2005年8月 8日

雷鳴と共に

郵政民営化法案参院で否決。
小泉首相は衆院の解散を即日決定。

ニッポンの政治が、風雲、急を告げる――。

とりあえず、郵政民営化はまだ先ででもイイから、サラリーマン増税を何とかして欲しい(そのための『民営化』なのだ、と言う意見もあるが‥‥)。

衆院解散の是非についていろいろな意見があるが、まぁ、丁度良い時期だったんじゃないのかな。さんざん公約を裏切ってきた小泉首相だが、「自民党をぶっつぶす」の公約は守る結果になった。自民党の族議員も政策不一致なのに選挙対策に小泉純一郎という爆弾を利用したツケを払う結果になった。

自民党が数の論理だけで利権を握り続けて、大多数の一般庶民を無視し続けてきた時代が終わると良いな。全国族議員マップとか誰か出してくれると面白いのに‥‥あった(2002年3月データで、ムネオ君とか野中氏がまだ居たりと、ちょっと内容は古いが、総選挙やってないから基本は同じ)。大多数を占めるサラリーマンが選挙に行かなきゃ、ますますサラリーマンにとって、ありがたくない国になる。だから、選挙には行こう。結局、政治家なんて票をくれない人達の方向は向かないのだから(選挙キャンペーンじゃないよ)。

ただ、仮に自民が分裂して自爆して、民主党が勝ったとして、ニッポンは大丈夫なのだろうか?
ちゃんと政策・ビジョンを共有している人達が政党をくめよな。

それから、ますます存在意義と存在感が薄くなってる社民党は戦々恐々状態だな。

追記

‥‥って、アニソン聴きながら、同人活動している人間が言っても、アカンか?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧