2005年6月20日

6台!

F1GP Rd.9 USA

タイヤ問題が解決せず、ミシュラン勢、ボイコット。
スターティンググリッドについたのは、フェラーリ、ジョーダン、ミナルディのBS勢のみ。

‥‥まぁ、言いたいことはわかるが、折角見に来た数少ないアメリカのF1ファンはかわいそうだよな。
来年からアメリカでF1できないよ。

何はともあれ、老人2人とGPWC側の戦いは次のステージに移りそうだな。

調子が悪くなかっただけに、琢磨の走りを見たかったのだが‥‥。
これで、B・A・Rノーポイントで最下位決定?

ミシュランは『走れないタイヤ』を作ってこうなってしまったということで、アメリカでのイメージは最悪になってしまっただろうね。
悪かったのは100%ミシュラン。
FIAは頑な過ぎるという批判もあるが、ルールがある以上、これはしかたない。

‥‥でも、次戦まで、まだごたごたしそうだ。

追記

スタンドはがらがらの『Fポン状態』。
こんなF1はない。
もし、鈴鹿でこんなことになってしまったら、自分はどういう行動をとるだろうか?

ドライバーの命は大切だけど、何らかの回避策はなかったのかね。

コース上にシケインを作る‥‥というのはあまりにも異常な提案だが、『ミシュラン勢はシケインを通って、BS勢はシケインを通らなくてよい』とかすれば、レースにはならないが、安全も保たれ、さらにどちらの顔も立ったのではないかなぁ‥‥。

どの道、客としてきていたら、許しがたいね。ペットボトル・缶投げ込みはまずいが、『金返せ』コールぐらいは仕方ない。
老人たちもチームも金持ちなんだから、無い袖振って、はるばる来ている庶民のコストぐらい負担すればええのに。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧