2005年2月28日

ラジ館でほとんど用事は済む

日曜、夕方目が覚めた‥‥とほほ。

ワンフェスのブツたちを保存するためにケースが必要だ。
それが無いと部屋の掃除が出来ない(嘘)、
それから、『ぷちぱーティ』を組み立てるのに足りない工具も買い揃える必要があるし、
あちこち工事中のこのサイトも何とかしなくてはならないから本も買いたい。
‥‥ということで、今日も懲りずにアキバへ出かけた。

流れるようなステップ(大嘘)でラジ館へ。

まずは、6Fに直行して工具買い。
ボークスにてドリル購入~。♪ドーリルでルンルンクルルンルン~♪
ちょっと寄り道して、K-BOOKSへ。あ、『ネギま!』9巻出てる‥‥購入。
2Fへ移動~。コトブキヤにてキュービーを追加購入。今回はカラーにしてみよう。

ぐあ~ん、ほろりん出てるし~。即買い。

‥‥というわけで、『瓶詰妖精』ほろろ写真コーナー。
hororo01.jpghororo02.jpghororo03.jpghororo05.jpghororo06.jpghororo07.jpghororo04.jpg今回も瓶詰。ほろりんかわゆすぎ~。

‥‥そんな感じでラジ館から撤退‥‥ラジ館ポイントがあれば今頃ポイント長者なのになぁ‥‥。

次っ。
MovableTypeの本を求めてLAOXに‥‥あ、この前目をつけた本が無い。
さすがアキバ。売り切れも早い。仕方ないから、帰りにビックパソコン館にでも寄るか‥‥。

‥‥さぁ、次‥‥どうしよう。

買うものは決まっている。でも、コストが‥‥ってどうせ後になっても買うんだし‥‥意志薄弱。
石丸ソフトワンになだれ込んで、『ネコミミモード』と『リリカルマジカル』それぞれ2巻目、購入~。

あ、ちゃんとMTの本も購入したよ。

[Today's Tune:NekoMimiMode/葉月]

2005年2月27日

F1、2005開幕前夜

‥‥といっても、ホントに前夜というわけではないが。

来週から2005年のF1がいよいよ開幕。
火曜日にはオーストラリアにマシンが空輸されて、金曜からフリー走行が始まる。


■F1開幕直前スペシャル(CS・フジTV721)。

フジ・塩原アナ、川井、今宮、津川各氏のマニアックな突っ込みに対処できず、哀れ。
‥‥っていうか、川井ちゃん、もう少し優しくしてあげなよ。

下位チーム、チンチンに言われまくり。
トヨタはドライバーを一新して巻き返しを図ろうとしているが、どうやら相変わらずの様子。

昨年のベスト5に入って、議論が白熱してきた。

マクラーレン、期待できそう。
前2年間、新車開発に失敗してきたマクラーレンが威信をかけて臨んできたMP4/20。
バイキングなミッドウイングがイマイチ格好悪いが、コンサバに振ってきた分、安定している。
ライコネンvsモントーヤも気にかかる。


エンジニアの首が飛びまくっている、ヒトを大事にしないウィリアムズ、叩かれまくり。
俺もこのチーム嫌いだから良いけど。特に津川さんがFWとヘッドのことを叩きまくっている。
ヒトを育ててこなかったツケが回ってきた。うん。そうだよね。老害だ。
BMWともうまくいっていない様子。最近、負のスパイラルにはまりっぱなしなのか?


津川さん、ルノーを褒めちぎり(まぁ、ルノーの前身がベネトンだから少し贔屓目なのは仕方ないか)。
爬虫類的フォルムが大そうお気に入りの様子。
川井ちゃんは「こわれまくって‥‥」と言うものの、津川パワーに封殺。
ついに、フィジコに春がやってくるか!?ドライバー対決はアロンソよりフィジケラに勝ってほしいなぁ。


日本人が最も注目している琢磨&B・A・Rホンダは、冬のテストの状況から苦戦している模様。
新車007はホンダから提案した攻め込んだフロントウイングがどうも行き過ぎだった模様で、早々に取り外された。
それ以外、全体的には普通の車でウィリアムズ出の安定志向のウィリスらしい。

攻撃的なホンダは2レース規定を無視して1戦集中2戦目玉砕作戦をとるとか?
『直線番長』の今年はどうなる?


トリは王者・フェラーリ。
改良型F2004Mでスタートして、欧州ラウンドからF2005投入予定。
2002年、旧型・F2001でシーズンの序盤を戦っていたが、
戦力不足のため、急遽シューマッハ用にのみF2002を投入した過去があるが、今年はどうなるか?

2段になっているフロントの通称『チンウイング』‥‥顎‥‥そりゃ、シューマッハは怒るよね(笑い)。
はっきり言って格好良くないから、速くてもトレンドになってほしくなはいよなぁ‥‥。

川井算によると、今年のテスト(バルセロナ)でシューマッハ+04Mは
レースタイムに換算すると、去年より2分速かったらしい。
え?2分?去年のシューマッハが周回遅れ?う~ん。
このヒトはまだ4年は走りたいといっているし‥‥。早いところ誰か何とかしなさい。


テストを見たところ、今年はマクラーレンとルノーもかなりよさそうだが、
やはり王者・フェラーリ&シューマッハが一歩抜けているのだろうか?

B・A・Rホンダ、がんばってほしい。
願わくば、琢磨がポディウムの頂点に立つ日がくることを‥‥。

スポーツの足音が聞こえてきたヨ。

いよいよ球春到来。

プロ野球のオープン戦が始まった。

楽天は緒戦で巨人を破って船出を飾った。
巨人は清原・高橋が調子よさそう。
清原さらにゴツくなってるような。下半身強化しているらしいから、そこを期待。もう一花咲かせてほしい。
コレに小久保、ローズが加わるんだよなぁ‥‥う~む。

新人では『オーナー殺し・一場』がお騒がせしただけの実力を垣間見せ(初球150kmにはびっくり)、
今日の2戦目に先発した巨人の三木は落ち着いた投球で4回無失点。


Jリーグは来週開幕。

リーグ戦王者(Jチャンピオン)とカップ戦王者(天皇杯)が激突するゼロックススーパーカップでは
久々に『宿命の戦い・ヴェルディvsマリノス』が実現した。
93年のJリーグ開幕時は2強といわれていたのだが、2001年1stは15位16位と苦戦したりもした。
ご存知のとおり、マリノスは松田・ボンバーヘッド中沢を中心に黄金時代を迎えている。
ヴェルディはお金が無い中、若手を中心に名将アルディレスのもと復活を目指しているさ中。

肝心の試合はマリノスがヴェルディ新戦力のワシントン(29・元ブラジル代表)一人にやられた感じだ。

元がつくブラジル代表は星の数ほどいるから、どれほどのものかと思っていたが、
日本最高峰DFの一人、中沢が完全に引きずられて振り払われた。
シュートは地味ながら、確実にもぎ取っていくタイプ。
う~ん、コレはすごい選手かも。久々に復活したヴェルディを見てみたい。

さぁ、春は近い‥‥でも、まだ、寒い。

2005年2月26日

ラジアータ斬りっ?

止まっていたラジアータを終わらせた。
人間編だけだが。

再開後、ほんの少しで終わってしまった。
かなり微妙なポイントでやめてたのね。

人間編を終えての所感。
打ち切りが決まっった後、突然展開が速くなって、
語られるべきストーリーを端折って理不尽に終わった漫画。
‥‥う~ん。

■あらすじ

※注意!! ココから下、ネタばれしまくりです。 ※注意

伝説の龍殺しを父に持つ主人公ジャックは、
かつて父が所属していたラジアータ王国騎士団のセレクションを受けに来る。

そこで、自分より数段上の実力を持つ女の子~リドリー~に出会い、セレクションでは惨敗を喫する。
でも、なぜかセレクションに合格し、騎士団入りを果たす。

団長ガンツと新米騎士ジャックと貴族の娘であるリドリーの
3名で構成される小さな騎士団『桃色豚闘士団(ローズ・コション)』は
2度目の任務であるエルフへの親書を届ける旅に出る事になる。

その途中で強敵・ブラッドオークとの戦いで瀕死の状態に陥ってしまうリドリー。
ダークエルフの長、ノゲイラ(‥‥ダークエルフ達の名前、格闘家を中心としたブラジル人の名前で
統一されているようなのだが、実際の選手を想像してしまって、かなり興ざめしてしまう。脱線)‥‥
死にかけたエルフの魂とリドリーの魂をあわせる『霊継ぎの儀』によってリドリーは結果的に助かるのだが、
リドリーの父、ジャスネの謀略により『桃色豚闘士団(ローズ・コション)』は解散させられ、
ジャックと団長ガンツは騎士をクビになってしまう。

その頃から、世界で原因不明の凶暴化事件などが起こりはじめるが、
ジャックはそんな事は露知らず。

騎士団を追われたジャックは傭兵団に入団し、傭兵としての任務をこなして、
城下のさまざまなヒトとの交流で仲間を増やしていく。

試験に落ち、傭兵になれなかったガンツは盗賊団に、
父がジャスネ新たに創設した騎士団の団長になった事と霊継ぎによる体調の変化に戸惑うリドリー。
それぞれの時間は過ぎていった。

そんなある日、リドリーの誕生パーティーに呼ばれた、ジャックはリドリーと久々の再会を果たすものの、
鬱陶しい弁髪キャラ・クロス(貴族の出で、リドリーの許婚でもある)がちょっかいをかけてきたため、
そそくさと城を後にする(撤退早すぎ>ジャック)。

リドリーは霊継ぎの儀を行った事が原因で、ダークエルフの長・ノゲイラが死んだ事を知り、
それによって世界の秩序が狂い始めようとしている事に苦悩するが、
ジャックは相変わらず、傭兵として日々を生きているだけだった。

ある日、城にドワーフからの「製品の値上げ」を願う親書が届くが、
人間はその親書の内容を拒絶し、ドワーフの村に騎士団を送り込む事が決定。

送り込まれた騎士団は愚かなるクロスにより、ドワーフ村を襲撃するが、
突如あわられた地龍により壊滅的な被害を受ける。
ただ、当の地龍もクロスが持っていたオーブの力により撃退されてしまう。

霊継ぎの儀式によってエルフの魂と融合してしまったリドリーはエルフの意思のを受け、
人間と決別し、人間を滅ぼすための器となる事を決意した。
そして、ある夜、ジャックの元を訪れる‥‥。
突然のリドリーの訪問によって少し舞い上がるジャックだが、
悩んでいる様子のリドリー。
ジャックにしてみれば理解に苦しむことを散々ぶちまけた後で、
「すまなかった、さよならだ。」
と去っていく。

※注意!! ココから下、叩きです。 ※注意

ココで選択肢がでて
(選択肢が突拍子も無い。
「リドリーについていく(妖精編):人間と敵対する事になり人間キャラクターがパーティーに参加できなくなります」
「ラークスに会いに城に行く(人間編):すべての妖精が敵となり、以下略」
‥‥と親切のつもりなのだろうが、かつて無い間抜けな選択肢が提示され、
それまでのムードもぶち壊しだ)、この後の展開が180°変わってしまうらしい。

そこで、自分は『人間編と妖精編を選ぶために主人公の気持ちになって考えよ』と
現国のテストのような感じで考えてみた。

・リドリーの状況を聞いたものの、ジャック脳では話がつながらなくて状況がつかめない。
・判断すべき材料は、人間がドワーフ村を襲った事、妖精と人間のパワーバランスが狂い始めていることだが、
それとリドリーが直接つながるなんて考えも及ばない。
・いくら考えても邪な気持ち以外でリドリーについていく理由が見当たらない。
 ただ、その邪な気持ちが発生するほどリドリーに対してジャックが思いを寄せてる節が見当たらない。

‥‥ということで、
「全然わけワカンネェ。リドリーお嬢様だしなぁ。そのうち帰ってくるだろう」
と、リドリーを追わなかったジャック。

選択後、物語は急展開して妖精との全面戦争に突入。
‥‥そのさ中、父の仇(でガンツの父)・ガウェインとともにジャックの前に現れるリドリー。

リドリーへの淡い恋心(<いつからだ?どうしてだ?プレイヤーの自分は
リドリーのグラフィックに萌えてこのソフトを買ったわけだが、ジャックとリドリーは2回しか冒険してないぞ)
と理解不能な行動に対するどうしようもない気持ちにジャックはかき乱される‥‥。

‥‥もう1度リドリーとは再会するが、すでに彼女は遠い世界のヒトになっていた。


また、人間の文明が発達し妖精たちのパワーバランスが狂う度に龍が出現し、
それを無に帰してきたというゲームのオープニングにもある伝承が詳しく語られ、物語は終局へ向かう。

唐突な花火大会イベントが挟まれ(一番好感度が高かった女性キャラに花火大会に誘われる)、
ひと時の安息を味わうが‥‥って、このイベントってどうなの?正直なところ、全くもって萌えない。


だまし討ち、奇襲‥‥人間と妖精の関係は修復不能なところまでこじれ、決戦を迎える。

―悲しき戦いを制したのは人間だった。

だが、伝承のとおりならば、龍を滅ぼさぬ限り人間に平穏は訪れない。
最後のダンジョン手前で仇敵・ガウェインを打ち倒し、その戦いの理由に悩むも最後の戦いは迫っていた―。

「いざ、最後の戦い!」
と少し気色ばんでみたが、ラスダンにはくだらないMAP上のトラップが仕掛けられていて、
同じところをぐるぐる回る羽目に‥‥盛り下げてくれるなぁ‥‥。

ハァハァ‥‥ようやくたどり着いた金龍城内。
そこに銀龍のアンちゃんがしゃしゃり出てきて、
「リドリーさんを助けに来ました。ジャック君の力が不可欠です」
「ハイ、何だってやります」素直なジャック。

回廊を上り詰めた最上部、目の前には金色の龍と虚ろな目をしたリドリー。

ありったけの思いを込めてリドリーに呼びかけるジャック。
振り返るリドリー。
銀龍がリドリーを撃つ。
「リドリーを助ける」って言ったじゃないか~。
事切れるリドリー。
正体を現す銀龍。
「私では器となったリドリーを倒すことは出来ない、またとない好機を作ってくれて感謝している」

‥‥で、ぶち切れたジャックが銀龍をぬっころす。
「俺の思いが銀龍をぶっ殺した」らしい。
崩れ落ちる金龍城を死んでしまったリドリーを負い駆け下りるジャック。そのままF.O.――。

‥‥後日談など特に無く、ジャックは傭兵団を辞め、旅立ってEND。
ポカーン‥‥プレイヤー置いてけぼり。
玉置成美の主題歌がむなしく鳴り響いた。

歌も終わって、最後に風に吹かれるジャックが写った。
コレだけ強くなった後、何しに行くの?


シナリオライターに問う。
リドリーをぬっ殺してしまう意味があったのだろうか?助けてあげても良かったんじゃない?
ほとんど出番が無かった上に最後はおっちんでしまうなんて、哀れすぎ。

そもそも、このシナリオでジャックがどこまで事情を飲み込めているのだろうか?
‥‥この間抜けで能天気な主人公とは最後まで波長が合わなかった。

まぁ、小憎らしい『かませ犬』クロスが、ラスボス・フォティーノにやられて
『こんがり小麦色』になっているのは笑えたが。
わははのは、ざまあみろい。

※叩き、おわり※
※ネタばれ、おわり※

初回クリアまでのプレイ時間、232時間42分46秒。

その時間の大半はポーズ状態で、
残りの時間のほとんどは、(時間調整のため)下水道でゴキブリやドブネズミと戦っていた‥‥。
それこそリドリーが苦悩している日々も女の子パーティーを引きつれ、下水道へ‥‥。


とりあえず、隠しダンジョンに行って、ヴァルキリーを仲間にして、2週目‥‥?
ドワーフの長が言った様に両方からの視点で見なければ物事は見えてこないのかなぁ?
秋にディレクターズカット版が出るかどうか語るのは、妖精編の結果を見てからにしよう。


DQ8の爽快な物語とは対照的なマスターベーション的なシナリオだったなぁ。
直前にやったゲームと対比されるのはかわいそうだが、仕方ないことだ。

あ~、だらだら書いてたら、文体がめちゃくちゃだぁ~。
今度直しておこう。今日は疲れた。

[Today's Tune:Fortune/玉置成美]

超絶に美しいですわ~

ドナドナド~ナド~ナ~。

荷馬車に揺られて、ディスプレイが修理に出て行った。

で、今、眼前には代替品が。

同じ型番のディスプレイなのだが、猛烈に綺麗。超絶に綺麗。
このモニターってこんなに綺麗だったんだ~。

赤が赤に、緑が緑に、青が青にそれぞれ綺麗に発色している。

‥‥っていうか、コレまで画面が白かった中塗っていたから、
自分の絵の色が思っていたよりも濃かった。

はふ~ん。

2005年2月25日

三寒四温と言うけれど。

春一番の翌日に突然の銀世界。
なんなんじゃ~!

一昨日はいきなり17度ぐらいになって、あちい、あちいとへばっていたのに
昨日は一転、雪が舞い落ち、
帰宅時には(朝帰りだったが)、雪が積もってタクシーも徐行状態。

タクシーから降りた後が悲惨だった。
駅まで自転車で来ていたから、回収して帰ろうと見に言ったら、
サドルの上には雪がまさにテンコ盛り状態。
凍える手で雪を掻き降ろし、ズボンが濡れるのを我慢してサドルにまたがる。

「つ、冷てぇ~(X_X)」

哀れ、すらじ~。
そのまま夜が明けたばかりの町を
フラつきながら、自転車で帰っていったのだった。

「こんな天候、嫌じゃあ~!」

2005年2月24日

ワンフェス2005 Winter その3 コナミブース前の混乱

‥‥いつまでワンフェスネタで引っ張るのか?俺。

ぷちぱーティ』をゲットできた事に気を良くした自分は、へろへろとAエリア目指して歩いていった。

途中あれこれ気になるも、11時を少し回っていたため、
当初の目的を果たしに企業エリア目指して移動を開始した。

11時10分。
そろそろ11時半の再整列時間を目当てに人が集まりつつある。
でも、まだまばらで、余裕がある。

スタッフが「まだ並ばないでくださ~い」と叫んでいたので、企業エリアを1週回ってくる。

‥‥5分後。
‥‥戻ってきた。
あ~ヒト増えてるなぁ‥‥。

スタッフはまだ「今、並ばないでくださ~い」と叫んでいる。
‥‥でも、さすがに誰も動かない。
そりゃ、15分前だもんなぁ。

みんな一向に動かないばかりか、人垣は厚みを増していく一方。
それまでの若いスタッフに加えて、ちょっと貫禄の入った茶髪グラサンのおっちゃんが出てきて、
「ココで!並ばないように!」と威嚇するも、誰も動かない。

そうこうする間にも時間は過ぎて、約束の刻は近づきつつある。

‥‥先ほどのおっちゃんが若いスタッフに「囲い」を作るように指示。
チェーンが短かったがために、誘導路を作れずに、コンクリの上にガムテープで線引き。

WF05W06.JPGその状況。

応急処置感があふれまくっていて、いやはやなんとも。

周囲の人たちと、
「混乱するのは分かりきっているんだから、
11時半なんて時間で切らずに最初から並ばせておけばよかったのに」
という話をする(おそらくあの場にいた人たちがあちこちでこんな話をしてただろう)。

「コレで一部の人だけに売ったら、買えなかった人は暴動モンだよね」
「混乱を避けるならば、売らないのが最善かも」
「大体、『1人18個まで』ってなんやねん!?」

で、とうとう11時半‥‥。
収拾つくのかなぁ‥‥。

「これから、入れますので、落ち着いて入ってください!
 混乱が起こると、イベントが中止になります!
 私も困りますが、あなたたちも困りますよね!?」

‥‥そりゃ、困るわぁ‥‥。

ということで、静々と歩を進めようとしたところ、ぐちゃっと列が壊れた。
後ろから押されて前のほうの人が耐えられない状態になっているからだ。

いたたたたたたたた。

後ろに並んでいる人にとっては出来るだけ早く前に出ねば、列には入れるかどうかすら怪しいし、
並べなければコレを目当てに寒い中ならんだヒトは全くの徒労に終わってしまう。

それも、売る側の仕切りが悪くてこんな状態になっているのだから、必死になるのは仕方ない。

運悪く11時半のタイミングを逃してしまったがために、ホントにほしくて来たのに買えず、
それが、テンバイヤーにわたるなんて、ありえない(ヤフオク見たが、ほとんどプレミアついてないね、ほひひ)。

そんな必死なヒトばかりの状態で、コントロールなしに「ゆっくり入ってください」じゃ、混乱するわな。
きちんと整列させた上で、一人一人送り込む形を取れば良いのに‥‥と思っていたら、
途中から件のおっちゃんが、「あんた、あんた」と肩をたたいて入場させるスタイルに変更。

‥‥で、問題が。
そのおっちゃん、自分の傍に来たヒトの方だけをたたくもんだから、
早々に最前列まで来ていたのに、逆サイドのためなかなか入れない。

タイミングを見計らって、肩をたたかれる位置に入って、列に加わった‥‥。

んが‥‥俺、最後カヨー。
後ろには誰もいない。
みんなの視線が突き刺さる。
‥‥タラーリ。
後ろでは罵声が飛び交う。

こんなに後ろめたい気持ちは久々だよう~。
一旦、人垣を壊そうとするスタッフと、罵声を浴びせる一部のお客様がもめてるよう~。

そんな状態もしばらくした後、自分より後のヒトが列に加わる事で解消され、
さらにもうしばらく待って、ようやく購入できた。

それから、列に入るときに別れた、名も知らぬ同士にも物を渡すことが出来た。


おとぎ銃士 赤ずきん』――。
その名は、自分の記憶の中に人々から生暖かい目で見られたいや~んな思い出とともに残るであろう。


その後の様子はトラックバック先のサイトさんに詳しくありますが、
‥‥なんだかなぁ‥‥。

[Today's Tune:ハッピー☆マテリアル/
麻帆良学園中等部2-A(相坂さよ、明石裕奈、朝倉和美、綾瀬夕映、和泉亜子、大河内アキラ)]

2005年2月23日

ディスプレイの修理

ディスプレイが壊れた。
正確にはずっと壊れっぱなしなのを放置していただけなのだが。

W杯の熱も冷めやらぬ2002年の秋、
当時、最新だったナナオのFlexScanT-966を購入。

それまで使っていたイイヤマの21吋ディスプレイは、磁気の影響か、画面の一部に強い変色が発生したのだが、
それでも我慢して使っていたところ、そのうち、パツパツと音を伴うノイズが入り出した。

「うひょ~。そのうち爆発したりしないかしらん?」

色がおかしい事にうんざりしていた上、そんな状態になったので
買い換えに踏み切ったのだが(中古品だったし)、今回は新品の上、まだ3年経ってない。

症状としては、画面に514本の斜線(1600x1200時)が入って、
コンバージェンスがずれたようになり、その上、画面が白っぽいというか、白い。

よくもまぁこんな状態で画面を見つめて、色を塗っているモンだと我が事ながら思う。
‥‥で、とうとうこのディスプレイも前のヤツと同じようにパツパツ音をたてはじめた。

「もうダメじゃ~。」とついにギブアップ。
とうとう修理に出すことにあいなったわけである。

保障期間中ということで、今週末、引き取りサービス+代替品がくるので、
サイト更新が止まったりすることは無いが、ブラウン管の保障は1年らしい。
ブラウン管の修理だった場合、いくらかかる事やら‥‥。

それにしても、自分は『モニター運(?)』が悪い。
昔のX68のディスプレイテレビ、Aptivaのモニター、件のイイヤマディスプレイ‥‥。
壊れ続けて10余年‥‥。

はぁ。
もう、発色なんか気にせずに液晶モニターに逃げようかなぁ‥‥。

[Today's Tune:Adolescence/UNDER17]

2005年2月22日

P-723

なっちキター----------!!

なっちといってもつんく♂さんのところの彼女ではなく、日向さんのところの夏美殿

p_natsumi01.jpgp_natsumi02.jpg
‥‥というわけで、
『ケロロ軍曹第10巻パワード夏美パック』到着~。

むう、このところ立体づいているのう。
というわけで、撮影。

p_natsumi03.jpgp_natsumi04.jpg相変わらずピンボケ‥‥ハァ。
ペコポン(ポ○ペンは放送禁止用語)でも、
うまく撮れるデジカメでも買おうかしらん。
 
パックの中身を簡単に説明すると、
パワード夏美フィギュア+単行本10巻(‥‥って、そのままやん)。

夏美フィギュアは手足、お下げパーツを交換することによって(本体部分はコンパチ)、
『スク水モード』に完全変形(?)するのだ!!

‥‥ケロンの科学力、恐るべし。

ゲロゲーロ。

[Today's Tune:アフロ軍曹/ダンス☆マン]

2005年2月21日

ワンフェス2005 Winter その2

WF2005レポート2回目。

WF05W02.JPG企業エリアをでて、気になっていたディーラーさん、「Flowershop」様のところへ。
こちらの「ぷちぱーティ」というミニドール、
サイトで見かけてすごくかわいくて気になっていたのだ。

‥‥実物を見る。うあ~、写真もいいが、本物はもっと萌えですにゃぁ~。
ちゅうわけで、速攻購入。
1つだけだったけど、複数買えばよかったかなぁ~。
でも、たくさんの人に行き渡った方が良いし‥‥葛藤、葛藤。

写真もサイト掲載もOKということで、
ファンネルと化している相方に借りたデジカメにて
ぱちぱちと撮らせていただきました。

WF05W03.JPG最初の写真以外は会場が暗かったため、
要らぬ知恵を働かせてフラッシュを焚いたら、うぐ‥‥し、白い。
悲しいことになってしまった。

WF05W04.JPGこういうのを露出が高いって言うのか?

いつも、電話機のカメラしか使ってないからにゃぁ。
‥‥写真の知識を身に付けねば。
 
 
WF05W05.JPG苦し紛れに色調補正などして、火に油を注いで見る。
‥‥赤くなってしまった。
 
 
 

  
‥‥。
き‥‥気を取り直して。

とにもかくにもかわいいので、早いところ組み立てたい。

※ジャンル的にはドールということで、ドールイベントでは完成版を頒布されているようだが
 WF版はイベントにあわせて(?)組み立てキットになっている。
 ちなみに服は付属していないので、どこかで調達せねばならない。
 また、ハダカんぼうさんはサイト掲載禁止になっているので、
 生まれてくる(笑い)ウチの子が掲載できるのはいつになるやら。

WF05W05B.JPG

‥‥単なるゲームキャラのガチャガチャから始まって、こっち(立体)方面の趣味が広がっているような‥‥。

まだ、続く。

ホリえもん@きょう出来

結構、焦ってるなぁ‥‥。
発言がとげとげしい。

『放送をインタラクティブ化とかオンデマンド化したい』って言っているけど、
ネットでデータを簡単に複製できる今の世の中では、まだ難しいんでは~?
『オンデマンドでいつでも好きな時に見たい部分だけ見られる』んだったら、CMは付いてくれないだろうしし。
『データコピーされたら、その分の収入が入ってこなくなる』じゃぁ製作者が食いっぱぐれる。

『いつでも見られる』で見たデータをマーケティングに使われて
『あなたにはこんなオタグッズがお勧め!』なんてメールが届くんだったら、
気持ち悪くておちおち見てられないし‥‥。

CMに変わる確実な収入を見出さない限り、コンテンツを持っている側は
自分のかわいい財産をネットの荒波になんて出したくはないよね。

まぁ、その収入だけでニッチコンテンツが成り立ってそれがどんどん作られるんだったら、
オタク的にはそれでうれしいけど、偉い人にはそれがわからんのですよ。

いや~んな感じ~

たまには弁当でもと思って入った、某オリジン弁当にて。

注文して、しばし、待つ‥‥。

ん?前のヒトがクレームか何かで取り消しになったようだ。

ありゃ、後ろで店員が別の弁当におコメを移している~。
余り物を入れられたみたいで、なんかいや~んだのう~。

‥‥って、その弁当には自分が頼んだおかずが~。
はわわわわ~。

帰宅してあけてみると、本来ご飯の上に乗っかっているごま塩はぐちゃぐちゃ。
1度別容器に移したから、さめちゃってるし‥‥。

まぁ、別に落としたわけでなくて、食べられるからいいんだけれど、なんだかなぁ‥‥。

2005年2月20日

ワンフェス2005 Winter その1

昨冬は折りしも、リカヴィネ、わたおに、リセヴィネと『ヴィネ祭り』真っ只中。
好天もあいまって、東京ビッグサイトはかなりの人出になった。

今年はその波もひと段落し、落ち着いてきた感(高位安定だが)もある。

‥‥が、そうは言っても、欲しい物は出るものだ。
んなわけで、今年も行って参りました、ワンダーフェスティバル(夏WFはコミケ直後なだけに、厳しいものがある)。

ファンネル1機を伴って、昨年より少し早く有明入りしたところ、努力したよりも少しだけいい位置を確保できた。
(‥‥といっても、全体で見るとかなり後ろのほうではあるが。)

昨年はビッグサイトからゆりかもめ東京テレポート駅の途中の橋まで列が出来て、そこから折り返していたが、
今年は橋での折り返しもなかった模様(後方まで見に行っていないので、正確には分からないが)。

「天気は昼ごろには回復し、気温も午前9時には10度ぐらいになる模様」
という、気象庁発表の天気予報を信じ傘も持たず、汗で風邪をひかないように少し軽装で来た。


WF05W01.jpgしかし、空はせせら笑うかのように一面の雲に覆われ、挙句の果てには冷たい雨が落ちてきた。
行列の中で傘の花が開きはじめる。

「‥‥仕方ない、いくか。」
傘を求めて、ビッグサイト前のコンビニにダッシュ(会場や会場周辺を走ってはいけません。ダメダメ)。

売り切れを恐れて、息を切らせてたどり着いたのだが(距離が結構あった)、
「‥‥むちゃくちゃあるし。」
にわか大手となったコンビニには、この雨を予見したのか、大量の傘の在庫が‥‥。
‥‥天気も、気象庁に聞くより、コンビニに聞いたほうがええんでナイカイ?

傘を持って帰って、ファンネルと化した相方とあれこれはなして時間をつぶすうちに、あっという間に会場時間。
おお~、早い(<そりゃ、7:30着で2.5hしか並んでないんだもん)。
入場行進中に一旦止んだ雨がぱらついてきたが、もう傘を開くこともなかった。

さぁ、入場。

まずは企業エリアへ。
ファンネルをオフィシャルに送り込み、自分はコレを求めて、コナミブースへ。
やはりかなりの行列になっていた。

「あ~。行列だなぁ~」
と思って、最後尾に付こうとした所、
「もうならべませ~ん。」
「がび~ん、もう?」
「あ、11時30分から再度列を作りますから~。」
「あ、そうですか~?」

「11時過ぎにもう一回か‥‥」と、時間だけを覚えて、
一番抑えときたいものをGETするために(だったら先に行けよ)、一般ディーラーエリアへ移動した。


――その時点では、あんな侃々諤々の騒ぎが発生するとは思ってもいなかったのだが――。

明日に続く。

[Today's Tune:OPEN YOUR MIND ~小さな羽根ひろげて~/石田耀子]

WFから帰還

モモーイを捨てて(<冗談。今晩、仕事があるため。)行った、ワンダーフェスティバル2005Winter。

雨が降ったり、ヒトがキレたり、いろいろあったけれど、
とにもかくにも、すべての予定していたミッションをこなして帰還。

あ~、たのしかった~。
レポはおいといて、ひとまず、寝ます~。

2005年2月19日

※、コメ、米が~!

今日は明日のワンフェスに備えて風邪をひかないように自宅にこもっていようと思って、
昨晩のうちに今日の食料をあれこれ買い揃えていた‥‥(太るってば)。

で、今晩は納豆卵ネギトロにしようと思っていたのだが‥‥。
こ、コメがない‥‥。
ああ~、うまくいかないなぁ。
何を考えていたのか、明日必要なカイロもこの前まとめて捨ててしまったし‥‥。

‥‥仕方ないから買出しに行ってきますか。

2005年2月18日

ランブルローズをカバンに入れて

恵比寿のオシャレな和風バーで女の子とお食事(いわゆるデートのようだが、そうでもないのだ)。

‥‥今日は仕事のついでにアキバに寄って(アキバのついでに仕事した?)、
予定通り『ランブルローズ』をゲトーしてきた。

アキバの各店では発売キャンペーンということで、ランブルを購入して、くじを引いてあたれば、
ランブルタオルがもらえる(ちなみに当選率は90%なのだが)。
自分はソフマップ1号店で購入したのだが、店頭でくじ担当していたおねーさん、
とってもかわいかった~(萌え)。

‥‥購入時にははしゃいでいてすっかり忘れていたが、冒頭のイベントがあった。
カバンの中にはランブルのポスターとソフトと、景品のランブルタオル‥‥(泣き)。

む~ん。

さて、コレからプレイするか(ラジアータのクリアは当面あきらめた模様)。
そういやトップに引き続き、零子の声も日高さんだねぇ。

[Today's Tune:Look to The Sky(日ノ本零子のテーマ)/Sota Fujimori feat.Yoshiko]

さらばニフティサーブ

ニフティサーブ2005年3月31日から順次サービスを終了して行き、2006年3月末で終了。

そっか~。ニフティサーブなくなっちゃうんだねぇ~。

最初のネットワーク上のパソコンはやっぱりニフティで、
当時はMIDIやグラフィックのフォーラム(FXXXXって表現します)によく行ってたなぁ。
だんだん草の根ネットばっかりになって、NIFはほとんどメール専用だったけど。
そのころはインターネットはまだ閲覧専門だった。
メールも仕事では使っていたけど、プライベートは使えるヒトの多さからNIFだったなぁ。

大いなる役目を果たしたと思う。
お疲れ様でした。
あと少しの期間だけどがんばってね。

================================================
FENICS-ROAD 2

HOST NAME?
*C NIF

COM
Enter Connection-ID --->SVC
Enter User-ID --->XXX99999
Enter Password --->

ようこそNIFTY-Serveへ
Copyright (C) 1996
by NIFTY Corporation
All Rights Reserved

前回LOG OUT 96/03/09 22:04:00

--メールが12通届いています(未読分5通)--


NIFTY-Serve TOP
1. サービス案内・検索 2. 電子メール
3. 掲示板 4. CBシミュレーター
5. フォーラム/ステーション  6. ニュース/スポーツ/天気予報
7. 企業/経済/人物/行政 8. 科学/技術/翻訳
9. 書籍/教育/就職 10. 趣味/旅行/生活/ボランティア
11. 占い/クイズ/ゲーム 12. ワープロ/コンピューター
13. ショッピング 14. 海外データベース(INFOCUE)
15. コンピュサーブコーナー 16. ビギナーズコーナー
17. インターネット/他ネット接続 E. 終了
>mail
電子メール(1:受信 2:送信 3:送信簿 0:その他 E:終了)
>1
受信数:12
番号 送信者 日付 題名 行/KB
================================================

自分が使っていた最後の頃の通信ログ(後生大事に持ってたりして)。

懐かしいなぁ~。

2005年2月17日

ランブルまでにラジアータ

クリアしたかったのに~。

ラジアータストーリーズ』、イマイチ乗らないことが多くて、なかなか進まない。

とりあえず、初回は人間編をプレイしているのだが、
リドリーを追いかけなかっただけなのに、かつて仲間として戦ったダークエルフを叩きのめしたり、
おとなしかったゴブリンを片っ端から殺戮する羽目に‥‥。
む~、どうなってんの?

たくさんいる仲間は、たくさんいすぎて、本筋のシナリオ上は全く関係ないし。
一緒に冒険しているはずなのにイベントシーンでもほとんどジャック(=自分)一人しか出て来ない。
単にキャラクターをコレクションするだけのようで、人間編をクリアしたとしても、
仲間キャラのコンプリートのために、もう一回妖精編をやるのはかなり億劫だなぁ‥‥。

コレなら、『ネギま!』やっていたころのほうが充実していたなぁ。
明日からバカゲー『ランブルローズ』に逃げ込むぞな~。

2005年2月16日

バレンタイン終わってるのに~。

去年のバレンタインの絵の続き、今年はあおいさん。

あおいさんは後半(ライエル編)のほうが好き。
物語が始まった当初、あおいさんは健太に対してお姉さん然としていたけど、
リメルとの決戦の前後から立派な正義の味方に成長した健太に対して別の感情が強くなっていく。

リメルに勝利した後の別れと新たなる敵の出現による再会を経て、
近づいていく健太との心の距離、深まっていく愛情。

でも、ポドリムス人と3次元人、一緒になることが出来ない、
それに自分が見守ってきた健太と美紅との間に割ってはいることもためらわれる。

結局、健太と別れ、ポドリムスに帰るために殺されたふりをするあおいさん。
健太は自分の夢であるウイングマンのすべてを捨て、あおいさんを生き返らせようとする。
でも――。

もう切なくて切なくて――。

最後の最後に物語の最初まで時間が戻ってしまうわけだが、
記憶を失いながらも、『かつてあおいさんと出逢った場所』のことを
「なんとなく気になる」とおぼろげでも覚えている健太に対して、
うれしくて我慢できず、キスをして去っていくあおいさん。

やっぱりウイングマンは健太とあおいの出会いと別れまでの物語だったわけだ。

もともと美紅派として読んでいたウイングマンだったが、
このエンドは当然のように受け入れられた。

生きているうちに、もう1回ぐらいこんな物語に出会ってみたいものだ。

wingman_aoi.jpgで、今年のバレンタインはあおいさんということにしたのだが、
まだ、この絵は完成していない。

隠しフィーチャーがあったりするんだけど、ココでは公開しない。
実は恥ずかしながらとある方にプレゼントさせていただく予定。
明日中には完成させます、もう少しお待ちください。

さて、絵について‥‥う~ん、似ない。
自分の絵柄にできるだけ合わせて描いていたのだが、どうしても似ない。
試行錯誤の末、現在の形に落ち着く。
‥‥まぁ、あおいさんに見える‥‥かなぁ~。
う~ん、単なる実力不足。

シチュエーションとしては、怒っているのではなくて、ヤキモチ焼き中。

美紅ちゃん、あおいさんと繋げて、来年のバレンタインは‥‥常識的に考えて桃子?

[Today's Tune:ボーイフレンド/堀江美都子]

じしんはこわいのよ

とりあえず、絵を1枚アップして寝ようかと思っていたところ、
ぐぐぐ‥‥ぐらぐらぐら‥‥あ、あああああ揺れてる~。
おおお、なかなか収まらない、長い、長い。早く止まれよう~~。

とりあえず、危険なPCの前から離れてTVをつける‥‥。

コレでも震度3か‥‥。

M5.4、震源の深さ40km。
震源に近い茨城では震度5弱を記録したらしい。
けが人が出ないことを祈っております。

‥‥まだキーを打つ手が落ち着かない~。
もう、寝れないかも。
うぐうぐ。

おあ、更新がっ!

ココのところがんばって落とすこともあまりなく更新を続けてきたが、連夜の午前様にて更新スト~ップ。
うあ~ん。

仕事とサイトとゲームと同人活動とオタクの両立の道は厳しい。

2005年2月13日

キュービー?

‥‥っていうと、ヴァンパイアセイバーの女王蜂

ちなみに3分間クッキングはキューピーで、チーズはキュービービーである、念のため。

‥‥戯言はコレぐらいにしておいて前項の続き。

K-BOOKSをでて、いつものルートでラジ館2Fへ。
いつもは軽く流す感じのKOTOBUKIYAなのだが、気まぐれでちょっと奥へ。

あ、飾り棚。そう、飾り棚を買わなければいけなかった。
増え続けるフィギュア・カプセルトイにモニター周りを占拠されているこの状態を何とかせねばと思っていたのだった。

いろいろなタイプがある。
現在、自宅にあるのは前面がアクリル板で、中板を調整できるありがちなものと、
大き目のフィギュアを整理するための、本来はビデオテープ収納用のガラス戸の棚。
でも、どちらも飽和状態。
収納用品を買って一度は片付いても、次から次にラジ館に行っては
わけの分からないものを買って来るバカタレがココにいるからだ。

‥‥というわけで、増やせる、1個1個が安価だというキュービーボックス(エポック社)を買ってきた。

エポック社が作っているということで「供給も安定しているだろう」というのも買った理由のひとつだ。

cubeebox1.jpg外箱。
ベーシックセットなるものを買ってきた。まずは基本からだ。

cubeebox2.jpgつなぎ目。
レゴブロックのようにこの部分を組み合わせるのだ
(ちなみにレゴのようにガチッとくっつくわけではない)。

cubeebox3.jpg先週ガチャってきた苺ましまろの面々。
美羽がほしいところだ。


イイこと尽くめではないので、そちらの報告も。
このキュービーボックス、キュービーというだけあって立方体が基本サイズとなっている(横2倍サイズもアル)。
手に持ったりするにはちょうどいいサイズなのだが、どうもこのサイズ、高さがあわず(それもぎりぎりで)入らないものが多い。
う~、あいた~。

ブロックの組み合わせのことを考えると、中途半端なサイズは出しにくいだろうが、今のサイズに加えて、高さが1.5倍や2倍の物がほしいところだ。

さて、入れ物も増やしたところで、来週はワンフェスだ。

‥‥あ、入れ物が早くも満員です~。

今日のラジ館4Fは微妙に人口密度が高かった。

土曜日は『ワンダーフェスティバル(以下、WF)』公式ガイドを買いに東の総本山、海洋堂ホビーロビー東京へ。

前回'04夏WFは『夏コミ萌え尽き』直後にもかかわらず、耐えて行こうとしたけれど(ガイドブック買ったのに~)、
超弩級歯痛(人生最悪の歯痛)』のため、泣き寝入りしてすごした。

今回は体調的にも問題なさそうなので、参戦予定
(再来週の月曜日、仕事を休めないことが判明したので、残念ながら台湾行きは断念~)。

遅めの到着だったが、さすがにいつもよりヒトが多かった。
でも、特に並ぶことも無く、ファンネルの分も含めて2冊購入。

主催者出展の『ワンダ&リセットのオシャレ泥棒』(原型:大嶋優木氏)のおためし版、がついてきた。
wanda01.jpg
‥‥う~む。写真の写りが悪い~っていうか、取るほうが下手。
でも、クリアモデルって怖い~。
せめて顔が一体成型ならば、まだ見られるのだが、頭部もパーツの組み合わせで出来ていると‥‥もはやかわいいなどと評価不能である。

ラジ館4Fを後にして、3F、K-BOOKSをうろついていたが、腰の具合が悪くなってきた。
JINKI新装版を購入して、早々に2Fへ(<撤退せんのか?)

続く

[Today's Tune:FLY AWAY/unicorn table]

2005年2月12日

♪だれが?コメントスパム~

♪と・め・て!コメントスパム~ コメントスパムがとまらない~。
‥‥普通のコメントはぜんぜん来ないのに~(愚痴?)。

削除している合間にもどんどん新しいコメントが書き込まれてしまうので、
書き込ませないように、対策。

「timasoft.ddo.jp みたいですよ」さま
「英語のみのコメントをはじく」方法で対策しました。ありがとうございます~。

※『Sorry!Japanese Only/日本語で書いてねん~』と表示されるように独自色を出してみました~。

Ver.2時代は対策してんたけど、Ver.3にアップグレードして放置してたのね。
でも、3.15にあげたら、また忘れたりして‥‥先にアップグレードしておけばよかった~。残念!

ちなみに「初めてのトラックバック」‥‥。

[Today's Tune:ロマンティックが止まらない/C-C-B]<ベタ過ぎるよ。

2005年2月11日

05夏コミ・サークルカット描く。

夏コミのサークルカット。
まだ寒いのに夏のことを考える日々。

cc68.jpg絵的にシンプルな方向で‥‥っていうか、複雑なものが描けないだけ?

相変わらず小麦ちゃんなわけで、れあしすてむ自体が完全に小麦ちゃんサークルのようだが、本質は違う‥‥ハズ。
もともと、オリジナルのカードゲー(非電気ではない)を作ろうといってはじめたんだけど、パズル風ゲームになって、今度はアクションにしようとしているんだから、人生とは分からないものだ。
『笑えるシナリオと楽しめるゲーム部分とちょいHなサービス』のあるゲームにしたいという本質は変わらないのだが、実力がついてこないのは言うまでもない。

‥‥とにもかくにも、がんばって『小麦ちゃん時代』の総決算的なものにしたいと思う‥‥がなかなか厳しいんだなぁ、コレが。

あとは申込書を書くだけだ。
がんばってくれ、担当者。
申し込みの猶予はわずか1日だ。

[Today's Tune:あなたがだいきらい/中原小麦(桃井はるこ)]

2005年2月10日

うあいた~。

サッカー日本代表、北朝鮮に大苦戦‥‥。
む~。
さびしいなぁ~。

弾幕薄いよ!なにやってんの!って感じ?

2005年2月 9日

誰が組んでやるもんか!

‥‥って感じなんだろうなぁ。

フジテレビ、ライブドアと提携するつもりは無い」。

前日のライブドアの敵対TOB敵対的買収(修正)により、
ライブドアがニッポン放送の大株主となってしまい、
現時点では実質ニッポン放送の子会社であるフジテレビにとっては大問題。

放送コンテンツとネットのポータルによる物販や金融を融合することによって
相互メリットを出したいと目標を語るホリえもん

多数のコンテンツを抱えている地上波キー局にとってはそんなこと余計なお世話だし、
TVがいよいよだめになったときに自分の力で出て行けばいい。
コンテンツを安売りする必要など全くない。

今はコンテンツをもっている人たちが一番強い世の中なのだ
(そして、コンテンツだけではなく、電波というインフラも持っている)。

しかしながら、ニッポン放送の約3分の1を抑えられて、第3者割当増資も出来なくなってしまった
今となっては、フジテレビはがんばって買い戻すしかないんだろうな‥‥。
‥‥っていうか、ホリえもんがメディアまで持ってしまうと、ネットどころではなくて、かなり強烈だなぁ。
ニッポン放送の株を買い増して完全子会社化して、フジテレビの大株主‥‥。
仮にフジがTOBを成功させたらさせたで、ホリえもんには大きなお金が転がり込むわけで‥‥。

2005年2月 8日

マルチ完成‥‥?

先々週からのマルチ、最終回。

multi072.jpg
まず、リボンの輪郭線を修正して、色塗り。
向かって右側が大きい気がするが‥‥黙っていよう。

次に服の輪郭線と手を修正して、犬さんをなでる手が入るように
キャンバスサイズを大きくする。
服を塗る。下書きよりも少し明るめに設定。
影の境界をぼかすかどうか悩んで、結局、混在させることに。

マルチの仕上げ、髪のシャドウをもう1色追加。
目の細部の補正をして、キャラの部分終了。

最後に文字入れして、細かいことやる体力が無かったので背景の色を増やすだけで、おしまいとした。
で、結果こんな感じ~。

まぁ。よしとしておいてやるか。ふぅ。

[Today's Tune:大好きだよ-Into Your Heart-/谷咲ナオミ]
この曲を作曲したジョー・リノイエ氏は名曲Yes,I Will by森川美穂(『ふしぎの海のナディア』ED)の作曲者
(主題歌ブルーウォーターも編曲)。
今となっては90年代の徒花?武富士の「シンクロナイズド・ラヴ」も作曲してたり。
かつては平井堅のプロデュースもしてたのね~。

2005年2月 7日

ぴたたん~PART2

昨日、友人からPSPを借りてきた。

ゲームはたったのひとつ。
ことばのパズルもじぴったん大辞典』。

ラジアータ』のこともすっかり忘れて、ぴたたん~。

勢いで進める「どきどきパズル」もいいが、じっくり考える「こつこつパズル」が好き。
いや~。これ以上やると中毒になりそうだから今日はコレぐらいにしといてやるか。
♪ぴたたん~。

[Today's Tune:ふたりのもじぴったん ( fine c’est la mix )/ふるはらなな]

REMIX:capsule 中田ヤスタカさんってPerfumeのプロデューサーね。
思わぬところでリンクするもの。

ココで聴けるよ

2005年2月 6日

目的があって行ったわけでもないけれど

今日もアキバへ‥‥。

まず、インドカレーのお店『シャリマール』にて、ランチ。

このお店は2度目。
バイキング形式で3種類のカレーが食べ放題。
ナンとお米も食べ放題。
おまけにサラダも食べ放題。

昨晩食べ過ぎたせいか食はイマイチ進まなかったが、美味しかった。

そのまま、踵を返してラジ館へ。
WFのカタログを買おうかと思っていたら‥‥まだだった。

悔しかったので、『苺ましまろ』のガチャで憂さを晴らそうとするも、千佳、茉莉ときて‥‥伸ねえだった。
この流れなら美羽だろ?普通(<ガチャガチャに流れなんかありません、あしからず)。
あ、アニメ版の伸ねえって20歳なんだ~、つまんねぇ~。タバコばっかり吸うからだぞ。

K-BOOKSで無印のJINKIを2冊買って、ラジ館からは退散。
今週中にまた来なくては‥‥。

その後、LAOXで京ぽんを購入。
PHS 京セラ AH-K3001Vの解説本なのだが、いろいろできるのね~。
自分は出先からのサイト更新ぐらいにしか使っていないなぁ。
もう少し使い込んでみよう。

本も買ったので、お茶。
先日『CureMaid Cafe』に行ったばかりなので、
今回は『Mai:lish』に行きたかったが、店の入り口は相変わらず行列。
‥‥列に加わるそぶりすら見せることなく挫折‥‥未だ、未踏の地のままである。

‥‥というわけで、もうひとつの選択肢『Cos-Cha』に行くことにした。
店内はナースだらけ。おお~、スカート短バキッ‥‥うぐ‥‥。
でも、明日からの『クラシックメイドウィーク』のほうが個人的にはよかったなぁ‥‥。

‥‥まじかるナースvsウシチチタヌキ冥土?
‥‥でも、メイドさんのほうが‥‥。

昨夜は‥‥。

友人と近所の酒場で飲んできた。
‥‥というか食いまくってきた。

それから、夏に向けていろいろ話。
まずは‥‥冬のアレを再ビルドするところからだ。
ということで、現在、絵の追加とキャラクターサイズの拡大を‥‥。
出来たら、サイトでDL可能にする予定。

あ、サークルカット書かねば。

[Yesterday's Tune:Neko Mimi Mode/葉月]

2005年2月 4日

ゴメン!キミコ!もう、逢えない!

‥‥16年たった今も、やっぱりノリコは歳をとってない‥‥。

3週連続4本購入のゲームラッシュを締めくくるのは、『トップをねらえ!』(PS2)。

まだ、ラジアータネギま!も終わらせていないので、本腰を入れるのはもう少し後になりそうだが、
「ポリゴンによるOPの再現」というヤツにつられて、購入。
―『トップ』は大好きな作品なので、遅くなったとしてもどの道買うのだが
(6話までという短い話数ながら、一番回数を見たアニメだ。DVD版は買ってから、すでに5回は見てたりするし、
昔ダビングしたビデオは擦り切れるほど見て、いまだビデオデッキに入っている)―。

で、OP‥‥これだけでも面白かった~。

―当時目を惹いた、今や伝説のノリコの「乳揺れ」や
 ナウシカ(ノリコのマシン兵器)のアクション>ノリコの目のアップ>ノリコのアクション。
 がっしゃがっしゃとマシン兵器を操るおねえさまとユング―。

がんばって再現しようとしている‥‥残念ながら動きが少しもっさりしていて、
原作のもつ「音楽と絵がシンクロするリズム感」の完全な再現には至っていないが、
名シーンを再現しようとするその心意気は買える。

「揺れ」のぷにぷに感が足りなかったり、
マシン兵器を操作する指の動きが割愛されてたりしてちょっと残念。
あと、おねえさまの横顔がでっぷりしてるのは‥‥かなり悲しいぞ。


‥‥ちょっとだけゲームをやってみた。

『第〇話トップをねらえ!前夜祭』
沖女(沖縄女子宇宙高等学校の略)は、ただいま体育祭の真っ最中。
(体育祭とはいっても、マシン兵器で組体操や短距離走を行うのだが。)

おねえさまことアマノカズミは校内新記録を打ちたて、
ノリコは相変わらず大転倒のビリ(それでもくじけないのはエライが)。
憧れのおねえさまに話しかけるチャンス到来?も遠くから眺めることしか出来ないノリコだった‥‥・。

‥‥キミコ(※)、声、老けてねぇ?
‥‥っていうか、渕崎さん、声が紅蘭です、それじゃ。
(アニメ版ではキミコの声は結構甲高くてかわいらしかったが、残念ながらオバサン声になってる‥‥。)


それにひきかえ、日高さん、声変わってないねぇ~。


‥‥というわけで、冒頭に戻るわけだ。
やっぱり、ノリコは歳をとらない‥‥!

※キミコ
 ヒグチキミコ。ノリコの沖女での同級生にして親友。メガネっ娘。シニカルで現実的な面がある。趣味は占い。
 戸籍上は同い年のはずのノリコと「ウラシマ効果」のため、どんどん歳が離れていくのだ。
 あ、『トップ』については、過去あれこれ語ったからココみてくだちい。

[Today's Tune:アクティブハート/酒井法子]

2005年2月 3日

ノートがほすぃ。

ノートといっても、コクヨショウワのそれではなく、東芝SONYそれのことである(松下は自粛中)。

‥‥というわけで、有明の聖地から外神田の聖地に移動してきた~
(あ~、今回のエントリー、リンクが多くてめんどくさ)。

今気になっているのは、カーボンファイバーのVAIO T SonyStyleEdition
F1好きのすらとしては、『カーボンファイバー』という単語に過剰反応してしまうのだった。

あ、コレはSonyStyleオンリーなので、アキバで見ることは出来なかったヨー。
‥‥っていうか、発売自体まだかなり先だ。

パナソニックのLet'sNoteW2も重さ・バッテリーの面で捨てがたいが、液晶の解像度(1024x768)に難あり。

それだったらWXGA(1280x768の横長)の機種がいいなぁ~と。
カクタソフマップ店内をへろへろと徘徊。

この店は最新モデルと中古を同じ店内で見ることが出来るから、結構スキ。
PCやディスプレイなど大物を買うときにはよく偵察に来る
‥‥が、大物をこの店で買ったことはなかったりする。
買ってもマイクどまり‥‥ははは。


さて、ちらほら出てきた『2005・はるパソ(はるこちゃんパソコンだったらうれしいが、そんなものはない)』。
最近のノートの主流として、光沢液晶を使ったものが増えてきているが、とても綺麗に見えるな~。

徘徊を続けるうちに富士通の『俺流』FMV LOOXのモバイルマルチベイとか、
NECLaVie Nのスロットイン・スーパーマルチドライブも気になってきた。

昔の『PC-XX』シリーズの名を捨て、『LaVie』などというこじゃれた名前に改めたNECとは対照的に
富士通がかたくなにFMの名を捨てないのは好感が持てるが、昔から個人的にF社とは相性が良くない。
あ、ラヴィだと、マシン名はラスティ

今度は中古フロアへ。
む~。LOOXの中古がたくさん~。
どういうことなんだろう?


中古がたくさんでる=よく売れた。
中古がたくさんでる=もうこんなパソコンいらんわい!!

‥‥どっち?
DELLコレを安い構成で‥‥。
う~ん。仕事で使うにはまだしも、愛玩PCとして愛でるにはいまいち魅力に欠けるよなぁ‥‥。

やっぱり、愛玩PCといえば、コレがベストなのでつが。
ゴミ捨て場に落ちてないかなぁ。

む~。なかなか目移りするので、【すら的キボンヌスペック】をあげてみる。

CPU:PentiumM‥‥速ければ速いほうがよいが
MEMORY:512MB‥‥1GBがベストだが妥協出来る‥‥たぶん
HDD:60GB以上‥‥まぁ、基地があるからね。
サイズ:B5~A4ジャストサイズ
ディスプレイ:WXGA液晶‥‥1280x780は欲しいな‥‥となるとB5は無理か
重さ:1.5kg以内‥‥出来れば

日立・PriusやSHARP・Muramasaもあるんだよなぁ‥‥。

画面解像度のことだけを考え、大きさ・重さに目をつぶって、
ビジネス向け質実剛健VAIOってのもアリかなぁ。

安いし。13万円でかなり満足できる仕様にできる。
SXGA+(1400×1050)が14インチノートでつかるのは大きいなぁ。

でも、コミケのデモが一番の見せ場になるんだろうから、
『ボーナス後の初夏に1シーズン前の春パソを買う』という選択肢もありかなぁ‥‥。


‥‥人生はいつも悩みが尽きない。

夕焼けビッグサイト

所用にてビッグサイトへ。

夕焼けが綺麗だったので、写真とった。

bs02.jpg夕日に染まる、聖地。
‥‥それにしてもここへくるたびに血が騒ぐのは何故だ?
‥‥え?言わずもがな?

bs03.jpgう~ん、綺麗‥‥もっといいカメラがあれば。

bs04.jpgさむ~。
綺麗な夕焼けだなぁ。明日もはれかなぁ。

‥‥所用というのはネット関連の展示会だったのだが、
セキュリティのことがほとんどで、新しいこともなく、
正直つまらなかったから、15分で退出してしまった。

そしてそのままもうひとつの聖地アキバへ。

2005年2月 2日

2005年のフロントウイングさん達

今年のフロントウイングレギュレーション変更に対応するため、各チーム様々なデザインが出てきそうだが、
フェラーリの2005年前半用暫定マシンF2004Mの子持ちフロントウイング‥‥(写真1写真2)。
うあっ、かっこわる~。
まぁ、フェラーリは暫定マシンだから、満を持して登場するであろう、F2005のそれがどうなるのか分からないけど。

昨年2位に躍進したB・A・R007のフロントウイングは攻撃的に突き進めた処理になっている
(ちなみにホンダエンジニアのアイデアらしい)。
ここら辺は昨年2位の実績から滲み出る野心ってところか?

ルノーR25やウイリアムズFW27はともに中央部がかなり落ち込んだ3D形状だが、
B・A・R を見た後だと割りと普通に見えてしまう。
ウィリアムズは昨年の失敗があるから攻めにくいのかな?

ライコネンとモントーヤ、二人のドライバーがどんな戦いをするのか、
非常に興味深いマクラーレンMP4/20は太くなったフロントノーズにばかりに気が行ってしまうが、
ウイング処理はコンサバ。
そんなことよりもインダクションポッドがぬーっと後ろに伸びてて、ほかの各車のようにすっと下がってきてないのが一番気なる~。

ジャック・ヴィルヌーヴがまともに戦えるのかということが一番の注目ポイントである
ザウバーC25‥‥ウイング上に1枚見慣れないものが!!

トヨタTF105上部フラップが一枚板になっているが、割と地味。

後の3チームは‥‥まだやね~。

さぁ、3/6オーストラリア・メルボルンの開幕まであと1ヶ月ちょっと。
すでに待ちきれずにやきもき状態だったりする。

コレを特許と呼ぶべきものか?

「一太郎、花子特許侵害で販売差し止め判決を受ける」というニュースに対して。

patent.jpg
その特許内容とは、左図のとおり、『HELPアイコンをクリックしてON状態になっているときにほかのアイコンをクリックすると、クリックしたアイコンの動作説明を表示する』というごくありふれた機能で、実際WindowsOS自体にこの機能は盛り込まれている。

こういった種類の『アイデア』レベルの操作を『発明』として独占的使用権をひとつの個人や団体に与える事は、他の有望かもしれない『発明』を妨げることにつながらないだろうか?
まぁ、申請する企業も「なんだかな~」だが、この申請(1989)を特許として1998年に認可したお役所はもっと「なんだかな~」だ。
特許に値する発明か否かについてもっと吟味されるべきではないだろうか?

認可されている特許を使っているかどうかを判断したに過ぎないため、判決自体にはここでは詳しく触れないが、販売差し止め・ソフトウェアの廃棄はあまりに厳しい判決だと自分は思う。

松下はこの調子でMSも訴えるか?

2005年2月 1日

2月~

うお~寒い~。
‥‥というわけで、2月突入。

雪まみれの日本列島‥‥北の国はもちろん、鹿児島も高知も愛媛も雪、雪。
雪を見るとスキーに行きたくなるが、コレはちょっと‥‥。

皆様、風邪など召されないようにご自愛ください。

先週の絵の続き

『一枚の絵を完成まで何回かに分けてアップするぞ~!企画(ネタがないのか?>自分)マルチ編』
2回目。

multi07.jpg先週は、ぷわわんと直描きして、
べちょべちょと塗っただけだったので
(<こんな感じ)、線画の修正をしてみた。


まず、顔の輪郭線と、セーラー服のカラーの部分をちまちまと修正。

微妙な頬のラインを出そうとがんばってみるものの、直線的だった元絵のほうがかわいいような‥‥。
目は下書きよりも薄味に‥‥はわわっ。やっぱり下描きのほうが‥‥。
セーラー服のカラー部分は‥‥うん、こんなもん。

髪の毛は綺麗な線にしたかったので、ベクター線でちゃっちゃと。
‥‥ちまちまと手描きしところよりも、ちゃっちゃとツールの力で片付けた線の方が綺麗なのはなんだか悲しいが、文明の力に感謝と言うことで。

頭頂部まで絵の中に入れて、雑だった髪の塗りを一度捨てて、輪郭線どおりに塗りなおし。

次に顔を塗る。色あいがいまいち気に入らないが、妥協。
それから目を塗りなおし‥‥最終仕上げまで暫定としておこう。

multi071.jpg

‥‥というわけで、こんな感じアル‥‥みなまで言うな。

まだ服に手を入れてないので、次回はここを片付けて、
終わらせ‥‥られたらにゃぁ。


[Today's Tune:夢見るロボット(マルチのテーマ)/石川真也 Leaf]

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧