2004年7月31日

完全アウェー

完全アウェーの大ブーイングの中、日本劇的なPK戦を勝ち抜いた。
(90+30分の試合内容は見所の少ない凡戦だったが。)

PK戦、日本が俊輔、アレックスと2人続けて外してしまった。
大ブーイングのプレッシャーに負けるのか?
日本××
ヨル○
ここで、キャプテン宮本のアピールによりサイド変更。
異例の民族大移動。

ヨルダン4人目。ココで決められてしまえば、
日本敗退のところを川口能活のスーパーセーブが救った。
JPN××○○
JOR○○○×

そして、サドンデス1人目の中澤がはずすも、さらに川口のセーブ。
JPN××○○○×
JOR○○○×××

最終的に、ヨルダン7人目のキッカーが枠をはずし日本勝利。
JPN××○○○×○ 4
JOR○○○×××× 3

能活すごい。
日本を守った!!

――一言言わせてもらえば、
中国は国際スポーツをやる舞台としてはふさわしくない。
自国の試合ならば当然だが、
第3国同士の試合を見守るべきホスト国の態度としては最悪。

選手のユニフォームに貼り付けられた『AFC FAIR PLAY』の文字が泣いている。

2004年7月30日

ONE MORE FINAL

‥‥また買ってしまった。

F1000012.JPG

遅れてやってきた、『最後の妹』。

最終作は『わたおに』シリーズ中に出てきたアニメ、
『BITTER&SWEET』から『てとらちゃん』。
コレまでのシリーズと全く作風が違うのだが、
何故だろう?と思っていた。












F1000022.JPG

‥‥ホントは#4『宇治金時 園芽』が落ちた(原稿のようにフィギュア制作が間に合わなかった)という
『設定』で#4に『すでに作ってあった作品』として投入される『予定』だったらしい。

(この『企画』は、さすがに販売元からNGが出たことで、日の目を見ず『増刊号』ということになった)




F1000024.JPG

‥‥なるほど。
まぁ、それはさすがにやりすぎかもね。
正直、制服モノのほうが良いがナー。











‥‥というわけで、写真とってみた~。
その1
その2
その3
ヴィネット全景。小物もちゃんと作られているぞ。

その4
その5
アップ。/Gにしてはちゃんと撮れてるぞ。

その6
その7
後ろ。えろ~。

その8
その9
その10
FINAL
台座からはずして撮影してみたよ。

これで、今度こそおしまい?

2004年7月29日

ラブスレイブと

せっかく買ったのに感想書いてなかったぞな。

UNDER17のニューシングル、『ラブスレイブ』。
もちろん『ラブスレイブ』も良いのだけど、
自分はcwの『1+1』が好き。

はるこちゃんがはじめて『僕』という一人称で詩を書いたとのことだが、
とても切ない恋が心に沁みてくる。

この歌の「僕」は1-1じゃなかった恋をちゃんと1+1に出来たのだろうか?
1+1にならない想いを抱えていた若い頃を思い出すな~しみじみ。

[Today's Tune:1+1/UNDER17]

2004年7月28日

次回のローリングは

おっと、アップ忘れ。
ガンスリのゲーム完結編、もうすぐ登場。

従来のエッタにくわえてようやく、リコとトリエラが使える。
(個人的にはアンジェで『よれよれプレイ』キボンヌなのだが。)

アーネストを失ったピアがどんな行動に移るのだろうか?
まぁ、救いのない物語だがら、やっぱりそういう展開なのか?

なんにせよ、リコとトリエラでローリングしてもつまらん?

2004年7月27日

最近のお気に入り

ジャレコiギャレッソの『シティコネクション・ロケット』。

前作から19年(!)ぶりの完全新作。
19年たった今も、クラリスは相変わらず暴走少女である。
今回はボスキャラとして戦車やヘリなども出てくるが、
それに乗っている敵キャラ『スコッチ』も萌えだったりする。
(キャラデザは脳みそホエホエさん)

前作は道路を塗りつぶすのが目的だったが、今回は機密文書を集めるというのが目的。
ホーミングオイル缶やゲームのタイトルにもなっているスーパーロケットによる
ダッシュ攻撃が新たに加わって、ゲーム性はより向上しているが、お手軽に遊べて面白い。
携帯の操作性がもっとよければベターなのだが、それは携帯の方の問題。

もうすぐ出るという『アイドル雀士 スーチーパイ』が待ち遠しい。

[Today's Tune:World Birthday/かないみか(スーチーパイ)]

2004年7月26日

夏コミが近づいてくる

むは~。
時間、時間をくれい~。

週末は絵を描いていたのだが、こんなときに限って、『蚊と同居生活』。
ヒトリ真剣にちまちまとやっていると、何処からともなくやってきて、『ぷす』。

かい~!!かい~!!かい~!!♪か~いかいかい愉快痛快怪物君は‥‥
ではなく、気になって全く作業がはかどらない。
連夜の作業のためか、それとも老いたか、叩き殺そうとしてもスローな我が打撃はかわされるばかり。

むっき~~~~~~!!!

athena1.jpg
ちうわけで、夏コミ用の絵から1枚(尤も、作品中の絵の枚数自体少ない)。まだ描きかけだが。
‥‥エロいかも知れない?エロ絵だもん、一応。
今回のシナリオでの被害者(?)、アテナ。
「麻宮」のほうでなく、元祖・アテナ。彼女は麻宮アテナのご先祖様に当たるとの事だ。

自分の『魂狩られ』でなく、相方(シナリオ担当)の『魂狩られ』なので、キャラに対する薀蓄はあまり語れないのだが、

■アーケードゲーム「アテナ」について
1986年、今は亡きSNK(元新日本企画)から発売された、アーケードアクションゲーム。
幻想界に迷い込んだお姫様『アテナ』を操作して、魔王ダンテを倒してもとの世界に戻るのが目的。

くわしくはココら辺から見てたもれ。

――1986年というのは、アーケードゲームでヒット作が多数生まれた年でもある。
アウトラン、ファンタジーゾーン、源平討魔伝、バブルボブル、アルカノイド、イシターの復活――
う~ん、懐かしい。

‥‥ちなみに蚊は今朝倒した。
だが、仕事帰りに別の蚊に刺されたようだ‥‥しくしく。

[Today's Tune:サイコソルジャーのテーマ/清水香織]

2004年7月25日

王様と18人の小人と1人の従者

F1第12戦、ドイツ。

今回もシュー勝ち。全くもっての独走。
12戦して11勝。自身とマンセルの持つシーズン最多勝記録に並んだ‥‥って、まだ6戦も残ってる~。

エンジントラブルで13位スタートのバトンは頑張って2位。いいレースをした。

マクラーレンのライコネンは惜しかった。
『高速区間でのリアウイング脱落』という一歩間違えると洒落にならない事態に陥りかねない
事故だったが、不幸中の幸いだった。
マシントラブルが起きなければ、唯一王者の後姿を臨める存在だった。

琢磨は途中スピンなどもあり8位。何とか入賞。
オーバーテイクを見せたものの、表彰台後、何故か冴えない。

む~。このままでは、マクラーレンのシーズン1レース以外全勝を一人でやってしまいかねない。
おとなしく、歴史的な瞬間を見守るしかないなぁ。

シューマッハに匹敵する人間はいないからなぁ‥‥彼にはとっとと引退していただきたいが、
『最高のレーサーが争う』のがF1ならば、彼を追い落とす存在が出てこなければそれも望めない。

18人の小人さんのうち、誰かがシューマッハを打ち破るような勇者に育つ日を待つのか?
それとも、まだ見ぬ伝説の勇者が出てきて、王様を打ち破る事に期待をかけるのか?
ちなみに『1人の従者』とはバリチェロ。
彼は王様を打ち破る気は全く無いので、勇者に育つことは無い。

2004年7月24日

高い理念があるわけじゃ‥‥

無いからなんだろうなぁ‥‥。

阪神野崎球団社長の私案、巨人土井球団社長に一蹴される。(2345)


そらそうやろうなぁ‥‥コレといった考えもなしに、星野から吹き込まれて
『星野はんが言うとおり、もし、セとパが合併して一リーグになったら、
巨人戦の放映権収入がはいらへんようになる。それは困るわ~』
という程度の動機で動いているんだろうからなぁ‥‥。

「状況が変われば状況に合わせてまた考慮せざるを得ない場面もあるかもしれない」
‥‥これが、ひとつの会社を代表する人間の言葉とは‥‥(まぁ所詮、電鉄からの出向だろうが)。

挙句オーナーは裏でナベツネと取引?

星野もこの情勢を動かしたかったら、アホな球団使わずに自分で行動起こせば良いのに。

「俺がプロ野球のコミッショナーをやる!!」
とかいいだしたら、世論の支持ぐらいは集まると思うが‥‥あ、でも体が悪かったんだよなぁ‥‥。

追記

今度は横浜が自己保身行為を始めたぞ。

『10球団でも1リーグ制維持』を主張したまま、もう1球団へってしまったら、
『巨人は2リーグ制を守るためにリーグ移籍を行います』とか言い出しそうだし。
そうなりゃ今度は残ったセリークが危機に陥って‥‥。

2004年7月23日

何とか10000アクセス到達‥‥ですわ。

どなたが御踏みになったのか存じませんが、
とにもかくにも10000アクセス。
おめでとう、俺。

ここまで丸2年かかったわけだから、
もう一桁上げて100000アクセスに到達するには、あと18年かかるわけだ。

‥‥というわけで、回顧録。
回顧しやすいように、『旧魂狩られ日記』の過去ログを復活させてみた(全268回中一部欠落)。
つい最近まで、こっちだったんだよなぁ‥‥しみじみ。

思えば、モモーイのイベントにたくさん行ってイベントレポを書いていた頃はもっとアクセスあったなぁ。
修羅場のたびに更新が止まるから、夏冬のコミケ前はアクセスが下がっていたのが特徴的。

2002.8.20 コミケサークル参加の熱も覚めやらぬうちに、自身3代目のサイトをオープン。
 小麦ちゃんとかゼノサーガのM.O.M.O.、CCさくらなどを細々と描く
2002.10.27 魂狩られ日記開始
2002.11.14 冬コミ(C63)落選‥‥モモーイコミケ、確定。
2002.11.18 キャラフェス2002・秋、『天罰!』初公開。激跳。清水愛ちゃんと初握手。
2002.11.20 RO β2終了。『蛍の光』の音頭をとる。
        キャラ名BEAT.H(ホンダビート‥‥笑い)
2002.11.27 スクウェア+エニックス合併
2002.12.6 500アクセス達成。4ヶ月かかった
2002.12.16 12.14のはるこ法廷。あっという間の夢の時間。ざまてぃさんとの邂逅
2002.12.28 スイートレガシーイベント、モモーイ缶を制作するも手渡しできず
2002.12.31 『冬コミ特別版2日目』阿鼻叫喚の小麦ちゃんライブ。
2003.1.4 『冬コミ特別版3日目』はるこちゃんにモモーイ缶を手渡しするバカ1名あり(俺)
2003.1.6 『MOUSE』始まる
2003.1.20 『萌えキャラ祭』エルフ/あかほりさとる事務所イベント。らいむ隊+アンセブ
2003.1.24 はるこちゃんからメールのお返事が届く‥‥うひ~。
2003.2.2 行列三昧。この頃は日記も丁寧語だよ~
2003.2.9 マウスイベント。冬コミでのモモーイ缶のことを話す。
2003.2.10 マウスイベント。握手会‥‥この頃は自分のHN覚えててくれたり、うれしかったなぁ‥‥
2003.2.11 むぎむぎぱにっくにはるこちゃん来場。自分にとってこんなイベントはあとにも先にも無い
2003.2.17 メロキュアが売れている(1st Priority)‥‥涙
2003.2.22 『Mail Me』散々探し回った挙句、レンタル。
2003.3.9 サイトが良く落ちていた。仕事でスイートレガシーイベントのチケ取りに敗北。最後尾決定
2003.3.17 アンセブブロッコリーインストアライブx2、アンセブリーダーはアニキ
2003.3.25~26 「スイィートレガシーイベント」レポ。YURIAさんとアニキの組み合わせが新鮮
2003.3.29 5日遅れの「メディアファクトリーアニメスプリングフェスタ」レポ
2003.4.8 花鳥風月マウスでChu!』イベントレポ
       運命のアイテム・アニキアーマーのかけらをGET
2003.4.10 ゴジラ松井、メジャー開幕戦で満塁弾
2003.GW キャラフェス大阪&東京 大阪1列目センターから2つ右。東京2列目センター。
       ぽんぽんを家内制手工業
2003.5.20 小麦ちゃんあかんべーポーズのモモーイに萌えまくって、発狂
2003.5.22 CLAMPツバサに一瞬心ときめくも、新さくらに萌えられず、2004.07現在、購入断絶中
2003.5.25 アンセブ初ライブも超不完全燃焼。人類補完計画になぞらえて毒吐きまくり
2003.6.1 夏コミ対策会議と称してアニカラはしご。
2003.6.8 夏コミ(C64)当選
2003.6.9 エモーションのさきどり☆エモシアターvol.1。抽選番号、なんと1桁
2003.6 めがねを一月で2個壊す
2003.7.7 4000アクセス
2003.7.13 さきどり☆エモシアター#2‥‥イベント連発だなぁ‥‥
2003.7.23 東京キャラクターショウ2003でのぽぽらじ公録のレポート
2003.8.10 修羅場にもかかわらず、TBSアニメフェスタに行っていたようだ。昔から俺って最低だ‥‥
2003.8.15 去年(03)の夏、東京は札幌よりも寒かった‥‥今年は‥‥
2003.8.19 2003夏コミ(C64)レポート、小麦ちゃんイベントと修羅場の様子が生々しい‥‥
2003.7.27 2回目のアンセブライブ、諸般の事情により参戦できず、涙を呑む
2003.8.30 小麦ちゃん24Hラジオ生中継(嘘)。翌日はむぎむぎパニック2参戦
2003.9.5~10回分のログが消失(って言うか、1ヶ月で10回しか更新しなかったのか?)
2003.9~11.初旬 PC強化にいそしむ
            天外魔境2にはまり、更新頻度ががた落ち
2003.10.9 CEATEC JAPAN2003にてPSXに一目惚れ
2003.11.12 冬コミ(C65)当選
2003.12後半 修羅場のため、日記滞る。
2003.12.13 アンセブライブ@川崎クラブチッタ
同日     PSX購入も開封できず
2004.1.16 04初のアンセブイベント。アメリカ参戦決定!?
2004.2.16 わたおにラスト
2004.3.16 3Wぶりのサイト復活
2004.3.23 アニぱらライブ
        このころアニカラ三昧の日々
2004.3.31 アイドルマスターのWEBサイトプレオープン。
2004.4.6 7000アクセス‥‥つまり1ヶ月あたり1000アクセス行ってない‥‥。
2004.4.19 Blog形式で心機一転
2004.4.23 ~
2004.5.2 AyltonSennaMemorial 全9回
2004.5.3 ドラクエVPS2、クリア
2004.5.9 『妄想代理人』イベント、ひさびさ
2004.5.12 岡崎律子さん訃報
2004.5.23 F1モナコGP。佐藤琢磨ロケットスタートも
2004.5.31 BTL IVにアンセブ参戦、俺も参戦!?
2004.6.6 夏コミ(C66)当選
2004.6.7 11時間耐久カラオケ
2004.6中旬 EURO2004モードに突入。決勝戦まで血迷ったレポート
2004.6.15 久々に魂狩られキャラ、ワンダーモモ
2004.6.21 琢磨3位表彰台!!
2004.6.25 アメリカ行き断念
2004.7.5 EURO決勝戦
2004.7.11 LittleBSDに行ってキター
2004.7.22 10000アクセス(ようやく)到達

‥‥あ~疲れた。
思えば、いろいろあったなぁ。
当初はアンセブイベント参戦記、最近はスポーツ新聞?って感じかなぁ。

‥‥お祝いにメモリ買ってきた。『記憶』しておくということで‥‥。
うそ。単に夏コミ作業を少しでも効率化するためなのさ。

[Today's Tune:ラブスレイブ/UNDER17]コレがホントの10000アクセス記念?

2004年7月22日

GA#3

GA新シリーズ、第3回。

前半。
病に倒れたウォルコットさんだが、錯乱したミントに遺伝子操作され、
巨大化したり、巨大パンダになったり、ゼリーになったり、トランクスになったりしながら、
エイリアンと戦うお話。

後半。
お見合いする羽目になったフォルテさんが、蜘蛛を飲み込んでしまい、蜘蛛になってしまうお話。
しまいにゃあ、フォルテさんはスパイダーウーマンになってしまうが、
お見合い相手の御曹司(ちんちくりん)と友情を結ぶ。

あ~。笑いすぎた。
深夜にGAは近所迷惑は無いだろうか。
‥‥って、説明端折り過ぎだろう‥‥でも、これだけ理不尽な内容じゃ、
どんなに説明しても、意味が解らんだろうし‥‥こっちも書いていてわけが解らない。
とにもかくにも理不尽さ炸裂。

今回は烏丸出番なし。

2004年7月21日

あ・づ・い・で・ず・ねぇ~PART3

‥‥もぉ、だめ。
家に帰ったら、34℃‥‥。
一体どうなってんのよう~。

月曜日は

鯖が落ちていた模様です。
お越しいただいた皆様、ご迷惑をおかけしました。

2004年7月20日

今年のカタログ

一昨日買って来たコミケカタログだが、今年の表紙は大嶋優木氏の作。

大嶋氏といえば、去年は『リカヴィネ』、今年は『わたおに』と絶好調なわけだが、
今回の表紙は‥‥。
今回の表紙は‥‥。
今回の表紙は‥‥。

‥‥赤ランドセル背負った女の子。
そんないたいけな(?)表紙のカタログを持って、エロ漫画を買い漁るオタども‥‥俺モナ~。
‥‥うぐぅ。痛いよう。

表紙ということで当然、みんくる東京都交通局から恒例のバスカードも発売される。

そりゃぁ、リカヴィネもわたおにもリセヴィネも持ってるよ。
‥‥でもねぇ。コミケは女性の参加者も多いわけだが、その感想も聞いてみたいものだ。

閑話休題。
――テキスト(カタログ)の739ページを開いて。
Dr.モロー氏の漫画から、
「夏コミのサークルカットなんてアテにならないわよね~」
「半年前のカットだもんね」
「でも描く時は自分が半年後に何にハマってるかなんんてわからないもんね~」

‥‥全く同感です。

でも、そんなわがサークルの出し物は相変わらず小麦ちゃんだったりするわけだが。
‥‥あ、カルテ5結局買ってネー。

[Today's Tune:あなたがだいきらい/中原小麦(桃井はるこ)]

2004年7月19日

もうすぐ‥‥。

1万ヒットに到達しそう。

その暁には‥‥何かしたいと思うけど、何をすれば良いのだろう?

エロ絵?
ちょうど夏コミで修羅場中だろうしなぁ‥‥。
まぁ、もともと回顧的なサイトなので、回顧的な企画でも練ろうかなぁ‥‥。
回顧、回顧って、音的に良くないね。

とにかく、何か出来れば。

[Today's Tune:東京/B'z]

2004年7月18日

秋葉偵察

秋葉に行ってきた。今日の参加者はサークルの相方のATE。

まず、夏コミのカタログ購入‥‥相変わらず、重いですにゃぁ。
昨日の予告どおり、虎で購入して、特典をもらった。

それから、夏コミの舞台となるショップを徘徊‥‥。
今回はアーケードゲーム基板ショップのお話だったりするのだが、
昔行った店が無くなっていたりして、悲しい思いをしたりもしたが、
何とか無事に回りきる。
それにしても、基板自体の形もカートリッジが主流で
『大きなファミコンソフト』状態だにゃぁ。

それから、飯食って、カラオケに行って帰宅したら21時‥‥。
作業は進んでいない‥‥。
む~。

あ、Blogの保存ボタン押すの忘れていた~~~~。

2004年7月17日

あ、あと1ヶ月切ったよう~

夏コミまで、あと1ヶ月を切った。

‥‥というわけで、日々働いているわけだが、なかなか進まない。
‥‥ちなみに、こんな感じ。






それはさておき、カタログが発売された。
どこで買おうかなぁ‥‥。
‥‥物色中‥‥。
む~、コレが良いかも(当然2番目)。

明日秋葉に行ってくるかにゃぁ。

あ・づ・い・で・ず・ねぇ~PART2

今日も都内はうだるような暑さで、外に出ると「やってらんないヨー」という感じの一日だった。

‥‥それはさておき、空調の効いた室内で快適にネットを徘徊しているとこんな記事が。

‥‥空調服‥‥?
服にファンがついていて、そのファンが服の中に風を流す。
その風が汗を気化する時に体温を奪っていき、(゚д゚)ウマーという仕組みらしい。

サイト

作業着型とワイシャツ型があって、ともに9900円。
作業着型は売り切れている。

着ると体が膨らんだように見えるのがかなりおかしいのだが、
レーサーとかが着たら良いんじゃないかなぁ。
あ、燃えたりしたら危ないかなぁ‥‥。

ガンダムやザクみたいなタイプ
(胸の部分にエアインテークがあったり、パイプで空気を取り入れたり‥‥)が出たら、
夏の暑い時にコスプレしているヒトは大喜びではないだろうか‥‥んなわけないか。

2004年7月16日

老人たちの熱い夏

阪神が盟友(?)巨人を裏切り、その他のセリーグ4球団が追随して2リーグ制維持に傾いた。

ひっくり返った事自体には文句は無い。
でも、どうも『巨人戦が減るから』という理由に思えて仕方が無い。

そこで、ナベツネの『奥の手』が『巨人、パ・リーグ移籍』だったらどうだろう?
セのオーナーたちは慌てふためいて1リーグ制に傾くだろう。

2リーグを維持できれば、多くのヒトは納得できるだろう。
だが、このまま2リーグ制を維持できても、なんら状況に変わりは無い。
何らかの抜本的対策が出てこなければ、
野球は衰退の道を転がり落ちていくだけではないだろうか?

2004年7月15日

え~?鈍器?

アソビットシティ跡にドン・キホーテが出店するそうな。
オープンは8月10日。

え~、あの店の佇まいって、めちゃくちゃ嫌いなんだよな。
あとパチンコ屋が入るらしい。

結構前からあった情報らしいが、さっき知って、「がび~んぬ」。

なんか、どんどんいや~んな方向に変わっていくアキバ。
コレで良いのだろうか?

2004年7月14日

2つの日本代表

今日は、野球とサッカーの日本代表の試合だった。

まず、野球。
ミスターは現場復帰できなかったが、強敵キューバと互角の試合。
日本は先発にアマチュアを使ったりして手の内を隠しているが、
キューバはシンプルに主力を使ってきた。
明日はどうなるのか?

次、サッカー。
アジア杯直前のA代表戦。
相手は「もとユーゴ」のセルビア・モンテネグロ。
この国のサッカー協会の会長はあのピクシー事、ドラガン・ストイコビッチ。

ニッポンは中村を中心に多彩な攻撃を見せ、1-0で勝った。
が、得点はそれだけ。もう少しゴールシーンが見たいなぁ。

川口ががんばってたなぁ。
三都主は何で泣いてたんだろう?ゴールが決まらなかったのが、悔しかったのかなぁ。

追記

三都主、おばあちゃんが亡くなったんだそうだ。
ご冥福を。

ちょこっと更新

サークルサイト出し物ページ、ちょこっと更新。

現在、キャラの立ち絵と表情パターンをちまちま制作中。
今回は登場人物が前回より多いからその分大変ダー。

2004年7月13日

漏れも萌え尽きてみたい物だ

アメリカではメジャーなブログサイトの管理者が萌え尽きているらしい。

え?表記に誤りがある?‥‥まぁ、そっちの方がうれしいし。

しかし、WEBサイトの管理が日常の大半を占めるようでは、生きていけんのう。

「5、6時間書き込みが無いけれど、大丈夫?」
‥‥って、そんな書き込みされたら、そっちの方が大丈夫じゃなくなるよ。

まぁ、うちのサイトにゃぁそんな心配はないぞな。

2004年7月12日

さらば、ラッシャーさん

NOAHラッシャー木村、引退。今年で63歳。
おつかれさま~。

ラッシャーさんのマイクパフォーマンス、好きでした。
『アニキー』の呼びかけは、アンセブファンにも
脈々と受け継がれておりますじょ(?)。

F1英国GPは‥‥

キミ・ライコネン2位。マクラーレン割と復活!?

実際はまたしてもシューマッハの勝利で、今期11戦にして10勝目を上げることとなった。
‥‥ってコレまでこんなにワンサイド‥‥って言うかヒトリの人間が勝ち続けるシーズンは見たことが無い。
勝率にしてなんと91%‥‥。

'50年代とかでもこんなに1ドライバーの勝率が高いなんてのはないんじゃないだろうか?
'52年ファンジオ(5回チャンピオンになった伝説のドライバー、アルゼンチン人)の『7戦6勝』というのがあるが、それでも86%止まり。
フェラーリ独走で世界的に視聴率が下がった'02でさえ、『17戦11勝(年間最多勝)』で勝率64.7%。
セナ+プロマクラーレン(’88)の『16戦15勝』を一人で上回る可能性すらある。

‥‥う~む、こうなったら
シューマッハクローン(いい奴とか悪い奴とか寡黙な奴とか作って個性を出す)20人による『フォーミュラシューマッハ』か、
毎レース各チームのNo.3カーで出走する『借り物シューマッハGP』とかやるしかない。

コース上で首位の入れ替わりが無いレースはどうなんだろ‥‥。

琢磨は初表彰台以降、精彩を書いているなぁ‥‥。
マクラーレンが驚異の復活を果たした今、これからのレースが心配だ。

2004年7月11日

Little BSD行ってみたー

昨晩は飲み会、というわけで、ついに長年(って数ヶ月だが)の宿願だった
LittleBSDに行ってきたのダー。

まぁ、メイド喫茶の居酒屋版なわけなのだが、
アルコールが入っている分、照れずに話しかけられるにゃ~(小心者)。

3000円のコース+飲み放題2000円で5000円わけなのだが、
コレを高いと判断するか安いと判断するか?
ヒトによって判断は分かれるか?

う~ん、自分は『まほろさんに一票』‥‥って話が飛んでますがな。
(夏コミで売り子さんしているらしいので、行ってみよう。)

さて、メニューの中で萌えなのが『小悪魔おにぎり』。
小悪魔さんが目の前で作ってくれる。
☆形とか&HEART;型とか作ってくれるので、必見。

フードメニューはもっと『面白いもの』が多ければ尚良しだが。
小悪魔が取ってきた「漫画肉」とか、『黒トカゲとなんとかのなんちゃら』‥‥これはやめとこう。

つぎ、お酒。
焼酎は「閻魔」「大魔王」「魔界への誘い」‥‥世の中には都合の良い銘柄もあるモンなんだなぁ。
小悪魔カクテルなんてのもある。シェイカー振ってもらったよ。

‥‥カウンター席には常連さんと思しきヒトがPCを開いて‥‥何してるんだろう?

こういう世界もあるもんなんだなぁ~。
近いうちにまた行ってこよう。

2004年7月10日

F1英国GPだが

今日はF1Rd.11英国GP予選、だが、飲み会~。

ちう事で出かけてきます~。

2004年7月 9日

あ・づ・い・で・ず・ねぇ~

へなへな~。

家に帰ると、部屋は34℃‥‥うひ~。
熱中症での死者や重体者もたくさん出ているが、
コレはホントに体に悪そうな気温だよ~。

こんな状況で体育祭やらせんなよ~。
こんな状況でサッカーやんなよ~。
パチンコで子供の車内放置は言語道断。

水分補給をまめにして、無理はやめよ~!

(たまにはまともなことを書かんとな)

Fは萌えているか?

F900iT入手。
萌え絵が描けるかどうか描いてみた~(俺の絵が萌えるかどうかというのはこの際、別問題)。

F900iT.jpg‥‥こんな感じ。
保存のときにJPGに落ちるのだが、そのときの劣化が激しい。
で、続きを‥‥と思ったときもその劣化したJPG画像から‥‥。

コレはちと悲しいじょ。

2004年7月 8日

ちゆ買ってキター

おまけにつられて、はじめて『ネットランナー』買ってしまった。


原型:みすまる☆ましい氏、監修:ぽよよんろっく先生の『ちゆ12歳』

ぽよ先生ということで、ちゆというか‥‥小麦っぽいが‥‥フィギュア自体の出来は良好。

chiyu01.jpg箱とフィギュア本体。chiyu02.jpg
















chiyu03.jpg<ぱんちらつうかモロ‥‥。
雀牌スティック?>chiyu04.jpg
















chiyu05.jpg<ぱんちらつうかモロその2‥‥。
















chiyu06.jpg<なんか、衣装が透明?
‥‥ちゆは魔法少女で変身中
というシチュエーションらしいが‥‥>
chiyu07.jpg












しっかし、すごいモンが付くものだなぁ‥‥。



‥‥衣装が変わるということは‥‥

‥‥ピンボケバカリデスマソ。

うろうろ

GA?
烏丸ちとせ、うろうろ。
蘭花が出来の悪い主婦で、ミントが意地の悪い主婦‥‥。
フォルテさんがダメなレジ打ちで、ヴァニラさんがスーパーの壊れた店長‥‥。
ミルフィーがお姫さまで、ノーマッドがブタ‥‥もとい馬‥‥。

‥‥わけわからん始まり方のGA新シリーズ。
‥‥と思ったら元に戻った。
‥‥と思ったら炎の竜に食われて、また変になった‥‥。

‥‥第1話から『死んで地獄(ミルフィーとノーマッドは天国)』カヨー!!

‥‥ジャッカルはチョキの5倍の威力らしい。

第2話‥‥ちとせ、不治の病?

‥‥ていうか、自己紹介も無く、死病かよ?
あ、生き返ったかと思ったら、いきなりGA加入かよっ。
‥‥ちとせ、暗黒キャラ。

蘭花、わら人形で寝技(?)の練習しているし‥‥。
朝GAよりブラックだな。

ギャラクシーエンジェル滅亡まであと85日‥‥のはず。

‥‥こっちも書いていて意味がわからなくなったが、番組もそんな感じで相変わらず不条理。

2004年7月 7日

あづ~

このところ、首都圏はうだるような暑さ。

家に帰ってエアコンの現在温度をみると‥‥33℃‥‥全くイヤになる。
暑いだけならまだしも、湿度が高い。
もうダメだ~。

2004年7月 6日

まっちろあにめ

不治TVの新番組、『GIRLSブラボー』を見た(不治サイト)。

‥‥真っ白だった。
お風呂シーンのことなのだが、湯気が白い、透過の無い白。
それは地上波だからある程度構わないのだが、
その時間と画面に占める白の割合が異常な高さなのは一体何なのだろうか?

『白が7分で色が3分だ!!』という感じだ。

顔にも湯気が半分かかっていて、何がなんだかわからん。

‥‥んなもん放送できるかどうかなんて最初からわかるだろ?
あんな不完全な電波垂れ流すんだったら、放送するな!

ガドR.O.Dにコレ‥‥それから、数知れない時間変更。
‥‥もう不治は深夜アニメやんなくていいよ。

子供が子供を刺す日常

また、小学生が小学生を刺した模様。

現場はココ
※ちなみにサイトは報道ステーションで流れたため、非常につながりにくい。

柳葉包丁での凶行。

‥‥悪口を言われたかららしい。
彼は今後の人生で何人のヒトを刺すことになるのだろう?

2004年7月 5日

DearS

放送開始‥‥って思ってたら、前夜祭って一体‥‥。
あ、愛ちゃんと麻衣ちゃん‥‥この組み合わせエエなぁ‥‥。

‥‥んが、ココで大きな問題。コレ、絵が‥‥好きくない。
困ったなぁ、OPだけ見るか?
まぁ、見てりゃぁ慣れるか。

[Today's Tune:ラブスレイブ(TVサイズ)/UNDER17]

最後の試合(後半戦)

泣いても笑っても残り45分‥‥延長戦もあるが‥‥。

後半開始。
5分、特記事項なし。
観衆62865人。
8分、デコ、ミドルシュート。大きく枠外。
   今日の試合、デコのプレーが雑に見える。プレッシャーが厳しいか?
10分、ペナルティエリア内でデコが後ろからアタックを受けるもノーファール。
12分、コーナーからギリシャゴール‥‥どこかで見た何か。
    ‥‥って、チェコ戦の最後と同じかよ。
試合が雑になってきた。
14分、C.ロナウド強烈なミドルシュート、キーパーはじく。デコのFkもゴール上へ。
15分、ついに、ルイ・コスタIN、コスチーニャOUT。
16分、ルイ・コスタドリブルでペナルティエリア侵入。
18分、デコFK、またも大きく外す。
19分、ルイ・コスタからフィーゴシュートもGKキャッチ。
19分、ギリシャチャンスもDFクリア。
ルイ・コスタかなり調子が良い。
21分、ポルトガルCK、ディフェンスの人数多し。
22分、ポルトガルFK,またもキーパーに。
23分、ポルトガル立て続けに左右のCKもギリシャ守る。
24分、デコのクロスもDFクリア。
24分、ポルトガル右CK、ギリシャ守る。
ポルトガル攻めるも、遅い。
攻撃を組み立てる間にギリシャはゴール前を固めるお得の戦法。
一瞬で局面の打開が出来る選手が欲しいところだが‥‥。
28分、ヌーノ・ゴメスIN、パウレタOUT。
29分、その局面の打開、C.ロナウド一瞬の飛び出しでGKと1対1になるも、ゴール外。
30分、フィーゴ、ペナルティエリア内からのクロスもGKへ。
あと15分。
31分、ルイ・コスタエリア外からのシュート、枠外。
34分、リズミカルなパスで攻撃もGKへ。
35分、C.ロナウドシュート、DFにあたり、CK。
    リカルド・カルバーレのミドルシュート、GKセーブ。
ギリシャの人数が多いが、疲れも見える。
一方的な展開が続くも、ギリシャ守り続ける。
主審のジャッジが乱れてきた。
40分経過。
‥‥って、馬鹿が大乱入。何を思ったかゴールに突入。網にかかった動物のようだ。
バルサファンか?フィーゴに赤・青の布切れを投げつけた。
試合が台無し。
いつの間にか43分。
フィーゴ、技術を駆使したシュートも微妙に枠の外。

‥‥このまま、ギリシャ優勝?
欧州の列強は、守りとCK+ヘッドに敗れ去るのか?
45分経過。ロスタイムは5分。
ロスタイムに入ってギリシャはゴールキック狙いの大きなクリアのみ。
試合終了。

ギリシャ初優勝。
あら~。
こんなのアリ?

最後の最後まで、組織と守りのギリシャが勝った。
決勝の記録上のシュートはわずか4本。
枠内はゴールに飛び込んだ1本のみ。
それでも相手に点を与えなければ勝てる。
確かにサッカーはそういうスポーツなのだが‥‥。

地元のポルトガルはどうすればいいのだろう?
それにしても皮肉な結果だ。
TV放送ではくそつまらないもっともなことを言っているが、
サッカーのスペクタクルを望む自分の個人的な感想を言うと、
これ以上ない最悪な、望まない結果に終わってしまった。
まぁ、アップセットもひとつのスペクタクルだが。

準決勝・決勝でCK+ヘッドのみのチームが
今後のサッカーのトレンドになるとは思えない。
CLにリベルタドーレス杯にEURO‥‥。
今期のサッカーはすべてそんな感じになってしまった。

ポルトガルカラーの花火がむなしい。

コレで早朝の観戦も終わりだ、寝よ寝よ。
最近、眠れないときにはゼノをやる‥‥とすぐに眠れる。

最後の試合(前半戦)

昼夜逆転生活もコレでおしまい(?)。

UEFAEURO2004ポルトガル、決勝戦。

地元のポルトガルとまさかの進出のギリシャ。
世界中のサッカージャーナリストでこの開幕戦と同じ組み合わせの決勝戦を予想した人がいるのだろうか?
泣いても笑ってもコレが最後だ。
残ったゴールデンエイジはどう戦うのか?

キックオフ。
いきなり、ギリシャロングボール。コレは届かず。
序盤、ギリシャは相変わらず守備を固めてロングボール。
‥‥ポルトガルってこんなタイプに強くないんだよね。だんだんじれて持ち味が無くなる。
7分、フィーゴすばらしいキープ力を発揮してコーナー奪取も阻まれる。
13分、ポルトガルミゲルシュート、キーパーはじいてCK、DKのクリア。
15分、ギリシャゴール前で攻勢。キーパー間一髪クリア。
16分、ポルトガルパウレタミドルシュート。キーパーキャッチ。
21分、ポルトガル、ゴール前でチャンスもパウレタ、ミゲルが味方同士で正面衝突。
23分、デコのクロスから、コーナーキック。跳ね返りをマニシェシュート、枠外。
26分、ギリシャ攻勢開始。クロスは直接キーパーに‥‥前戦を思い出す。
27分、FKで直接ピンポイントをねらうも、ポルトガルGKリカルドキャッチ。
30分、概してポルトガルが押し気味。だが、ゴール前の攻撃ではギリシャの方が‥‥。
31分、C.ロナウドの見事なフェイントから中央のデコにパス。が、デコ処理できず。
32分、またも、C.ロナ>デコ、ペナルティエリア至近でFKをもらう。
33分、フィーゴのFKはそのまま外へ。直後、フィーゴ、スパイク交換。
37分、ギリシャ攻勢、DFクリア。
40分、ギリシャFKからヘッド。枠外。
どうもDF人数のせいか、ギリシャの攻めの方が得点のにおいがする。
43分、張り切っていたミゲル故障でOUT、パウロ・フェレイラIN。
45分、ロスタイム2分。
47分、前半終了。

お互いの持ち味を出して、そこそこの試合。
ポルトガル枠内シュート2、ギリシャ0‥‥やっぱり地味かな。

2004年7月 4日

はやっ

F1仏GP、
ピリッとしないまま、琢磨16周目にリタイヤ。短かった。
白煙を吐いていたが、原因はエンジンのようだ。

前回が良かっただけに期待していたのだが‥‥。
何も無ければ、次回の1st予選は最後尾からのスタートだ。
それに期待しよう。

で、決勝。
琢磨が早くにいなくなった関係上、
コース上での上位陣の追い抜きがほとんど無いつまらない展開だったのだが、
今回はそれ以外のファクターで楽しめた。
「シューマッハなんと『4ストップ』!!」
‥‥で、普通は『給油ミスで1回ピットに多く入る羽目になって負けた』となるハズなのだが、
そこはそれ、ヒトリだけ別カテゴリのフォーミュラ・シューマッハを走るこの男の事、
‥‥なんと勝ちやがりました‥‥。

他車が3ストップもしくは2ストップと言っている中、
ヒトリだけファステストラップを連発して4回のピットインを敢行。
結局2位アロンソ以下に大差をつけ優勝。
(4回ピットインする分、入れる燃料が少なくてすむので、
ピット1回あたりの時間は短く、軽い車で走れるのだが、
他の車よりピット1回分、20秒近くのタイムロスが出る。
それを取り戻すため、各周回を速く走らなければならない。)

‥‥もう、シューマッハサーカスとでも言いますか。
10戦9勝‥‥もう、呆れるしかないよ、この強さ、速さ、上手さ。
チームメートの位置を考えると、ドライバーの実力差がありすぎるとしか思えない。
こうなったら、シューマッハだけ毎戦いろんなチームに乗り換えて出走するとか、
順位関係無しのゴーストカーとか、シューマッハのみ逆ポールルールとか、
ライバルとして『メカ・ハッキネン』をどこかが作るとか‥‥。

‥‥さて、そのチームメートは相変わらず事なかれ主義で
「最後までアタックしないだろ」‥‥と思っていたら、
最後の最後にアタックを仕掛けて成功。まんまと3位をゲット。
コレは久々にプロフェッショナルだった。

BARは目立つところ無かった‥‥。
リタイアはたったの2台カヨー(うち一台琢磨)。
マクラーレンも2台とも完走。

折り返し。

F1後半戦最初のフランスGP。

ルノー、フェルナンド・アロンソが、自身3度目のP.P.。
シューマッハは2位でフロントロー確保。
3位はD.C.(ダ・カーポでは無く、デヴィッド・クルサード)が久々の上位進出。
マクラーレンの逆襲が始まるか?
バトンは4位。琢磨は予想外の7位。

さて、明日の決勝はどうなるか?

ぜの中

‥‥はっ、寝てしまった。

ゼノサーガEP.2、久々にプレイ中。
前作にも出た、懐かしいところ(デュランンダルやファウンデーション)を
うろうろするのは楽しいが、『お使いゲー』状態。
でも、コレやんないと特殊攻撃とかスキルとかが手に入らないみたいだし。
‥‥。

プレイしているうちに寝てしまった。
む~。

2004年7月 3日

探しているときにはなかなか出てこないもの

‥‥IDの書いてある紙だったりマニュアルだったり
‥‥ドライバーCDだったり‥‥。
今、まさにキャプチャーボードのドライバを探し中。
ネットから落とせるものであればいいのだが、今回はそういうものではない。
う~む、ついこの前、見かけたばかりなのになぁ。

いい整理法があればいいのだが。

[Today's Tune:さがしてるのにぃ/FAIRCHILD]

2004年7月 2日

おいおい。

もうひとつの山の頂点を決める戦い。

チェコ-ギリシャ。
大会前から前評判の高かったチェコ。
奇跡とも言える勝利の積み重ねであれよあれよという間にココまで来たギリシャ。
下馬評は圧倒的に『チェコ』だが、さて、如何に?

序盤、チェコ攻勢。
3分4分と立て続けに強烈なシュート。も、バーとキーパーに阻まれる。
14分ギリシャゴール前からのFK、壁に当たりキーパーキャッチ。
22分、チェコペナルティエリア脇でFK。
低いFKに一瞬、守備陣攻撃陣ともに立ち尽くすも、DFクリア。

27分、ギリシャのグラウンダーのクロスにチェコGK、DFとも触れず、危機。
33分、ヤンクロフスキのシュート、GKクリア!
その前の接触プレーでネドベド負傷か?
36分、一人少ないチェコ。ギリシャが攻勢をかける。
ネドベド戻るも走れない。実質一人少ない状態になったチェコ、ギリシャさらに攻勢。
しかし攻めが単調で、フィニッシュにまで至らない。

39分、ついにネドベドOUT。シュミツェルIN。
大会の大きなポイントになるかもしれない。
ギリシャは相変わらずアーリークロスばかりでつまらない。
が、試合的にはコレがギリシャのペース。
前半終了。

やはり、面白くない試合になってきた。

===========================================
後半。

10分。どうにもこうにも盛り上がらない展開で、ファウル連発ゲームとなってきた。
13分。チェコ、CK。コレルのヘッドも見方に当たってゴールキックに。
18分前後、ギリシャ攻勢。
20分ギリシャFK。
25分前後、チェコの攻撃もコレルへのクロス1本になってきた。
‥‥第3者として見たいのは、こんなサッカーではない。

28分、チェコペナルティアリアすぐ外でFKも壁。跳ね返りを浮かせるもキーパーへ。
35分、ようやくチェコらしいロシツキの個人技+コレルとのコンビネーションでコレルシュート!も枠外。
37分、バロシュ強引にドリブルで持ち込みシュート!コレもまた枠外。
ギリシャ、そろそろ失速か?
ロスタイム2分。
後半終了。
む~ん。早く寝ないとまずいのだが‥‥。

===========================================
延長前半。
序盤、ギリシャ攻勢。復活したか?
が、何度かの決定機を迎えるも、ゴールならず。
6分、チェコCK。DFクリア。
12分、ギリシャFKを直接ヘッド、GKにはじかれる。
14分、ギリシャCKを密集の中からデラスヘッド、ゴール!!
試合終了。

‥‥またもアップセット。う~む。
このサッカーで勝たれると、EUROの良さが見えないのだが。。。。
チェコは攻勢のときのネドベドの負傷退場があまりに痛かった。

‥‥で、決勝戦は奇しくも大会第1試合と同じカード。
これってキャプ翼?(小学生時代の全国大会開幕戦、南葛vs明和で明和が勝つが、決勝で南葛がリベンジ)

■ベスト4に残った中で本命視していたチェコがまさかの敗北を喫したあとの
 『/G的 欧州最強値』は以下のように変動。

ポルトガル 70 地元優勝にいよいよあと1つ。フィーゴの、ポルトガルの悲願が叶うか?
ギリシャ  30 誰が予想していただろうか?が、コレでポルトガルが負けると、欧州選手権の価値が下がるぞ。

アンセブカラオケ情報~

アンセブ楽曲盛りだくさんのU-KARAに新たに1曲追加。

7月追加楽曲 Angelic Magic~Master Mix ver.~ UNDER17

この歌は、『こたえ』と並ぶ、アンセブの泣かせ歌。
『どんな夢だって~きっと叶うよ~』のフレーズはジーンと来る。

うお~!!コレは早く歌わねば。

2004年7月 1日

7月になりました

お~、7月なのだ、ダーリン。
'04も半分過ぎたぞ~。

ホントならば、メリケン国に行ってたんだよなぁ。
ゼノサーガ2もほとんどやってないし、夏コミの準備もしなきゃ。
仕事も忙しいし‥‥。
む~ん。

悲願まであとひとつ

いよいよ残り3戦、架橋に入ったEURO2004.。
EUROモードの魂狩られもあとわずか。

地元開催で初制覇をねらうフィーゴ率いるポルトガルと、
ようやくPKの呪縛を乗り越え準決勝に進出したオランダの対戦。
‥‥ちなみに前回2000では両者ともに準決勝で敗退。

試合開始。
中盤を制して、押し気味見に進めるポルトガル。
10分フィーゴのクロス、C.ロナウド半歩届かず。
18分フィーゴ、ドリブルで持ち込んで、C.ロナウドにパス、シュートも阻まれる。

そして、前半26分、デコのコーナーからC.ロナウドヘッドで先制!!
‥‥って、C.ロナ、脱いでるし‥‥やっぱりカードもらってるよ。
まぁ、興奮するのは良くわかるけどね。

さて、リードを許したオランダ、今度は逆襲。
28分、オーフェルマルス、ダイレクトボレー!枠を外す。

またもポルトガルが中盤を支配。
ポルトガル・パウレタ、キーパーと1対1、が、ファン・デル・サールが間一髪止める。
スタンドの声援がますますヒートアップ。地の利が見える。
オランダは中盤より前にほとんど出られない。

39分、オランダ・オーフェルマルスのスルーからファン・ニステルローイ、シュート!
ゴール!‥‥もオフサイド。リプレイ。明らかに出ている。オーフェルマルスの抗議にカード。

41分、フィーゴドリブルで持ち込んでシュート!!が、ポストに阻まれる。
44分、ポルトガル・マニシェシュート!もふかす。

前半終了。
ポルトガルが押し気味、かつ、1点リードで折り返す。
前半はファンの贔屓目を差し引いて考えても、フィーゴのドリブルが切れ切れで持ち味を発揮していた。
あと、デコ、マニシェが良く働いていた。
======================================

後半開始。
オランダ、オーフェルマルスOUT、マカーイIN。
0分、ポルトガルコーナー、オランダクリア。
2分、オランダーフリーキック、ポルトガルGKリカルドキャッチ。
‥‥今大会、出番がなく寂しげな、オランダ・クライファートが画面に。

オランダのゴール前への展開、ポルトガルのカウンター。一進一退の展開。
後半9分、パウレタ、またもキーパーと1対1、決定的シーン!!
‥‥がまたも、ファン・デル・サールがセーブ!
後半10分オランダ2枚目投入。DFボウマに代え、11ファン・デル・ファールト投入。
前がかりに行くのか?

13分、C.ロナウドのコーナーからペナルティエリア外45°角からマニシェ、ミドル!!
決まった!!スーパーゴール!!2-0!!
カーブしながら逆ポストに当たってゴール、コレではGKもどうしようもない。

16分オランダ・セードルフシュートも枠外。
18分、ポルトガルDFアンドラーデ、オランダのクロスをクリアミス、GKリカルド必死に手を伸ばすも、オウンゴール。
オランダが攻め始めた。
19分、オランダ、フリーキックもあわず。
22分、ポルトガル、C.ロナウドOUT、ベティートIN。
相変わらずオランダ攻勢。アンドラーデ、オウンゴールのショックからかプレイが安定せず。
26分。ダービッツ、パウレタぶつかる。
28分、オランダ、ファン・ニステルローイ悪質なファール‥‥もカード出ず。
ハイボールを無視してジャンプしているキーパーを良く見て蹴りを入れる。
30分、ポルトガル、ヌーノ・ゴメスIN、パウレタOUT。
ポルトガル、守りに入るとあまりよくないのは前戦でも証明されている。
35分、一進一退のまま、じわじわ時間が進む。
36分、オランダ、ファン・ホーイドンクIN、ロッペンOUT、ますます前がかりな陣容。
40分、オランダ前線に長身選手を集めて、放り込み戦略。
42分、ポルトガル、マニシェOUT、フェルナンド・コウトIN。
45分、ロスタイム突入!残り4分。
46分、ペナルティーエリア直前でオランダ、フリーキックを得る。フリーキックは壁に阻まれる。
48分、最後の1分。ポルトガルは跳ね返し一方。
    守勢から一転、デコ、フリーで1対1もGKファン・デル・サールまたもセーブ。
49分、タイムアップ!!
ポルトガル、長い守りの時間を切り抜け、ついに決勝進出!!
国民喜ぶ。
C.ロナとファン・ニステルローイユニフォーム交換。

後半は実況状態になってしまったが、いい試合だった。
オウンゴール後、守勢に入ってしまったが、ポルトガルは試合を経る度に良くなっている。
フィーゴが「マン・オブ・ザ・マッチ」。

オランダが散って、現在の『/G的 欧州最強値』は以下のように変動。

ポルトガル 45 若手が1戦1戦よくなっている。もう、もろさは感じられない。
チェコ    50 粘り強さでは他を一歩リード。連勝中。
ギリシャ   5 番狂わせを量産した今大会の台風の目だが、
         そろそろ相手の良いところを消すサッカーには退場いただきたい。
※100ptを各チームに振り分け。

泣いても笑っても、あと2戦。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧