2005年6月20日

恨ミシュラン

Rd.9USA GPの続き。

~これまでのあらすじ~
初日のフリー走行で、ラルフ・シューマッハの事故を端にして、ミシュランが持ち込んだ2種類のタイヤでは、レースを走りきる前にタイヤが壊れてしまう可能性が高いと言うことが判明。
最終コーナーであるターン13(バンク角がついていて非常に高速である)~メインストレートに至るタイヤ負荷のもっとも大きな区間でタイヤが崩壊すると、非常に危険で、ドライバーの生命を脅かしかねない。

そのため、ミシュランはいくつかの緊急措置(*)をFIAに提言したが、そのいずれもFIAが認めることは無く、逆にFIAはミシュランに対して別の提案(*2)を行った。

結局、双方折れることなく、ミシュランタイヤを履く7チーム14台がフォーメーションラップを走っただけで、ピットイン。レースをボイコットした。

コース上に残ったわずか6台で行われたレース(?)は、当然のようにフェラーリの2台が1-2フィニッシュ。ミハエル・シューマッハが今季初優勝。
ジョーダンのモンテイロ初表彰台。
ミナルディの2人も初ポイントを獲得した。

見に来ていた米国のF1ファンは当然のように大ブーイング。
レース中、コースに物が投げ入れられる危険な状態でもあった。

(*)緊急措置
同区間直前に減速を目的としたシケインを作る。
同区間をイエローフラッグ区間として減速走行を義務付ける。
ミシュランが持ち込む、第3のタイヤを許可する(スペインGPで使用したもの)。
上記措置のペナルティとしては、グリッド順の降格、ドライブスルーペナルティ、タイム加算等

(*2)
ミシュランユーザのみ、自主的に最終コーナーを減速走行する。
ミシュランユーザのみ、ペナルティ覚悟で別のタイヤで出走する。
ミシュランユーザのみ、同種のタイヤをピットに入り交換しながら使う。


「レース中のタイヤ交換を禁じたレギュレーションに問題がある」というのは、自分も以前から言っているが、残念ながらそのルールは現在も有効である。
「タイヤサプライヤーはそのルールの中でタイヤを作らないといけない」という事を前提として考えると、やはり、2スペックとも挑戦的なタイヤを持ってきて、今回のトラブルを作ってしまったミシュランに100%の責があるといわれても仕方ないと思う。

これまで、技術競争の中でBSに対して優位を保ってきたにもかかわらず、1レース持たないタイヤを作ってしまったからといって、今回だけルールを変えてくれというのは疑問だ。
「よく飛ぶバットを持ってきたけど、ボールが硬すぎて折れてしまうので、軟球でやろうよ、ペナルティーは1点ぐらいで」といっているように聞こえてしまう。

BS浜島さんの『安全性を保つのも、コンペティションの一部だ』と言うのが、的を得ている。

‥‥とまぁ、ここまでがミシュランに対するあれこれ。

さて、ここでその問題をうまく纏め上げてエンターテインメントを作り出すのが統括組織たるFIAに期待される部分なのだが‥‥まぁ、こんなルールを作って意固地に守り続ける彼らでは、如何ともしようが無いのは日の目を見るより明らかだ。そして、それは実際にそうだった。

これまでの経緯から、『フェラーリ-FIA』を『悪の組織』と位置づけたい気持ちもあるが(‥‥っていうか、自分は『アンチ・フェラーリ-FIA』だが)、相手がミスって勝てそうなレースをわざわざイコールコンディションにするなんて、ボランティアでもない限りできないだろう。
ましてや、失態を犯したのが、これまでBSとフェラーリのマッチングに散々ケチをつけ、今期の低迷をあざ笑っていたミシュランだけになおさらだ。

「シケイン急造に関して、フェラーリ以外の9チームが承諾した」と言う点で、フェラーリを悪とする意見もあるが、フェラーリとジョーダン&ミナルディでは、そのレースでのポイントの価値が違うだろうし(ファンの方、失礼)、そもそもミナルディはFIAとは対立状態だから反対意見を支持するのも頷ける。
そのミナルディでさえも、「直接のライバルであるジョーダンが裏切って出走したから、ウチも出走した」と言っているわけだし、当事者になれば、その判断は自分が有利なように覆ってしまうものだ。

今回の問題に関しては、『原因部分においてはミシュラン側に全面的な非があり、それをよりよい方法で解決できなかった非はFIAとチームにある』と言う感じかな。

仮にミシュラン勢が、「ノーポイントでも良いから」とペナルティを受け入れ、興行のために、ルールを変更して出走したとしても、もし、1-2-3フィニッシュなんて結果になってしまったら、それこそ茶番だ。
かといってフェラーリが譲歩して、イコールコンディションにしてしまっては別のタイヤを履いている意味が無い。

個人的には、ミシュラン勢はタイヤに加圧して、競争力は劣るけど、ある程度安全な状態で走らせる。
フェラーリが独走するのはあえて放置して、ジョーダン、ミナルディを交えてポイント争いをすると言うのが、妥当な選択だったと思うな。

f1usa.jpgすらじ~が推奨するのは、途中でコースを分け、一方はバンクへ、一方はシケインへそしてストレートの途中で合流する!(<想像図、あくまでも冗談)。


ただ、加圧してどれぐらい安全なのか?どのくらいパフォーマンスが落ちるのか?については、たったこれだけの週回数ではわからない。
やはり、今の『走らない』レギュレーションは改めるべきだよ。
予選後のパルクフェルメルールは無しにして、日曜朝のフリー走行も復活。

もっと走れ!F1マシン。

追記

ところで、ある報道によると、トヨタ・トゥルーリのポールポジションはこのボイコットを見越した上でのことだと言うことだが‥‥ホント?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧