。お願いします~。
すらP:あ、あれ?

焦って、思い出を大量消費するも全くタイミング合わず‥‥。

雪歩:‥‥‥‥。

すらP:‥‥‥‥。

5位―。
久々の敗北―。
最初の2回以降、合格を重ねて10回。
それ以来、初めての不合格――。

ショックは大きかった。

レベルを落として2万5千人クラスのオーディションを受けることにした次のプレイでも、完全に頭が混乱して、バッドアピールを出してしまう。
後半巻き返して、グッドアピールを出すも、わずか、1ポイント差で4位‥‥。


すらP:‥‥(茫然自失)‥‥。

雪歩:‥‥ううう~~。わたし、わたし‥‥。

フリーズ前の好調が嘘のような絶不調。
2度のオーディション失敗で、ファンの数も232,918人に減り、パーフェクトコミュニケーションを出して、18個まで増えていた思い出の数も今や8個。

「本当なら、ファンの人数も26万人を超えていたはずなのに~~」‥‥と言っても、それは後の祭り、アフターカーニバルである。

次のランクに上がるために必要なファンの人数‥‥67,082人。
ランクアップリミットまで、残り3週間
‥‥完全に追い込まれてしまった二人。その運命や如何に?

つづく。

2005年10月13日

秋のアニメ、だいたい出揃ったかな。

ちゅうわけで、ファーストインプレッション特集~。
だけど、その1って事で、水曜まで。
※放送日はウチで録画している曜日に準じてます、あしからず。

■月曜日
ToHeart2
結局、ゲームやらず終いだったなぁ‥‥やっぱり、マルチには敵わないので仕方ない。
このみ、かわいいなぁ。ゲームやってみるかなぁ~‥‥なんかこの声、無茶苦茶聞き慣れてるのだが‥‥って、雪歩(落合祐里香)だよ~。知らなかった。
たかく~ん。

それにしても、このみの親、年頃の娘を幼なじみとはいえ、若いひとり暮らしの男の家に泊まりにやらせるなんて~うらやますい。
いや、この文脈だと『親のことがうらやますい』となってしまうな。

そういえばもうすぐ出る、PC版をやろうかにゃぁ‥‥。

■火曜日
アニマル横町
凄いノリのアニメである。予想していた児童向けほのぼのアニメではなかった。
羊の皮をかぶった福笑い。
詳しくはすでに個別エントリを書いたので、それ参照のこと‥‥でも、あまり詳しくない。

魔法少女リリカルなのはA's
いきなりハードな展開のなのは第2期。
もう少しのんびりした話が見たいので第3話以降に期待かな。
こちらもすでに個別エントリをかいたのでこちらも。

ガンパレード・オーケストラ
録画しただけでまだ見てないな。
個人的には期待作なので、ちゃんと見るつもりだが、すでに2回もためてしまっているので、何となく不安な兆候。

■水曜日
灼眼のシャナ
いきなり、死人?
「オレ、死人」と言えば『3x3EYES(リンク先は海外?)』を思い出す自分は年寄り?
まだ話はわからん。
ただ、平井さん‥‥(つД`)‥‥。

ARIA The ANIMATION
いい話系、ほのぼの。安心してみられる話だなぁ。
大原さやさやは「あらあら」って言っていればいいので楽である、多分。

お疲れ様

週末鈴鹿にいた自分は何も知らなかった‥‥。

お疲れ様、今はただそれだけを言おう。
あの日、あんなに必死だったあの顔を忘れないよ。
最大限の感謝を込めて。

残念ながらBLOGであるこのサイトは、こういう事を書くとき、なんか仰々しくなって、ちょっとイヤだな。

2005年10月12日

雪歩さん、フリーズ! ~第8回?~

プリーズ!だったならば『おね*アイ』‥‥笑い事じゃないってば。

すらP:じゃあ、今日も頑張って、オーディション行くぞ~。
雪歩:はいっ。残り6週間ですもんね。
   はっ!6週で10万人…。
   だっ大丈夫で、で、でしょうか?

すらP:大丈夫、大丈夫。
雪歩:ですよね~。

―前回、プレッシャー状態を抜けて、精神的に余裕が出来ている二人―
だが、この先に大きな落とし穴が口を開けて待っていることなど、このときの二人が知るよしもないのは当然のことだった‥‥。

すらP:よっっしやぁぁぁぁぁ!!!
雪歩:とっぱしました~。

ファン、3万人増加!
200,668>234,235

すらP:次のランクまで、あと6万5千人、
   リミットまで残り5週。
   この調子ならば何とかなりそうだな。
雪歩:そうですね~。


次のレッスン日には久々のパーフェクトコミュニケーションで思い出の数も18個!

すらP:怖いぐらい好調だよ~。
雪歩:こわいですね~ ((((;゜д゜)))ガクガクブルブル。

すらP:わはははは~~~。
雪歩:わははのは~~~(<キャラ違うぞ)。

すらP:よし、余裕もあるし、
   安全を期して2万5千で行くぞ。
雪歩:はいっ!
すらP:おっ、おあつらえ向きに敏腕記者連れがいる。
   奪ってやれ!
雪歩:お~~!
(悪の秘密結社状態)

すらP:よし、久々の1位突破。
   オーディション11連勝!!
雪歩:敏腕記者さんも来てくださいました。

すらP:コレで25K+α増で大体26万人前後。
   残り4週で4万人。見えてきたな~。

雪歩:はい、そうですね~。あっ私唄ってきます~。
すらP:おっ、そうだなぁ、久々に撮影しとくか~。

♪恋を夢~見るお姫様は~

パシャッ、イイ表情が撮れたぞ。

♪魔法を~かけて!

ほとんど失敗もしなくなったし、敏腕記者も付いたし、さっさとランクアップさせるのが得策だな。

―そして、事務所―

社長:おつかれ、ではアイドルランク発表だ!

ダカダカダカダカダカダカダカダカ(ドラムロール)‥‥
しーーーーーーーーん

すらP:あ、あれ?

雪歩:はっ博士~動けません~。

すらP:博士じゃないぞ~っていうか、コレ何?

雪歩:なっ、なんなんでしょうか?博士~~~。

すらP:いや、だから‥‥フリーズ?

ち~ん。好事魔多し、なんと、こんな絶好調時にフリーズの憂き目にあうとは‥‥。
あっという間に現実に引き戻されてしまった‥‥。
とりわけ、こんな形でどっぷりと浸ったレポートを書いている身には堪える。

どうなったのかわからないまま、店員を呼び出すも、
「(´Д`;)ヾ スミマセン、リセットしか方法なさそうです」
‥‥こちらも、多少は知識がある。きっと方法はそれしかないのだろう‥‥。

電源のOFF/ONを経て、再度起動プロセスに入る端末。
アイマスの起動画面って初めて見たヨー。ラッキ~‥‥なワケがあるか( ゚Д゚)ゴルァ。

でも、機械から強制排出された(エントリープラグみたいだな)カード上の雪歩はさっき写真に納めたもの。ファンの数も234,235人。2万5千人オーディションと敏腕記者は目をつぶるとしても、ひょっとして被害は最小限?

‥‥だが、その考えが甘いことだと知るのは数分後の話であった‥‥続く。

2005年10月11日

鈴鹿、決勝その2 ライコネン、よくやった(小泉風)

17番グリッドからの逆転勝利―。

今年を象徴するような琢磨の迷走する姿に意気消沈した観衆を再度盛り上げたのは、やはりこちらも今年を象徴する若者2人の快走だった。

まずは、新王者アロンソ
前王者・帝王シューマッハをなんと130Rでアウトからぶち抜いた。
いくら両マシンの間に力の差があるからって‥‥コレは凄い。
アロンソはピット後にも第1コーナーでシューマッハを越えていく。
そして、ライコネン
10グリッド降格ペナルティ、そして予選の雨(ライコネンにとっては結果的に幸運だったが)。
ポイント上、すでにアロンソに並ぶことはない事はわかっているが、それでもコンストラクターズ王者を目指したアグレッシブかつクールな走り。
こちらも時間はかかるも第1コーナーでシューマッハをオーバーテイク。
目の前で一つの時代の終わりを見せつけられた感があった。

その頃、琢磨はマシンが重いのか接触で何か壊したかペースが上がらず、バリチェロと共にジョーダン、ミナルディの後塵を拝し続けていた‥‥。

バトンはイマイチ目立つこともなく、また、ピットでの給油トラブルで11秒かかったために、「1ストップに切り替えたか?」とか、サーキットラジオでは実況されて途中1位に立ったときスタンドは盛り上がったが、「B・A・Rにそんな大技が出来るわけが無い」と確信していた自分は、「トラブルだろ?」と思っていた。で、実際その通りだった。

一通りピットを終え、ピットアウト後シューマッハを追い抜いたライコネンが4位。良い位置を占めた。

シューマッハやアロンソは多分雨で作戦失敗して後ろになったから2ストップ、その点、最初から下位スタートが見えていたライコネンは1ストップだと踏んでいたので、この時点で「勝ったな」「ああ(ニヤリ)」と独りごちていたが、最後に大イベントが待っていた‥‥。

なんと、残り8週を終えるタイミングでライコネン、ピットイン!
「あれ~計算が違うよー、教えてよ!川井ちゃん!」
フィジコが来る、来る、来た、あ、行ってしまった‥‥。
そして、飛び出すライコネン。
その差、約5秒
どうなるのよ、このレース!

だが、5秒の差はライコネンにとっては無いに等しかった(いや、実際は残り周回と比較すると大きな差なのだが)。さながら隼がほかの鳥を追い詰めるように、ぐんぐんフィジコを追い詰める。コーナーごとに差を削り取っていく。琢磨の後ろを2台が走る瞬間があったが、もうグランドスタンドの観客の目はほとんど琢磨を見ていなかった。

そして、最終ラップに入った第1コーナー!これは行く!
そう感じたグランドスタンドの客は総立ちになって、1コーナーを見つめる!
サーキットビジョンと1コーナーを確かめ、それを見届けた!

揺れるEスタンド、沸くグランドスタンド!
ファイナルラップはライコネンのためだけにあったといっても言い過ぎではない。

この瞬間に立ち会えただけで最高だった。

suzuka05_96.JPG今週は最終戦上海だ!目指せライコネン今期8勝目!

それにしても、マクラーレン。6連勝で今期10勝なのだが、2位、3位を占めたルノーにコンストラクターズポイントで逆転されてしまった。
今のポイント制度はどうにかならないものかなぁ‥‥。
2位(6pts)と3位(4pts)のポイントを足して、1位(10pts)と同ポイントとなる前のポイント制はある意味妥当だったと思うなぁ。

suzuka05_99.JPG鈴鹿サーキットに夕闇が迫る。
来年も今年に負けないすばらしいレースが見られる事を、それから、琢磨の状況が良くなって、去年のようなアグレッシブさが好意的に見られる状況となっている事を祈りつつ、鈴鹿を後にした。

また、来年。

[Today's Tune:IN THIS COUNTRY(from F-1 GRAND PRIX)/ROBIN ZANDER]

(※TV放送を見ていないので、情報が正しくなかったり、断片的だったりする場合があります)

2005年10月10日

熱で死にそうになりながらも

アイマスプレミアムキットの予約は土曜日0時。
つまり、金曜日の深夜。

鈴鹿で雨に打たれ、発熱。死にそうになりながらの挑戦だった。

ホテルのLANを使って、ネットに接続。
あらかじめ販売ページを開き、購入ボタンを押しては戻るを繰り返し、販売開始タイミングを待つ。
前回はAirEDGEだったから、それと比較すると全くもって楽だなぁ~。

おっ、来た。
今回は前回の反省から入力速度優先で、クレジット決済でなく銀行振り込みを選択‥‥多分、銀行振り込みがあるから、毎回少しだけ売れ残ってるんだろうなぁ‥‥OK。

何とか予約完了した。後は入金するだけ。
雪歩:おめでとうございます~。
あ~、意識が飛んでいく~。
雪歩:大丈夫ですか~?


‥‥そんな感じで、鈴鹿1日目の夜は過ぎて行き、翌日は高熱にうなされるのであった。

鈴鹿、決勝その1 ああ~ん、琢磨~。

suzuka05_09.JPGF1世界選手権 第18戦 日本GP、鈴鹿。
10月9日午後2時。昨日とはうって変わったような晴天。

suzuka05_69.JPG15万人を飲み込んだ場内。
観衆はフロントロウに列んだ日本勢、そして琢磨の活躍に期待を寄せ、TVで見知った世界の強豪の走りを待ちわびている。
suzuka05_75.JPG最終コーナーBスタンドのHONDAの人文字が見える。
ちなみにDスタンド、トヨタ応援団は角度の関係上見えない。
suzuka05_76.JPGV席を見上げる。
ガラス張りの最上級席(パドック除く)。
どんな人が入っているのか?
まぁ、金額的には無理な金額ではないが。


suzuka05_61.JPGピットスタートを選択したトヨタ・トゥルーリを除く、19器のV10エンジンのエキゾーストノートが甲高い音を響かせ、フォーメーションラップがスタート。

1週のパレードを終え、各車スターティンググリッドに列ぶ―そして―。

「あーーーーっ!!」
スタートの歓声があっという間に悲鳴に変わる。
琢磨、コースオフ。
「‥‥」
がっくりとうなだれて1コーナーを見るメインスタンドの面々‥‥。
なんなんだヨー!
‥‥せっかくの5番グリッド。本人の入れ込む気持ちもわかるが、それにしてももう少し自重できないものか?今期は全てが悪い方に悪い方に回転していく。
バリチェロもコースアウトして琢磨のウイングを踏んでいったような‥‥。

「早くも入賞のチャンスはなくなったな」と思っていたところ、サーキットビジョンに大破して止まっているマクラーレンが大写しにされる。
JPM?無事か?あ、大丈夫。とことことサーキットを横断してピットへ。

マシンの撤去が終わるまで、SC(セーフティーカー)がコースイン。
軽いタンクで序盤貯金を稼ごうとしていたトヨタ・ラルフが鼻っ柱を押さえられる。
これでトヨタの野望は費えた。
琢磨とバリチェロはピットインして巻き返しを図る。

8週目、長いSCラップが終わって再スタート!再びラルフが飛ばし始める。
ピッツォニア、コースアウト!
‥‥フランク爺はなんで、こいつを使い続けるのか、オレには判らん。

11週目、琢磨順位アップ!トゥルーリを抜いたか!?

あれ?琢磨の前を走っていたはずのトゥルーリがいつまで経ってもやってこないぞ。
‥‥サーキットビジョンに壊れてるトヨタが写る。

‥‥ひょっとして‥‥!?
あ~~~。やっぱり、琢磨がぶつけてた~~~~~~しなしな~~~~~。
正直な所、力を入れて応援していた分、白けてしまった。

いや、コーナーで前車が扉を開けていれば、突っ込むのがレーサーだと思うが、ペナルティを何度も食らっている今の状況を考えて、もう少し冷静になっても良かったのではないか?
何もあのタイミングだけだったとは思わない。
確かにルノーやマクラーレンのように鮮やかなオーバーテイクが出来ない車だと言うことは知っているが、今年の鈴鹿を見ている限り、シケインがオーバーテイクポイントだったとは思えない。
(案の定、レース後琢磨は失格裁定を受けた)

‥‥日の丸を持つファンの失意とは関係なく、レースは続いた‥‥後半に続く。
(※TV放送を見ていないので、情報が正しくなかったり、断片的だったりする場合があります)

2005年10月 9日

ローグギャラクシー発売日決まったなぁ

12月8日…。
明らかにXBOX360(12月10日発売)に当ててきているとしか思えない発売日設定だ。

どっちとも買う身としては時間がいくらあっても足りない。
ソニーめ。

鈴鹿2日目

…ホテルで寝てましたよっ…(つ `)…くっ。
しかも、ラルフがポール。バトン2位。
ちくしょ~~~。ちくしょ~~~。ちくしょ~~~。
…というわけで、レポートなし。

…なのもアレなので、一言。
雨で『ラッキー・ポールポジション』のトヨタ・ラルフ。
その裏には「3ピット作戦のため、マシンが軽い」という事実があった。
それを「トヨタ、せこいなぁ」と取る向きも確かにあるが、個人的には「最近のトヨタの作戦は積極的だなぁ」と思う(鈴鹿で毎年やってくるのはどうかと思うが)。

―今のグランプリ界、マクラーレンとルノーの2チームが頭2つは図抜けている。

その少ない取りこぼしを拾っていく為には、やはり運や奇策も必要ではないだろうか?
かつて、ジョーダンやスチュワートが成し遂げたように、新しい勝者は上昇機運と、戦術と、そして幾ばくかの幸運がそろったときに生まれてきた。

正攻法一本槍のB・A・R柔軟なトヨタを比較したとき、先に勝ちそうなのは、長年のホンダファンとしては残念だが後者のように思えてならない(正攻法で勝てればそれが最高なんだけどね)。

2005年10月 8日

鈴鹿初日

F1Rd.18 日本GP@鈴鹿。

新幹線と近鉄線を乗り継いで、三重県は鈴鹿サーキットに到着。
午前10時30分。これからまもなくフリー走行1が始まろうとしている。

suzuka05_01.JPGイマイチ、びみょ~な空模様。
サーキット上はまだ晴れているが、東の方向になにやら怪しげな雲がわいている。

午前11時。フリー走行1開始。
ジョーダンから出走する日本人、山本左近がコース上にいち早く飛び出していった。

デ・ラ・ロサがすごいタイムでトップ。
フェラーリ以外の各社がピットアウトする。フェラーリはピットで待機中。

suzuka05_03.JPG11時25分頃。
だんだん気圧が下がってくる。コースの上を雲が覆って来た。
もくもくもくもく‥‥。

だが、雨が降り出すには至らない。

ここで、突然ライコネン車が火を噴きながらコース脇に停車。
うあ~ん‥‥orz‥‥。
ショックを受ける『KIMI 6』帽をかぶったギャル達‥‥。

ちなみにすらの応援順は
1.琢磨>2.ライコニャン>3.モントーヤ>4.バトン>5.フィジコ な感じ。

suzuka05_04.JPG結局、フリー走行1は『いつも通り』と言っていい結果、デ・ラ・ロサ、ゾンタの3rd勢が1位、2位を占める。
3位にB・A・Rのバトン、琢磨は8位、バトンに負けているが悪くない順位。
決勝10グリッド降格のライコネンの運命や如何に?

お昼休み。
今日は初日(=平日)ということで、まだまだ人は多くない。
‥‥ということで、お買い物。
午後の雨に備えて(降ると決めつけている)、レインポンチョ。
B・A・Rのポンチョがあれば、最後だし(B・A・Rは)記念に買おうと思ったが、傘だけで売ってない‥‥傘はサーキットでのレース観戦には邪魔なんですが‥‥。
HONDAのポンチョも売っていたが赤で派手。一番まとまっているPIAAのモノにした。
PIAAといえば、中島悟、中島悟といえば『1コーナー大外刈り』、それと、
悲しき水中翼船』♪マ~ゼラン海峡ぉ~で、シンド~バットになあって~。

それからホンダブースに立ち寄って、B・A・Rホンダ 007の写真撮影。
レース中はこんなドアップ写真なんて撮れるわけ無いので、とりまくった。
しばしご堪能を。
suzuka05_05.JPGサイドビュー。
見た目はきれいな車なんだがなぁ…カラーバランスは006の方が好きだとは新車発表時に述べたが。
どのあたりに弱点があるんだろう?
suzuka05_06.JPGフロントビュー。
この位置から撮ってたら、ひき殺される‥‥わけない。
F1写真にありがちな構図。
suzuka05_07.JPGコクピットアップ。
琢磨は乗っていない(あたりまえ)。
今回は、珍しく手ぶれもなく綺麗に撮れてるなぁ。
suzuka05_08.JPGローアングル。
こんな近くでマシンを見られるなんて、幸せだなぁ‥‥青山いけば?近いんだし)。

お昼休みを挟んで、午後はフリー走行2。
どうせ誰も出てこないんだろうなぁ‥‥と思っていたが、予想外に各車コースに出てくれて満足。
またも山本左近が、いの一番にコース上に飛び出す。

今度はルノー勢が出てこない。
時間とともに風が強くなり、空が黒く染まっていく…。
残り時間がほとんど無くなったタイミングで雨。
B・A・Rバトンが雨用セットの確認のため、コースに飛び出す。
珍しいぞB・A・R!
次第に雨が強くなる中、フリー走行2が終わった。
もう少し雨が早く降り出してくれれば、各車のレイン状態での走りがわかっておもしろかったのに~。これでは濡れ損ではないか~~。

‥‥ということで、初日レポート終了。


…で、何でこんな時間に更新してるのかって?
昨日、雨に濡れすぎたせいで、熱が8度7分でてるんじゃい。…(つ `)…くっ。
明日は何とか直したい。

…結局、書きかけのままアップすらできず、前後不覚状態に陥ってしまった…(つ `)…しくしく。
2日目はホテル観戦となってしまった。
なんでじゃ~~~~!!!!

[Today's Tune:悲しき水中翼船/中島悟]

2005年10月 7日

出陣の刻が近づいてきたぞ!

F1日本GP、いよいよ今日より開幕!

鈴鹿に行ってきます~。
‥‥と言うわけで、これ以降の更新は現地鈴鹿から‥‥というのは無理そうなので、夜、ホテルから。
それでは~。

2005年10月 6日

液晶予約した。

ディスプレイがもういい加減ヤバイので、ナナオの24インチワイド液晶ディスプレイを予約した~。

発売は26日。価格は158,000円。
早く来い来いディスプレイ。
楽しみ~。

あ、今のディスプレイどうしよう~。

■参考記事
ITmedia D PCUPdate:24.1インチワイドWideUXGAパネル採用で、フルHD解像度に対応──ナナオ「FlexScan S2410W」 (1/2)

雪歩、苦戦中? ~第7回~

雪歩:テストの点が前より少し悪くてお父さんに怒られてしまったんです‥‥。
だから、家では勉強を頑張って事務所ではレッスンやお仕事に集中しようかなって‥‥。
○曜日の午前12時から▲曜(翌日)の午後8時に事務所に来ていただけますか?


すらP:明日行くよ。勉強頑張ってね。
雪歩:は、はいっ。

―とりあえず、メールブーストがかかっているから、ファン人数を増やしていかなくちゃ。
前回の3万5千人クラスでの大苦戦(結果こそ1位だったが)とプレイしている時間帯を考え、3人通過出来る2万5千人クラスのオーディションにレベルを落として万全を期する事にした―。

結果、3位‥‥ギリギリ。

雪歩:はぁっ、はぁっ。
すらP:雪歩、大丈夫か?

雪歩:な、なんとか大丈夫みたいですぅ。


ファンの人数は146,236>172,520人。

―それにしても厳しい戦いだった。
安全策を採ってオーディションのクラスを下げて臨んだ筈なのに。
ギリギリの3位通過。
メールブーストと幸運に助けられ、ここまで来た二人。
最初の2回以外はオーディションに失敗したことがない。
しかも、3回続けて1位を取って調子づいていたためか、少し精神的バランスを崩すと脆い。

もっとレッスンに時間をかけた方が良いのか?
ランクアップのリミットまで残り7週。
この単期間、そして、今のオレの指導力では大きなオーディションに勝てるだけの実力をつけてあげるのはかなり厳しいと言わざるを得ない。

雪歩:何してるのですか?プロデューサー?
すらP:いや、今後の進め方についてちょっと思案を‥‥雪歩、来週からはオーディション重視で行くよ。

雪歩:は、はいっ。頑張りますー。

前回はレッスン時のミスで一旦下がったモノの、雪歩のテンションはまた上がっている。これだけが救いかも知れない。

うん、弱気はダメだな。
歌詞レッスンでボーカル能力をあげる。

そして、またオーディション。
必要なファン人数と残り期間を考え、今回は3万クラスで挑戦。
雪歩:が、頑張りました~。
結果、2位。
俺達を含む2位以下は大混戦。
3位とのポイント差はほんの僅かだった。

でも、勝ちは勝ち。



ファンの人数は172,520>200,668人に増えた。
―次のランクまで、残り6週間で約10万人―。

一日でも長く雪歩をプロデュースし続けるために。

[Today's Tune:THE iDOL M@STER(HYR VERSION)/天海春香・萩原雪歩・秋月律子]

2005年10月 5日

堀内丸沈没の日

史上初の80敗、惨めな事実だけが残った―。

ミスター時代を支えた選手がヒトリ、またヒトリ去り、衰える中、成り行きで監督をする羽目になった『青天の霹靂』監督・堀内氏。

『フロントが長年の間、積もらせた塵、ため込んだ膿』を背負って追い出されるという、貧乏くじを引かされてしまった感がして、今にして思えば、少しだけ気の毒。あらら、某ニュースでは『空白の2年』なんて言われてるし‥‥。
かわいそうに。

来期からの原監督にはのんびり生え抜き選手主体での球団再生を目指してもらいたい。
どうせ老朽化した投打全てにわたって立て直しが必要なんだから、老人達は焦らないように。
仮にあなた達が逝ってしまっても、球団の歴史は続くのだから‥‥。

なのたんリターンズなの

もう1個アニメネタ。
魔法少女リリカルなのはA's』が始まった。

あいかわらず、なのたんはかわいいのう~。

新しい敵、新しい展開。
いきなり、「なのは負ける!」っていう展開だけど、今後どうなっていくのかな?

前作はフェイトが出てくるまで、徐々に成長して強くなっていってたけど、今回はいきなり強い敵が出てきて、大ピンチ。フェイトも1話でなのはの元に駆けつけて、最初から総力戦?

個人的には、『変身シーンが前作からのバンク』で新作映像じゃない事がちと寂しいにゃ。
パンツァーの方が気になるであろうパンツは有りです。

東京メトロでやってる『アニマル横町』スタンプラリーが

めちゃくちゃ気になって、毎日の通勤時にそわそわしていたのだが、アニメ放送が始まった~。

いい加減な設定がおかしくてグ~。
あみちゃん萌え~。
たまにはこんなのんびりしたアニメも良いもんだ。
それにしても、床にある『ドアの取っ手(アニマル横町につながっているらしい)』、あんなところにあったら絶対につまずくぞ。

『フラッシュ版アニ横』、面白い。懐かしの『さめがめ』もあるよ~。

MT3.2の迷惑トラックバック防止機能

賢い~。
英語のみならず、日本語の迷惑トラックバックもちゃんと認識してくれて、ゴミ箱に溜まっている。

お困りの方、バージョンアップしてみては?

2005年10月 4日

琢磨の来期が‥‥

『心配だ』と書いた途端、動きが出た。

Racing-Live.com - 琢磨、来季シートの可能性が濃厚に

ホンダF1記者会見で、『BARH Limited株式100%』取得と『他チームへのエンジン供給』に関しての広報発表があった。

ホンダはレーシングチームBARH Limitedの全株式取得が完了。
来期は38年ぶりにホンダワークスチームとして参戦するとのこと。

第3期参戦当初のごたごたもあったので、正直なところ、「ようやくか~。今まで何やってたんだろ?凄い回り道。」って感じも否めない。
ワークス参戦という意味では完全にトヨタに後れを取ってしまっている。

でも、参戦するからには、是非『レースのホンダ』の本領を発揮してもらいたいモノだ。
鈴鹿でも受け取るフラッグはホンダだから(去年の鈴鹿ではトヨタはかわいいお姉ちゃんが大挙してフラッグとビブスを配っていたが、それを無視。ちなみにホンダの旗を配るのはおっちゃん。そこが好き)。
ちなみにチーム本拠は英国のままであるため、ルールではホンダが優勝しても「日の丸」は揚がらず、「君が代」は流れない(トヨタも同じ)。

上記はすでに周知の事実なので、それほど気になる話ではないのだが、同じ会見の中で「来季、新たに参戦を果たすことが確実視されている新チームにエンジン供給する」という、琢磨の来期に関して、重要なアナウンスがあった。
琢磨は「同チームからドライバーとしてのオファー」を受けていて、来期はそこからF1参戦する可能性があるとのことだ(あくまでも『一つの可能性』というレベル)。

一体、どんなチームだ?
最近参戦が話題に上ったチームとしては、
マクラーレンの2ndチーム『チーム・ドバイ』‥‥でも、立ち消えっぽいなぁ。
このまえ、ミナルディの買収でレッドブルと競争して敗れた『エディ・アーバインとダラーラ』‥‥ダラーラとホンダは過去にRA099を共同で開発していたという過去もあるが‥‥アーバイン!?あのおっさん、チーム監督とか柄じゃないと思うのだが‥‥。
童夢?ルマンも日本のチーム郷が勝ったし、F1でも日本チームが席巻とか‥‥難しいかな。

どのチームが参加するにしても久々のチーム増(最近の完全な新規参戦チームは2002TOYOTAまで遡るが、このときはプロストチームの撤退でチーム数は増えなかった)。
F1に取っては良いことだ!!そして、日本にとっても。

はわわわわ、も、モニターが!!!

雪歩:はわわわっ、ディスプレイ上に、なんだかよくわからない『パツパツノイズ』が発生してます!!
プロデューサー、どうしましょう!?

すらP:‥‥もうダメなのね‥‥。
雪歩:??



以前不調で修理に出したときに「次回同じ症状が出たら‥‥あきらめてください
っていわれたのだが、遂に来た‥‥。

次のモニター早く出ろ~~~!(10月末発売予定)

今週は日本GPウィーク!

F1 Rd.18 日本GP@鈴鹿!

行ってきますよ~ん。
奮発して買ったS2機関‥‥もとい、S2席。
グランドスタンドでスタートの爆音を聞いてくるのだ!!。

楽しみだのう。
‥‥それにしても琢磨の来期が心配だ。

2005年10月 3日

山あり谷あり、雪歩とすらりんPの旅は続くよ 第5&6回目

妄想アイマス日記は続く‥‥。

またもメールが届いたので、仕事帰りに出勤~。
『仕事帰りにゲーセン通い』なんて、怒首領蜂にハマったとき以来だなぁ。
う~む。アイマス、おそるべし。

雪歩:おはようございます~。
すらP:おはよー、雪歩。
雪歩:メール見てくださったんですね。
ほわほわ~‥‥なごむなあ‥‥。

すらP:さて、ランクEへの昇格期限が近付いてきた。
‥‥というわけで、今日はいきなりオーディション行ってみよう!

雪歩:え、えっ~、いきなりですか?まっ、まだ、心の準備が~。
すらP:大丈夫。今の君はピカピかに光っているから(メールブーストが効いている)。
雪歩:そ、そうですかぁ~?
すらP:仮に今回失敗しても、まだまだスケジュールに余裕があるから、レベル落として2回オーディション受ければ間に合うし。
(前回の反省からか、早めにノルマクリアしたいし)
雪歩:そっ、そうですねっ!

―オーディション会場―

すらP:とにかく、今回はチャレンジだと思って落ち着いて行こう。
雪歩:はいっ!

―初めての.3万人クラスのオーディション、『あたって砕けろ』だ。いや、雪歩を信じて―。

‥‥と言っても、頑張るのはオレ。落ち着くのもオレ。信じるのは雪歩。
心に描いた配分でアピールを振り分けていく。
第一回中間発表&第二回中間発表―。
負けていないぞ、むしろオーディションを引っ張っている感じさえする。
最後のパート。ココで『思い出』をつかって、一気に勝負!!

やった。一位通過!

ファンの数は‥‥106,400人!!
念願のランクDにアップ!

ところで、今回はリミットより3週早く目標に到達したが‥‥何かメリットはあるのかな?
先達の有難いお言葉を‥‥と言うことで、
kasumi_7 blog(かすみ・あんだー・せぶん・ぶろぐ)様の「初心者向け講座その4
というエントリを参考にさせていただきました~。

むむっ!ランクアップリミットってランクアップごとに再設定されるわけではなく、活動期間で決まっているのか‥‥何も知らずにやってたよ。探してみてよかった~。

プレイ時はそんなリミットの事なんて知らなかったから、翌週からはのんびりレッスンモード。
そんな中、雪歩から困った相談。
雪歩:アイドルをやっているときの私は私じゃないみたい‥‥コレで良いのでしょうか?

すらP:(アレコレ考えて)それでイイじゃないか?
雪歩:でも~(TヮT)

むむ~。わだかまりを残す展開だなぁ‥‥女心は難しい。はぁ。

―それから1日後、またもメールが‥‥。

雪歩:ちょっと、お久しぶりな感じがするんですけど‥‥えと、そんな事無いでしょうか?
すらP:そ、そうかなぁ~。オレはオレなりに通ってるつもりなんだけど。
雪歩:すすすす、すみません~。そんなつもりは。
すらP:あ、いや、こちらこそそんなつもりは。

‥‥む~完全に妄想日記。メールの届くタイミングとプレイするタイミングに何らかの関係があるのかなぁ。メールブーストがかかるので、こちらとしては有難いのだが。

すらP:じゃ、今週も頑張ってオーディション受けようか。次の目標は30万人っていう、とてつもない数だし。
雪歩:上れど上れど‥‥。
すらP:のんびり日向ぼっこでもしたいなぁ‥‥。
雪歩:ですねぇ‥‥。

すらP:調子の良いウチに稼いどかなきゃな‥‥というわけで、ハードル上げて、3万5千人クラスのオーディションを受けてみよう。
雪歩:ええ~~!?無理ですよう~。
すらP:前回から敏腕記者さんも付いてくれていることだし、ネッ!
―そう、前回のオーディション合格時に敏腕記者が雪歩についてくれていて、実力よりずいぶん大きく見える状態になっているのだ(それを目の錯覚とも言う)―。
雪歩:うう~~。

―行ける、行けるぞ!強気一辺倒で3万5千人クラスのオーディションに向かう―。

しかし、それは単なる勘違いだった‥‥。
同じぐらいのレベルのアイドルに苦戦する雪歩。
まるでポイントが取れない。
雪歩:プ、プロデューサー、ど、どうすれば良いんですかぁ~。
すらP:仕方ない、ボーカルではポイントが取れそうもないから、ダンスとビジュアルに絞ってアピールを割り振ろう。
‥‥だが、倍率の低いダンスとビジュアルでは高得点は望めない。

くっ、コレまでか‥‥あきらめかけたギリギリの瞬間、まさに曲が終わろうとしたその瞬間―「もう飽きちゃったわ~」離席するボーカル担当の審査員―。

すらP:あれ?勝てた?
雪歩:ううう~、あれ?

すらP:超ラッキー!!やったよ、雪歩!
雪歩:は、はい‥‥。

ファンの数は一気に145,369人まで増えた。

しかし、勝利とは裏腹のふがいない戦いだった事を見抜いた敏腕記者は二人の元を去り、続く2回のレッスンは何となく息の合わないモノになってしまった。

そして、活動23週目が過ぎた。


続く‥‥。

なんで、こんなにかわいい絵を描けるんでしょうねぇ。

アキバ行って、漫画買ってきた。

■lunch box (1)
POP先生の単行本。うあ~、らんち、かわええなぁ。
どうやったらこんなにかわいい絵が描けるんでしょうね~。
練習とは別の次元にあるのかなぁ‥‥。

■ぱにぽに (3)
地道に買っているぱにぽに。
ちゃんと前巻を読み終わって買う。
正しい読み方だ‥‥と思う。
■撲殺天使ドクロちゃん (2)
漫画版ドクロちゃん。
う~む‥‥う~む。
どうしても小説版の絵と比較してしまうなぁ。
‥‥小説は読んでないのだが。

■おねがい・ツインズ
漫画版『おねツイ』。コッチ絵はとても好み。
苺た~ん(<脇役だろ?)

■スカッとゴルフパンヤ4コマKINGDOM
パンヤ4コマ。
ちょっと前の本だから、クー様がほとんど出ていないのが寂しい。

2005年10月 2日

MT3.2、バージョンアップ完了。

MovableType .3.2にバージョンアップした。

バージョンアップ自体はそれほど問題なく進んだが、MT2.6から引き継いでいるディレクトリ構成が無茶苦茶なので、その部分の対応だけは面倒だった(更新ツールがJavascriptで動いているので、エラーメッセージがステータスバーにしか表示されないため、何が問題なのかちょっとわかりにくかった)。
放置していた自分が悪いだけなんだけどね。

しばらく待つと、完了画面と共に管理画面へのリンクが表示されたので、何も考えずにクリック。

うあ~、バケラッタ。
表示された管理画面は文字化けしていて、何が何だか判らない。
おそらく文字コードが混在していて、その認識がうまくいってないんだろうなぁ‥‥などと考えつつ、『MT 3.2 アップグレード 文字化け』でググる。

話題のナレッジベースさんの
Movable Type(ムーバブル・タイプ) MT3.2 日本語版にアップグレード
と言うエントリにずばりそのまま書いてあった。

問題は、新設定ファイルconfig.cgiの中の文字コードの記述。
EUC-JP ではなく euc-jp』だそうだ。
修正して、アップロードしてF5キー。
あ、綺麗。
新インタフェースは大きく変わった感じはないが見た目が多少スリムになっていて、Javascriptの強化で項目の選択など、細かい操作性も向上している。
AIR EDGEからちゃんと更新できるかな?
【ハイ、エアエッジの私です。】
うん。問題ない。

さぁ、これから大仕事だ。
かつて大量のトラックバックスパムが送りつけられた時、2バイト文字を含まないトラックバックを受け付けないよう対策を打ったのだが、その後、MT関連ファイルの差し替えを行った際、ファイルを上書きして消してしまったことを忘れていて、気がつけばデータベース上には、トラックバックスパムがたくさん。

トラバスパムの数が多いため、消す気力も失せていたが、新バージョンに上げたことを機に駆逐していこうと思っている。その数、約300。何か良い削除ツールがあればいいのだが‥‥。
まとめて削除しようとすると、サーバエラーが出るし、む~。時間がかかる。

MTバージョンアップ‥‥するぞ!

使っているヒトにとって、MovableTypeが3.2にバージョンアップされたのは周知の事だと思うが、ウチのサイトでもバージョンアップすることにした。

データベースのバックアップをして‥‥あ、バックアップ後にエントリ書いてどうするんだろう?
まぁ、再開後、このエントリが無くなっていたら、失敗したと言うことで。

それでは、はじめっ。

せくすぃ~?

sexy_ana00.JPGsexy_ana02.JPG
■アナちゃん。

伸ネェ垂涎の一品。前月の千佳の時、『買い忘れ』という失態を演じてしまったが、今回はその轍を踏まないようにとっとと本屋で確保。

sexy_ana08.JPGsexy_ana10.JPG
せくすぃ~?
まぁ、いちましのキャラはかわいい系なので、『セクシー』と言われると困るが、『セクスィー』ならば大丈夫‥‥か?

sexy_ana14.JPG■セクスィー成分増量
増量してみました。
‥‥(´Д`;)ヾ スミマセン。
sexy_ana12.JPG地平線が高い。ローアングル。
映り込みを表現したいという意図の元に撮られた。<大嘘。

[Today's Tune:いちごコンプリート/折笠富美子,川澄綾子,能登麻美子 千葉紗子]

2005年10月 1日

アイマスCD届く。

通販で購入した、アイドルマスター マスターピース01~天海春香、萩原雪歩、秋月律子~が届いた。
(買ったのはアマゾンではないが‥‥。)
初回限定特典・オリジナルプレミアカードもちゃんと入っていた。

いや~、トークでの雪歩、ボケまくりだなぁ~。
凄いぞ。雪歩!
雪歩:ホントですか~。うれしいですぅ~。
すらP:(いや、褒めているのではないのだが‥‥)

この勢いで、来年初頭にでも『各キャラが他キャラの持ち歌も含めて唄うフルアルバム、合計9枚発売!!』というのはどうだろうか?
もちろんプレミアカード入り。



~収録曲~
1.魔法をかけて!(M@STER VERSION)/天海春香・萩原雪歩・秋月律子
2.THE IDOL M@STER(HYR VERSION)/天海春香・萩原雪歩・秋月律子
3.太陽のジェラシー/天海春香
4.First Stage/萩原雪歩
5.魔法をかけて!/秋月律子
6.魔法をかけて!(M@STER VERSION)(オリジナル・カラオケ)
7.THE IDOLM@STER(HYR VERSION)(オリジナル・カラオケ)
8.トーク「魔法をかけて!~春香・雪歩・律子~」(Bonus Track)

[Today's Tune:魔法をかけて!/天海春香・萩原雪歩・秋月律子]

今一番欲しいもの~。

ITmedia D PCUPdate:24.1インチワイドWideUXGAパネル採用で、フルHD解像度に対応──ナナオ「FlexScan S2410W」 (1/2)

コレ欲しい~。
ナナオの24.1インチワイド液晶ディスプレイ。
直販で15万円台。
量販店でも売られるらしいので、もう少しやすくなるかな。

最大解像度は1920x1200のフルハイビジョンスペック。
サイズは横幅566mm
奥行き230mm
高さは可動で358.7~480mm。結構な角度まで倒れる(モニター面が上を向く)。
まぁ、今のラックが800x500(モニター入れている部分)あるので、収容は問題ないな。
奥行きが半分以下になるのがうれしいかも。
モニターから少し離れられる。
ハイビジョンと言うことで、XBOX360用のモニターとしても使えるのかなぁ‥‥?

EIZOダイレクトだと10/5~予約可能。
まぁ、ビックカメラで買おう。ポイント付くし。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧